久保雅一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

久保 雅一(くぼ まさかず、1959年7月25日 - )は日本プロデューサー編集者

小学館 取締役(国際メディア事業局担当)[1]小学館集英社プロダクション 取締役[2]小学館ミュージック&デジタル エンタテイメント 取締役[3]、よしもとデジタルエンタテインメント 取締役。

北海道札幌市出身[4]

略歴・人物[編集]

早稲田実業学校を経て、1983年早稲田大学教育学部教育学科教育学専修を卒業、小学館に入社。資材部に所属。[5]

1985年7月、『てれびくん』編集部に異動。2年半在籍した後、『月刊コロコロコミック』編集部へ異動。

『月刊コロコロコミック』では、小林よしのりおぼっちゃまくん』の担当編集者を7年ほど務める。作中での愛称は「クボちゃん」。おぼっちゃまくんの付属コーナー「おこっちゃまくん」では読者に間違いを指摘され、小林とアシスタントたちにおしおきを食らうのがお約束であった。作中において茶魔が、バーコード頭、眼鏡、ヒゲと特徴ある顔の、クボちゃんのキャラクター商品を出した事もある(コミックス『おぼっちゃまくん』第8巻掲載)。『月刊コロコロコミック』における他担当作品は「ビックリマン」「人面犬」「Mr.マリックの超魔術」など。

1993年7月に『月刊コロコロコミック』デスク、1995年7月に副編集長に就任。その後、コミック誌『コミックGOTTA』編集長に就任。


1993年以後、雑誌編集の傍らでミニ四駆などのキャラクタービジネスに携わるようになる。

1995年には、『ポケットモンスター』(以下『ポケモン』)のメディアミックス展開に携わる。久保は『コロコロコミック』誌上での『ポケモン』の人気を受け、『ポケモン』のテレビアニメ化を任天堂に提案する。任天堂側は難色を示すが、久保の再三の説得によりテレビアニメ化を了承した。アニメ化決定後は、久保・小学館がアニメ企画・製作を主導する[6]アニメ映画ポケモン』では、1998年公開の1作目から2011年公開の14作目までエグゼクティブプロデューサーを務める。

1998年3月に小学館 キャラクター企画室室長に就任。

2001年の『コミックGOTTA』休刊以降は雑誌編集から離れ、映像制作に完全に軸足を移す。現在まで、小学館の関わる多数のアニメ・実写作品でプロデューサーを務めている。2014年にテレビアニメが放映され大ヒットした『妖怪ウォッチ』でもメディアミックス展開に関わっている。

小学館では、2011年7月にマルチメディア局 チーフプロデューサー、2015年5月に取締役(国際メディア事業局担当)に就任する[7]

2007年-2009年には知的財産戦略本部コンテンツ・日本ブランド専門調査会委員。一般社団法人日本知財学会理事、NPO法人エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク理事、東京国際映画祭実行委員、東京国際アニメフェア実行委員、中国・北京電影学院 客員教授、東京理科大学知的財産専門職大学院客員教授などを務めている。

2008年、第27回藤本賞を受賞。

主な参加作品[編集]

テレビシリーズ[編集]

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

実写映画[編集]

実写バラエティ[編集]

ゲーム[編集]

その他[編集]

書籍[編集]

著書[編集]

  • ポケモン・ストーリー(畠山けんじ共著、日経BP社・角川文庫)
  • 踊るコンテンツビジネスの未来(畠山けんじ共著、小学館
  • デジタルシュリンクのメカニズムに関する考察(日本知財学会誌第7巻第3号)
  • 歴史の分岐点を迎える日本のコンテンツ産業(日本知財学会誌第12巻第2号)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小学館、売上高ほぼ横ばい 減益決算に新文化 出版業界紙
  2. ^ 会社案内小学館集英社プロダクション
  3. ^ 会社概要小学館ミュージック&デジタル エンタテイメント
  4. ^ Paris:久保雅一(アニメ「ポケットモンスター」プロデューサー)J-WAVE ANA WORLD AIR CURRENT
  5. ^ マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー第3回東京財団
  6. ^ 久保雅一・畠山 けんじ『ポケモン・ストーリー』日経BP社、2000年
  7. ^ 「二つの大ヒット作を生んだプロデュース力 (特集 小学館 5月21日付役員人事の核心)」(『出版人・広告人』2015年7月)
  8. ^ 『みんなのうた「とのさまガエル」』ほーい! さるやまハゲの助:しりあがり寿オフィシャルサイト

外部リンク[編集]