映画! たまごっち うちゅーいちハッピーな物語!?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
映画! たまごっち うちゅーいちハッピーな物語!?
監督 志村錠児
脚本 松井亜弥
原案 BANDAI・WIZ
製作 Teamたまごっち
音楽 浜口史郎
編集 今井大介
製作会社 OLM Team Kamei
配給 日本の旗 東宝
公開 日本の旗 2008年12月20日
上映時間 89分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
英語
前作 えいがでとーじょー! たまごっち ドキドキ! うちゅーのまいごっち!?
テンプレートを表示

映画! たまごっち うちゅーいちハッピーな物語!?』は、バンダイより発売のキーチェーンゲームシリーズ『たまごっち』を原作とするアニメーション映画作品。2008年12月20日より東宝系にて公開。

概要・特徴[編集]

2007年12月15日に公開された『えいがでとーじょー! たまごっち ドキドキ! うちゅーのまいごっち!?』の続編。

音楽が前作の田中公平から浜口史郎に交替[1]するなど、スタッフに若干の入れ替わりが見られる。

本作は、「えいがでとーじょー!たまごっち」とは異なり、人間のキャラクターは一切登場しない。(エンディングでは、まめっちたちが前作に登場した少女・たんぽぽと一緒に写っている記念写真が出てくる。)

また、スペシャルゲストがキャラクターの声を担当することもない(一般公募キャスト起用は前作と同様に行われた)。

翌年はたまごっちの映画は制作されなかったが、2009年10月にテレビアニメ「たまごっち!」が放送され、本作の登場キャラクターほぼ全員と基本設定が引き継がれている。


登場キャラクター[編集]

たまごっちスクール+仲間[編集]

基本的なメインレギュラーは前作とほぼ同じであるが、今作では、ききっちが転校生として追加されている他、まめっちが作ったハピハピっちが追加された。下記以外の人物については前作を参照。
まめっち (声:釘宮理恵
主人公。まめ族の男の子。今作では、『ハピハピっち』(下記参照)を発明した。
ちゃまめっち (声:儀武ゆう子
まめっちの妹。今作ではたまごっちスクールに配属された。ききっちのことが気になっている模様。キャストも2番目に配置されている。
めめっち (声:柚木涼香
ぐるぐる族の女の子で、まめっちの友達。引き続きヒロイン的な役割である。
くちぱっち (声:矢口アサミ
ぱっち族の男の子で、まめっちの友達。地味ながら主要人物である。
ききっち (声:竹内順子
ちゃまめっちの親友。イタズラが大好きなひねくれ者。過去の出来事がきっかけで、まめっち達と一緒にいることを嫌っている。『たまごっち!』では声優が変更されている。
ハピハピっち (声:こおろぎさとみ
まめっちが発明した、ハッピーをおすそ分けするたまごっち。力を使いきってしまうと死んでしまう。最終的に命を取り留め、以降の作品にも登場できることになった。
かんでんっち(声:岩井良磨)
一般公募者がデザインしたたまごっち。
女の子で、怒ると頭の角から電気を出して相手を感電させてしまうらしい。
このため、周辺の仲間は彼女を怒らせないようにしている。

移動図書館[編集]

おとぎっち兄妹が乗る空飛ぶ
おとぎっち兄妹(声:不明)
移動図書館を運営する兄と妹。ふしぎな絵本は、妹の方が作っている。
ふしぎな絵本
誰もが絵本の中に入り込み、主人公になれる絵本。大人は入れないらしい。
シアワセーニョ (声:阪口大助
ふしぎな絵本『世界一幸せな物語』の主人公。
ペットの犬
シアワセーニョの住む家のペット。

セレブリア[編集]

ムッシュ・キキパパ(声:不明)
ききっちの父親でセレブリアのオーナー。
マダム・キキ(声:不明)
ききっちの母親。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニング曲『たまごっち ハッピーヴァージョン』
作詞:里乃塚玲央、作曲・編曲:川嶋可能、うた:キグルミ
テーマ曲『グリーンフラッシュ伝説
プロデュース・作詞:カシアス島田、作曲:高原兄、編曲:斎藤史護・岩室雅子、うた:Pabo

脚注[編集]

  1. ^ エンディングのスタッフクレジットでは、「一部作曲:田中公平」と表記されている。

外部リンク[編集]