劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポケットモンスター (アニメ) > ポケットモンスター (劇場版) > 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ
劇場版ポケットモンスター
アドバンスジェネレーション
ポケモンレンジャーと蒼海の王子
マナフィ
監督 湯山邦彦
脚本 園田英樹
製作 吉川兆二
松追由香子
盛武源
岡本順哉
製作総指揮 久保雅一
伊藤憲二郎
出演者 松本梨香
大谷育江
うえだゆうじ
KAORI
山田ふしぎ
ベッキー
眞鍋かをり
藤岡弘、
山寺宏一
音楽 宮崎慎二
主題歌 「守るべきもの」Sowelu
撮影 水谷貴哉
編集 辺見俊夫
製作会社 オー・エル・エム
配給 東宝
公開 2006年7月15日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 34億円
前作 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ
次作 劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ
テンプレートを表示

劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ』(げきじょうばんポケットモンスターアドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーとうみのおうじ マナフィ)は、2006年7月15日から公開されたテレビアニメポケットモンスター』の劇場版第9作である。

概要[編集]

アドバンスジェネレーションとしては最後の作品となる。興行収入34億円。

前売り券には『ポケモンレンジャー』で遊べる極秘ミッション(Wミッション)の引換券がついており、それをクリアするとマナフィのタマゴがもらえ、『ダイヤモンド・パール』にマナフィのタマゴを送ることができた(マナフィのタマゴが孵化するのは9月28日で、『ダイヤモンド・パール』の発売日と同じである)。DVDにも初回限定でマナフィの引換券がついている。

映画の舞台となった海のモデルは、イタリアナポリカプリ島の海である。また、海底神殿「アクーシャ」のモデルは、ナポリやローマの遺跡群である。

ポケモン映画初の韓国との同時期公開(韓国では2006年7月20日公開)。『ポケモン☆サンデー』の企画で、ロバートが元船乗りの老人3人組役として韓国語の声優に挑戦した。

あらすじ[編集]

盗賊団「ファントムトループ」を率いる悪名高い海賊「ファントム」は、ある日海底で1つのタマゴを手に入れるが、忍び込んでいたポケモンレンジャーの「ジャック・ウォーカー」(ジャッキー)により奪われる。

一方、サトシ一行は旅の途中でポケモンと心を通わすことができるという今では数少ない水の民の一族の末裔、ヒロミとその家族によるマリーナ一座に出会う。たまたま一座と旅を共にすることになったサトシ一行だが、旅の途中ハルカは偶然にも不思議に光るマナフィの卵を発見する。

実はマナフィの卵をファントム一味から守るため、ジャッキーが密かにマナフィと関わり深い水の民の末裔であるマリーナ一座協力の下、ピエロとして隠れながらマナフィの卵を育てていたのである。

ハルカは不思議なポケモンの卵に興味を示すものの、マリーナ一座はこれを隠そうとする。しかしある晩、マナフィの卵の不思議な力により、ハルカはかつて水の民がポケモンとの親交を深めるために建造した海底神殿、「アクーシャ」へと導くことを運命付けられたまだ見ぬマナフィの不思議な夢を見る。

この神殿に不思議な感覚を覚えたハルカはこれをマリーナ一座に話したところ、衝撃の事実を知らされる。ポケモンと心を通わすことのできる水の民が誰でも1度は見るというこの夢にまつわる言い伝えを聞かされたハルカは、自らとマナフィの運命付けられた不思議なつながりに心をときめかせるのだった。

登場人物・キャスト[編集]

レギュラーキャラクター[編集]

詳細は個別記事かアニメ版ポケットモンスターの登場人物を参照。

サトシ
- 松本梨香
本作の主人公。ハルカと共に「マナフィの両親(父親)役」を務める。
タケシ
声 - うえだゆうじ
世界一のポケモンブリーダーを目指している。
ハルカ
声 - KAORI
アニメ版での準主人公で本作では実質的な主人公の立場となって、サトシ同様重要な役割を果たす。トウカジムのジムリーダー・センリの娘であるポケモンコーディネーター。サトシと共に「マナフィの両親(母親)役」を務める。また、「かも」という口癖からマナフィから「かも」と呼ばれる。
マサト
声 - 山田ふしぎ
ハルカの弟。
ムサシ
声 - 林原めぐみ
ロケット団の一員。
コジロウ
声 - 三木眞一郎
ロケット団の一員。
ニャース
声 - 犬山イヌコ
ロケット団の一員。2足歩行して人間の言葉を喋るポケモン。
ソーナンス
声 - うえだゆうじ
ムサシのポケモン。
マネネ
声 - 大谷育江
コジロウのポケモン。
サトシのポケモン
ピカチュウ
声 - 大谷育江
サトシの最初のポケモン。
ジュカイン
声 - うえだゆうじ
オオスバメ
声 - 石塚運昇
ヘイガニ
声 - 小西克幸
ドンファン
声 - 三宅健太
エイパム
声 - 伊東みやこ
ハルカのポケモン
ゴンベ
声 - 佐藤智恵
ゼニガメ
声 - 半場友恵
イーブイ
声 - 林原めぐみ
ナレーション
声 - 石塚運昇

ゲストキャラクター[編集]

ジャック・ウォーカー(ジャッキー)
声 - 山寺宏一
本作のゲスト主人公。幼少期ポケモンに命を助けられたことをきっかけに、ポケモンを救うポケモンレンジャーとなった。普段は軽い口調で飄々とした性格だが、いずれ別れることになるマナフィとハルカの心境を考慮するなど年相応の思慮深さを持ち合わせる。
ヒロミ
声 - 眞鍋かをり
ポケモンと心を通わすことができるという“水の民”の末裔。マリーナ一座の花形としてポケモン水中サーカスで活躍する一方、マナフィの母親役となったハルカの最大の理解者となる。料理はあまり得意ではない。
彼女は『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』と『ポケットモンスター プラチナ』の220ばんすいどうで、ビキニのおねえさんの姿で登場。名前や登場時セリフはもとより、持っているポケモンも映画と同じ。
ジュディ
声 - ベッキー
オペレーター。ジャッキーの数少ない話し相手。
ファントム・トループ
声 - 藤岡弘、
本作のゲスト悪役。マナフィを利用し、伝説の秘宝“海の王冠”を手に入れようと企む悪名高い海賊。「世の中には2種類の男(人間)がいる」と言うのが口癖。水の民に関する知識は豊富で、神殿内部では極めて困難な解読すらできる。また、岩を軽々と持ち上げるほどの怪力を持つが、これは服の中にメカスーツを仕込んでいるため。
手持ちポケモン
カイロス
声 - 三木眞一郎
パラセクト
ペラップ
声 - ホリ
ファントムお気に入りのポケモン。最後はジャッキーに助けられ、サトシたちに寝返る。
ギジュ
声 - 三宅健太
ファントムの部下で側近。彼以外にも部下は複数存在しており、ほとんどが男性だが女性の部下も存在する。
カイ
声 - 佐々木誠二
ヒロミの父親。
シップ
声 - 西村知道
ヒロミの祖父。昔は船で世界を旅していた。
ミナモ
声 - 本田貴子[1]
ヒロミの母親。ハルカにヒロミの姉に見間違われるほど若々しい。
マナフィ
声 - 白鳥由里
海のポケモン達のリーダーとなることを運命付けられたポケモン。海底神殿アクーシャへの道のりを本能的に知っており、卵の頃からファントムに狙われる。偶然ハルカを母親と思いこみ、彼女らを海底神殿アクーシャへと導く。母親と認識したハルカ以外の人間が抱こうとすると途端に泣き始めるが、例外的にサトシが抱いたときには笑顔を見せるなど、サトシを「父親」と認識している節がある。
テレパシーのような能力を使用できるほか、不思議な力「ハートスワップ」で人の心を入れ替えることができる。
基本的に人語は話さないが、ハルカたちの影響か、断片的に人語を発することがある。
ブイゼルチャーレム
声 - 阪口大助西村ちなみ
マリーナ一族と共に旅をしているポケモン。
ガブ、ダブ、ザブ
声 - 大竹宏上田敏也宝亀克寿
シップの若いころからの友人達。年老いているが元気である。

その他のポケモンたち[編集]

一部のポケモンはCGになっている。

カイオーガ
海を生み出したと言われる伝説のポケモン。終盤に登場。
タマンタ
声 - 阪口大助
マンタイン
声 - 川上貴史
ホエルコ
声 - 佐々木誠二
ホエルオー
声 - 西本理一、佐々木誠二
オクタン
声 - 坂口候一
ラブカス
声 - 吉原ナツキ
トサキント
声 - 青山桐子
ハリーセン
声 - 太田哲治
チョンチー
声 - 三宅華也
タマンタ以下、野生のポケモン達。

スタッフ[編集]

原画[編集]

久高司郎 堺美和 相澤昌弘 増尾昭一 二宮常雄 佐藤雄三
入好さとる 新岡浩美 田村勝之 大豆一博 森悦史 辻初樹
柳伸亮 上田みねこ 小林一三 小林ゆかり 沢みなと 吉田夫美子
松原京子 青木昭仁 松坂定俊 須永正博 柳田紀之 和田高明
横山隆 定井秀樹 岩根雅明 高橋英吉 池平千里 長縄宏美
星和伸 三木佳人 井坂純子 長岡みどり 中村亜貴子 竹渕正
武井智子
第二原画
高橋美香 渡辺敦子 石井舞 やましたまさみ 清水由紀子 小川みずえ
池田志乃 川口千里 辻村佳子 益子啓道 佐藤元昭 滝山典子
ラストハウス GaRan 動画工房 作楽クリエイト アゼータ・ピクチャーズ ノーマッド

主題歌[編集]

本作にはオープニングが存在しない(当時のアニメOPテーマだった「スパート!」の男声アカペラコーラスバージョンが劇中に挿入されている)。

エンディングテーマ「守るべきもの」(24-twenty four-収録)
作詞・作曲 - Yoshihiko Nishio / 編曲 - L.O.E / 歌 - Soweluデフスターレコーズ

映像ソフト化[編集]

  • 本編のDVDは、2006年12月22日発売。
  • 映画10周年を記念して発売された「劇場版ポケットモンスター PIKACHU THE MOVIE BOX 2003-2006」に収録されている。

コミカライズ[編集]

月刊コロコロコミック』に漫画版が掲載された。作画は溝渕誠

脚注[編集]

  1. ^ 本田貴子は後の『ダイヤモンド&パール』においてポケモンハンター・J役で出演していた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]