おどるポケモンひみつ基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

おどるポケモンひみつ基地』(おどるポケモンひみつきち、英名:Gotta Dance!)は2003年に『劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ』と同時上映された作品。

概要[編集]

劇場短編第6弾。『アドバンスジェネレーション』で唯一の劇場短編となる。本作以降、劇場短編は制作されていなかったが、ポケモン映画15周年を迎える2012年に『メロエッタのキラキラリサイタル』として9年ぶりに劇場短編の制作が再開されることになった。本作のみ冒頭にムサシコジロウが登場する(なお、サトシと仲間達と同じく、顔はほとんど映されず)。

あらすじ[編集]

森で遊んでいたピカチュウアチャモキモリミズゴロウハスボーの5匹はロケット団の秘密基地を偶然発見する。その秘密基地はロケット団の3人組(ムサシ、コジロウ、ニャース)が、ボスであるサカキに命じられて作ったものだった。

ムサシとコジロウがボスを迎えに出て行った後、ニャースは自身の発明した「モンスターダンシングボール」をためしに作動させる。このモンスターダンシングボールは、スイッチを入れている間はどこからともなく音楽が流れ、どんなポケモンでも勝手に踊りだしてしまうというものだった。ニャース達は踊りのサポートをする楽団として、森に住んでいた3匹のゴニョニョを捕まえてオリに閉じ込める。

秘密基地の中に入り込んだピカチュウ達はそこで捕らわれたゴニョニョを発見。救出するも、ニャース達に発見されてしまう。

その時、ひょんなことからモンスターダンシングボールが作動。近くにいたポケモン達は勝手に踊り始める。ドゴームルンパッパまでやって来て、秘密基地の中は大騒ぎ。一体どうなってしまうのだろうか。

登場キャラクター[編集]

ピカチュウ
- 大谷育江
主人公パーティのポケモン達の中でリーダー格。皆と一緒に楽しく踊る。
アチャモ
声 - 西村ちなみ
火の粉でミズゴロウと共にオリを壊し、ゴニョニョを助けた。こちらもピカチュウと同様で楽しそうに踊る。
キモリ
声 - うえだゆうじ
皆が踊る中自分だけ踊るのを耐えようとしていたが、モンスターダンシングボールが壊れ始めてリズムが狂いだした時から我慢できなくなり、踊り出す。その時はミズゴロウを巻き添えにして踊り、その後はノリノリで踊った。
ミズゴロウが屋根から落ちそうになった時、モンスターダンシングボールをうまく使って助けた。
ミズゴロウ
声 - 林原めぐみ
水鉄砲でアチャモと共にオリを壊した。ソーナンスのカウンターで電撃が来て落ちそうになってしまうが、キモリに助けられる。
曲がワルツ風になった時、無理矢理キモリによって踊らされ、目を回した。
踊っている時に2本足になっている。
ハスボー
声 - 伊東みやこ
ボーっとしていて危ない所が多い。終盤ではうっかり出したくしゃみのせいでひみつ基地が一気に壊れてしまう。
ピカチュウ達の乗った板が壁に衝突しそうになった時、水鉄砲を発射して衝撃を免れた。
ミズゴロウと同様、踊っている時に2本足になっている。
ニャース
声 - 犬山イヌコ
ロケット団のポケモン達のリーダー格。本作ではサカキを喜ばせるために「モンスターダンシングボール」を発明、しかしこれがドタバタ騒ぎを引き起こしてしまう。
ソーナンス
声 - うえだゆうじ
ロケット団のムサシのポケモン。ピカチュウの10まんボルトをカウンターで跳ね返した。
ハブネーク
声 - 佐藤智恵
ロケット団のムサシのポケモン。ソーナンスに踏まれるなど、ひどい目に遭うことが多い。終盤で怒り狂ったドゴームに立ち向かうが、恐怖のあまりに逃げてしまう。
踊るときは回転したり跳ねたりする(『アドバンスジェネレーション』本編EDにおけるヘイガニフォレトスも同様)。
サボネア
声 - 小西克幸
ロケット団のコジロウのポケモン。ソーナンスに踏まれたときは怒り狂い、あたりにミサイル針をばらまいた。
ゴニョニョ
声 - 白石涼子津村まこと吉原ナツキ
パーティを盛り上げるためにロケット団に捕えられる。
ドゴーム
声 - 小西克幸
ゴニョニョの進化系。騒ぎに乗じてやってくる。
ルンパッパ
声 - 立木文彦
ハスボーの最終進化系。こちらもドゴームと同様。
ナレーション
声 - 山田花子
シリーズ初の関西弁ナレーション。

スタッフ[編集]

  • 原案 - 田尻智増田順一杉森建
  • アニメーション監修 - 小田部羊一
  • エグゼクティブプロデューサー - 久保雅一、鶴宏明
  • プロデューサー - 吉川兆二、松迫由香子、盛武源
  • アニメーションプロデューサー - 奥野敏聡、神田修吉
  • アシスタントプロデューサー - 岡本順哉、島村優子、福田剛士
  • キャラクター原案 - 藤原基史、森本茂樹、吉田宏信、太田敏、岩下明日香、富田愛美、海野隆雄、江尾可奈子、にしだあつこ、斎藤むねお、吉川玲奈、奥谷順
  • キャラクター設定 - 松島賢二、西野弘二
  • キャラクターデザイン - 一石小百合、松原徳弘
  • 総作画監督 - 一石小百合
  • 作画監督 - 高橋英吉
  • 色彩設計 - 吉野記通、平出真弓
  • 美術監督 - 小林七郎
  • セットデザイン - 近永健一
  • 音楽 - 多田彰文
  • 音楽プロデューサー - たなかひろかず
  • 音響監督 - 三間雅文
  • 音響プロデューサー - 南沢道義、西名武
  • 制作 - 小学館プロダクション
  • アニメーション制作 - OLM
  • 監督 - 湯山邦彦
  • 製作 - 亀井修、陣内弘之、富山幹太郎、芳原世幸、阿部輝彦、田辺滋、八木正男、ピカチュウプロジェクト

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ポルカ・オ・ドルカ」
作詞 - 戸田昭吾、作曲・編曲 - たなかひろかず、振付 - パパイヤ鈴木、歌 - ニャース犬山イヌコ)・ノルソル合唱団、コーラス - 江崎とし子
この曲は、劇中さまざまなアレンジが流れ、それらに合わせてポケモン達が踊る。
TVシリーズの第19話から第44話までエンディングテーマとして使用された。
エンディングテーマ「冒険のはじまりだ!!」
作詞 - 吉川兆二、作曲・編曲 - たなかひろかず、歌 - KAORIハルカ
ED映像ではピカチュウが得意の顔芸を披露する(一部他のポケモンも参加)。
スタッフロールの最後にはエピローグ(ゴニョニョがピカチュウたちと別れるシーン)が音声なしで流れる。

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]