劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 裂空の訪問者 デオキシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポケットモンスター (アニメ) > ポケットモンスター (劇場版) > 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 裂空の訪問者 デオキシス
劇場版ポケットモンスター
アドバンスジェネレーション
裂空の訪問者 デオキシス
監督 湯山邦彦
脚本 園田英樹
製作 吉川兆二
松追由香子
盛武源
製作総指揮 久保雅一
鶴宏明
出演者 松本梨香
大谷育江
うえだゆうじ
KAORI
山田ふしぎ
ベッキー
上原多香子
山寺宏一
音楽 宮崎慎二
主題歌 L・O・V・E・L・Y 〜夢見るLOVELY BOY〜
Tommy february6
撮影 水谷貴哉
編集 辺見俊夫
製作会社 オー・エル・エム
配給 東宝
公開 2004年7月17日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 43.8億円
前作 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ
次作 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ
テンプレートを表示

劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 裂空の訪問者 デオキシス』(げきじょうばんポケットモンスター れっくうのほうもんしゃ デオキシス)は、2004年7月17日から公開された、テレビアニメポケットモンスター』の劇場版第7作である。

概要[編集]

前年の『七夜の願い星 ジラーチ』と同じく、前売り券を買うことによりゲーム中に現れない幻のポケモン「デオキシス」を手に入れるためのイベントを発生する特殊チケット「オーロラチケット」を入手することができた。今作の前売り券の対象作品は『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』であったが、売上は約160万枚にも達し、興行収入は43億円を記録する。

劇場版オリジナルキャラクターがシリーズの中でもっとも多く、賑やかな作品に仕上がっている。 この作品から2011年『ビクティニと黒き英雄 ゼクロム・白き英雄 レシラム』までの8年間短編の同時上映が廃止され、本編上映時間が長くなった。

今作からタケシ役の上田祐司が「うえだゆうじ」、 ニャース役の犬山犬子が「犬山イヌコ」と改名後の名義でクレジットされている。

本作品の舞台であるハイテク都市「ラルース」のモデルはカナダバンクーバーである。ちなみに、ラルースシティは、カントー・グランドフェスティバルにおいて、ハルカのライバルであるシュウの出身地であることが明かされた[1]

本作以降の劇場版作品は木曜日の19時に放送されることになり、エンディングなどがカットされるようになった。

あらすじ[編集]

ある日、宇宙から隕石が飛来し氷原に激突した。隕石の元へ駆けつけた観測隊のロンド博士たちが見たのは、DNAポケモン「デオキシス」だった。そこへさらにデオキシスを追って「レックウザ」が襲来。激しい戦いの末にデオキシスは敗れ、レックウザも天空へと帰ってゆく。その戦いのさなか、ロンド博士の息子であるトオイは戦いから逃げようとしたポケモンの群れの移動に巻き込まれ、それがトラウマとなりポケモンに触れなくなる。

それから4年後。ハイテク都市ラルースシティに到着したサトシ一行は、ひょんなことからトオイと出会う。トオイのトラウマを克服させようとするサトシだったが、ラルースシティにデオキシスが出現し、レックウザもまたデオキシスを追ってくる。

登場人物・キャスト[編集]

レギュラーキャラクター[編集]

詳細は個別記事かアニメ版ポケットモンスターの登場人物を参照。

サトシ
- 松本梨香
本作のレギュラーキャラクター側の主人公。偶然トオイと知り合い、トオイの心を少しずつ開かせようとする。
手持ちポケモン
ピカチュウ
声 - 大谷育江
サトシの最初のポケモン。
ジュプトル
声 - うえだゆうじ
オオスバメ
声 - 石塚運昇
ヘイガニ
声 - 小西克幸
コータス
声 - 三木眞一郎
タッグバトルで使用されるも、持ち前の鈍足さとサトシとトオイの息が合わず敗れてしまう。
タケシ
声 - うえだゆうじ
世界一のポケモンブリーダーを目指している少年。本作ではマサトに4回も耳を引っ張られている。
手持ちポケモン
ミズゴロウ
声 - 林原めぐみ
ハスブレロ
声 - 伊東みやこ
フォレトス
声 - 石塚運昇
ハルカ
声 - KAORI
本作の準主人公。 トウカジムのジムリーダー・センリの娘であるポケモンコーディネーター。
手持ちポケモン
アチャモ
声 - 西村ちなみ
アゲハント
声 - 白石涼子
エネコ
声 - 林原めぐみ
マサト
声 - 山田ふしぎ
ハルカの弟。
ムサシ
声 - 林原めぐみ
ロケット団の一員。本作ではシティ内で散々な目にあい、終盤では文句を言いつつもサトシ達に協力していた。漫画版では一コマのみの登場。
コジロウ
声 - 三木眞一郎
ロケット団の一員。
ニャース
声 - 犬山イヌコ
ロケット団の一員。
ジュンサー
声 - 西村ちなみ

ゲストキャラクター[編集]

トオイ
声 - 日高のり子
ラルースシティに住む少年。かつてレックウザとデオキシスの戦いに巻き込まれたことが重度のトラウマになり、それ以来ポケモンに触れなくなっている。そのため、初めてサトシと出会ったときはピカチュウを怖がっていた。しかし決してポケモンを嫌いになったわけではなく、サトシ達と交流するうちに少しずつ心を開いていく。プラスルとマイナンに懐かれており、最終的には二匹を引き取った。
ロンド博士
声 - 山寺宏一
トオイの父親で、ポケモン研究者。4年前南極でデオキシスの飛来を目撃。その後ラルースシティの研究所でデオキシスの研究を続けていた。
ユウコ
声 - 上原多香子
ロンド博士の助手。漫画版では未登場で、代わりにハルノという男性の助手に変更されている。
ヒトミ
声 - ベッキー
ポケモントレーナー。常にノートパソコンを持ち歩いているのが特徴。『ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ』の冒頭で『ポケットモンスター ルビー・サファイア』の男主人公とバトルするシーンで一瞬だけ登場する。
映画公開の2年後に発売された『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』にもエリートトレーナーの姿で登場する。手持ちポケモンも本作と同じである。
リュウ
声 - 野島健児[2]
サウスシティ出身のトレーナー。少々嫌味な言動だが、根は妹思いな優しい性格。外見はファイアレッド・リーフグリーンのエリートトレーナーに似ている。
ショウタ
声 - 肥後マコト
サウスシティ出身のトレーナー。ハルカに一目惚れしたが、相手にされていない。
キャサリン
声 - 山本麻里安
サウスシティ出身のトレーナー。リュウの妹で双子。髪の毛は内ハネ。
オードリー
声 - 水樹奈々[3]
サウスシティ出身のトレーナー。リュウの妹で双子。髪の毛は外ハネ。
KABA.ちゃん
声 - KABA.ちゃん
本人役。モブの中にわずかに登場する。
グルー
声 - ジョン・カビラ
ラルースシティのスタジアムの実況。
大山
声 - 千葉進歩[4]
オペレーター
声 - 山口隆行
研究員
声 - 加藤木賢志

ゲストポケモン[編集]

デオキシス
声 - 千葉進歩、野島健児
四年前に宇宙から飛来した「DNAポケモン」。何らかの理由があって地球に来たらしい。胸の水晶体が紫の個体と、緑の個体が登場。全身が紫の分身体「デオキシス・シャドー」を生み出す能力を持ち、コミュニケーションはオーロラのような発光体を使う。3つのフォルムに自由自在に変わることができ、それにより能力も変化する。水晶体がある限り何度でも再生する。
紫の個体
四年前にレックウザにより消滅させられるが、水晶体が残ったため復活し、仲間を探すためラルースシティに現れる。人間やポケモンから発する電磁波が自身の視界を遮るため、次々とさらって一箇所に集めた。ラルースシティを丸々覆うほどのバリアを展開することが出来る。
緑の個体
紫の個体とは違い四年前に地球に飛来した際は目を覚まさず、そのままロンド博士に回収され、ラルースシティで復活のための研究がなされていた。意識を発光体として飛ばし、トオイと心を通わせていた。サトシたちがレーザー照射で復活させる。
レックウザ
声 - 小西克幸
オゾン層に生息する「てんくうポケモン」。縄張りに侵入する者を決して許さず、宇宙から来たデオキシスに攻撃を仕掛ける。その執念は4年経っても収まらず、デオキシスを追いかけラルースシティに現れる。執拗にデオキシスを攻撃した結果、その余波でラルースシステムのガードシステムが暴走し、それに巻き込まれてしまう。しかし、デオキシスに助けられて和解し、飛び去っていった。
ゴンベカビゴン
声 - 山本圭子
ラルースシティに住むポケモン。ゲーム版に先駆け映像媒体としては本作が初登場。終盤でカビゴンに進化する歴代映画の中で進化した初のポケモンとなる。
プラスル/マイナン
声 - 川瀬晶子/比嘉久美子
ラルースシティに住むポケモン。互いにとても仲が良い。トオイに助けられて以降彼に懐いており、最終的には二匹ともトオイに引き取られる。
メタグロス
声 - 石塚運昇
ヒトミのポケモン。
バシャーモ
声 -
リュウのポケモン。
カメックス
声 - 高橋良吉
ショウタのポケモン。
アメタマ
声 - 伊東みやこ
キャサリンのポケモン。
アメモース
声 - 吉原ナツキ
オードリーのポケモン。
ポチエナ
声 - 佐藤智恵

スタッフ[編集]

原画[編集]

松原徳弘 沢田正人 井ノ上ユウ子 久高司郎 宮田忠明 田口広一
海老沢雅夫
相澤昌弘 高橋英樹 入好さとる 新岡浩美 青木昭仁 増尾昭一
志村隆行 井坂純子 長岡みどり 中村亜希子 日野寧子
岩根雅明 長縄宏美 高橋英吉 森利夫 秋元優一 池平千里
多田康之 案浦遠哉
村田良一 沢田美香 小林利充 三浦一樹 久保充照 福山政敏
熊岡利治
長屋侑利子 なかじまちゅうじ 樋口香里 石川健朝 和泉絹子 時矢義則
小林ゆかり 益子啓道 宮川かおり 久高路子 平出差知子 猪俣利枝
作画協力
ノーマッド ウォンバット ノーサイド アニメアール はだしぷろ スタジオワンパック

主題歌[編集]

「いっぱいサマー!!」は、テレビアニメでもエンディングテーマ(第83話‐第91話)として使用された。

挿入歌・エンディングテーマ「L・O・V・E・L・Y 〜夢見るLOVELY BOY〜
作詞・歌 - Tommy february6 / 作曲・編曲 - MALIBU-CONVERTIBLE
なお、スタッフクレジットの途中でいったんエンディングが終了する。
エンディングテーマ「エル・オー・ヴィー・イー・エル・ワイ〜ゆめみるラブリーボーイ〜(ピカチュウといっしょ★ヴァージョンだよ!)」
上記のカップリングである、ピカチュウ・プラスル・マイナン共演バージョン。原曲が終了すると、ポケモン達がダンスするシーンと共に流れる。
2004年「ポケモンぬりえ&イラストコンテスト」テーマ曲「いっぱいサマー!!」
作詞 - ピカチュウ学芸部 / 作曲・編曲 - たなかひろかず / 歌 - 田村直美とヒマワリ合唱団
前作までは、短編EDの冒頭に発表していたが、本作から2011年までの後作は短編が廃止されたため、独立している。

映像ソフト化[編集]

  • 本編のDVDビデオは、2004年12月21日発売。
  • 映画10周年を記念して発売された「劇場版ポケットモンスター PIKACHU THE MOVIE BOX 2003-2006」に収録されている。

コミカライズ[編集]

月刊コロコロコミック』に漫画版が掲載された。作画はてしろぎたかし

脚注[編集]

  1. ^ AGの第180話より
  2. ^ 野島健児は前年の『ポケットモンスタークリスタル ライコウ雷の伝説』において主人公のケンタ役で出演していた。
  3. ^ 水樹奈々は後年の『ビクティニと黒き英雄 ゼクロム・白き英雄 レシラム』においてゲスト声優としてビクティニ役で出演していた。
  4. ^ 千葉進歩は『無印編』と『アドバンスジェネレーション』においてワタル役で出演していた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]