松井亜弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松井 亜弥(まつい あや、5月12日生まれ)は、日本女性脚本家日本脚本家連盟会員。

人物[編集]

小山高生が主宰する脚本家集団ぶらざあのっぽ出身。

脚本家として主にアニメ脚本シリーズ構成を担当している。また、自身がシリーズ構成や脚本をつとめた『まじかる★タルるートくん』、『きんぎょ注意報! 』、『スーパービックリマン』、『たまごっち!』などのアニメ作品では、主題歌や挿入歌などの作詞も担当している。

来歴[編集]

高校生のころ、『E.T.』を見て感動。脚本家が女性のメリッサ・マシスンと知り、「私もあんなドラマが書けたら…」と触発され、脚本家を志す。大学もシナリオ講座に進むが、松井のファンタジー志向とは逆に、サスペンスドラマを好む周囲の風潮になじめなかった。結局芽が出ずに、脚本家を諦め、一旦は就職するも、雑誌でアニメシナリオハウスの募集広告を見つけ、「アニメなら『E.T.』みたいなファンタジックで子供の楽しめるようなものが書けるんじゃないか」と思い、アニメシナリオハウスに応募する。その後、小山高生に師事し、ぶらざあのっぽに出入りするようになる。そのうちに『ホワッツマイケル』のプロットが採用され、脚本を1本執筆、これをきっかけにぶらざあのっぽ所属となり、脚本家としてデビューする[1]

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場映画[編集]

作詞[編集]

  • まじかる☆タルるートくん (1990年-1992年)
    • 挿入歌
      • 「タコヤキ"でゅわっ"のクリスマス」(作詞:松井亜弥 / 作曲・編曲:横山菁児 / 歌:TARAKO
      • 「ピクニック・アドベンチャー」(作詞:松井亜弥 / 作曲:林哲司 / 編曲:山本健司 / 歌:高山みなみ冬馬由美塩屋翼杉山佳寿子浦和めぐみ
      • 「本丸・アンチバレンタイン宣言!!」(作詞:松井亜弥 / 作曲:林哲司 / 編曲:山本健司 / 歌:高山みなみ)
      • 「ムーンライティング」(作詞:松井亜弥 / 作曲・編曲:横山菁児 / 歌:冬馬由美)
      • 「ロンリー・ストレイキャット」(作詞:松井亜弥 / 作曲:割田康彦 / 編曲:山本健司 / 歌:堀江美都子
  • きんぎょ注意報! (1991年)
  • スーパービックリマン (1992年)
    • オープニングテーマ
    • 挿入歌・キャラクターソング
      • 「既視感」(作詞:松井亜弥 / 作曲:清岡千穂 / 編曲:藤原いくろう / 歌:草尾毅、山崎和佳奈
      • 「MY PRECIOUS BLUE…」(作詞:松井亜弥 / 作曲:清岡千穂 / 編曲:藤原いくろう / 歌:ティキ(柏倉つとむ))
      • 「みんながいるから…」(作詞:松井亜弥 / 作曲・編曲:藤原いくろう / 歌:フェニックス(草尾毅)、ティキ(柏倉つとむ)、アムル(山崎和佳奈)、アスカ(浦和めぐみ))
      • 「鏡の迷路」(作詞:松井亜弥 / 作曲・編曲:有澤孝紀 / 歌:アムル(山崎和佳奈))
  • 七つの海のティコ (1994年)
    • 挿入歌
      • 「ぶらんこの歌」(作詞:松井亜弥 / 作曲:清岡千穂 / 歌:林原めぐみ)
  • GO-GO たまごっち!(2014年)
    • 挿入歌
      • 「おやじの花道」(作詞:松井亜弥[2] / 作曲・編曲:青空 / 歌:おやじっち(小西克幸))

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 荒川進編「Animationぴ~ぷるVol.9 松井亜弥さん(脚本家)」『アニメージュ 1993年12月号』徳間書店、平成5年12月10日、雑誌01577-12、156-157頁。
  2. ^ 松井亜弥 Twitter 2014年11月26日 21:31の発言

外部リンク[編集]