ゲームで発見!!たまごっち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゲームで発見!!たまごっち』(ゲームではっけん たまごっち)は1997年6月27日バンダイゲームボーイ用ソフトとして発売した育成シミュレーションゲーム。同社の電子キーチェーンゲームたまごっちをゲームボーイ上で再現した。

同年10月17日には森と海のたまごっちを育成する『ゲームで発見!!たまごっち2』が、1998年1月15日には時計機能を搭載した『ゲームで発見!!たまごっち オスっちとメスっち』も発売され、シリーズ化された。

ゲームで発見!!たまごっち[編集]

ゲームで発見!!たまごっち
ジャンル 育成シミュレーションゲーム
対応機種 ゲームボーイ
開発元 トムクリエイト
発売元 バンダイ
人数 1人
メディア ロムカートリッジ
発売日 通常版:1997年6月27日
限定版:1997年7月11日
デバイス スーパーゲームボーイ対応
売上本数 出荷本数145万本
CESA集計)
その他 限定版はゲームボーイポケット本体とのセット品
テンプレートを表示

たまごっちブームが続く最中に初のコンシューマーゲーム移植作として登場し、145万本の出荷本数を記録。品薄状態が続いた実機の代替品としての役割を果たした[1]。開発はトムクリエイト

ゲームボーイカートリッジの外装は通常灰色だが、本作では白色のカートリッジが採用された。おまけとして数字や矢印、たまごっちのキャラクター、“たまごっち”のロゴや“My Game Boy”の文字など、ゲームボーイ本体をたまごっちの実機風に装飾するためのシールが付属する。

さらに同年7月11日には女性を対象とした特別限定版として、ピンク色のカートリッジとゲームボーイポケット本体をセットにした「ピンクなTAMAGOTCHセット」も発売された。ポケットモンスターと共にゲームボーイ本体の普及に貢献した。

プレイヤーは実機のたまごっちと同様に食事の用意や糞の処理、遊びを繰り返し、たまごっちの成長を見届ける。ただし時計機能はなく、実時間よりも速いゲーム内の時間で育成を行う。たまごっちはゲームボーイ本体の電源を入れている間しか成長しない[1]

たまごっちの頭脳や体力を鍛えて、大会に出場させることが可能。大会で優勝経験のあるたまごっちからは、能力の高い子が生まれる[2]

ゲーム開始時には8つの卵が与えられ、同時に3匹までのたまごっちを育成できる。たまごっちを宇宙まで返すか、全てのたまごっちが死ぬとゲームオーバーとなり、再度8つの卵が与えられた状態から再開する。

たまごっちの能力を上昇させる各種のミニゲーム[1]、能力の評価を行う競技大会、育てたたまごっちの情報を記録する図鑑が用意され、実機と比較してゲーム性が増した。

ゲームで発見!!たまごっち2[編集]

ゲームで発見!!たまごっち2
ジャンル 育成シミュレーションゲーム
対応機種 ゲームボーイ
開発元 トムクリエイト
発売元 バンダイ
人数 1人
メディア ロムカートリッジ
発売日 1997年10月17日
デバイス スーパーゲームボーイ
通信ケーブル対応
売上本数 出荷本数145万本
(CESA集計)
テンプレートを表示

前作のヒットを受けわずか4か月後に発売された続編。カートリッジの色は黄色。前作同様おまけとしてゲームボーイ本体の装飾を目的としたシールが付属する。

本作で初登場となる森のたまごっち「むしっち」と海のたまごっち「さかなっち」の育成を行う。この発想は翌年2月に発売された実機「森で発見!!たまごっち」と「海で発見!!たまごっち」に転用された。

画面構成やグラフィック、ゲーム内の音楽は前作から流用され、育成方法にも大きな変更は加えられていない。同時に育成できるのはむしっちとさかなっち各々1匹ずつとなる。

マップ画面での移動や卵探し、通信ケーブルによるたまごっち交換、たまごっちの成長を一時的に止める「冷凍睡眠」など、新要素の追加によりゲーム性がいっそう強められた。

登場キャラ[編集]

前述の実機「森で発見!!たまごっち」と「海で発見!!たまごっち」とほとんど同じだが、名称が若干違っていたり、キャラ数が多かったりと、いくつかの違いがある。

森のたまごっち[編集]

幼生[編集]
  • ベビモっち(幼虫っち)
  • イモっち(幼虫っち)
  • ちびタマっち(こどむしっち)
  • みのっち(こどむしっち)
  • マユっち(マユっち)
成虫っち[編集]
  • カブトっち
  • コガネっち
  • ゲジっち
  • テントっち
  • てんぐっち(隠しキャラ)
  • ふたごアリっち
  • フンコロガっち
  • ムシばっち

海のたまごっち[編集]

幼生[編集]
  • プランクトンっち(ベビフィッシュ)
  • くらげっち(ベビフィッシュ)
  • オトトっち(こどもッシュ)
  • きんぎょっち(こどもッシュ)
アダルトッシュ[編集]
  • あざらっち
  • あしぎょっち
  • アンコっち
  • かいぞくっち(隠しキャラ)
  • かいっち
  • カメっち
  • くじらっち
  • ケロぴょんっち
  • ペンギンっち

ゲームで発見!!たまごっち オスっちとメスっち[編集]

ゲームで発見!!たまごっち
オスっちとメスっち
ジャンル 育成シミュレーションゲーム
対応機種 ゲームボーイ
開発元 トーセ
発売元 バンダイ
人数 1人
メディア ロムカートリッジ
発売日 1998年1月15日
その他 スーパーゲームボーイ
通信ケーブル対応
テンプレートを表示

1997年12月に発売された新たまごっち「オスっち」「メスっち」をゲームボーイへ移植。しかしたまごっちブーム衰退のあおりを受け販売本数は伸び悩み、前2作ほどの大ヒットには至らなかった。

最大の特徴として時計機能とスピーカー、交換可能なリチウム電池を搭載した特殊カートリッジの採用が挙げられる。これにより実機と同様にゲームを実時間に対応させて遊ぶことが可能となった。

本作は通信ケーブルによるたまごっちの交配、交換に主眼が置かれた。たまごっちはベビーっち、こどもっち、ヤングっち、アダルトっち、シルバーっちの順に成長を重ねる。ヤングっちに成長するとオスまたはメスに性別が別れ、アダルトっちに成長すると他のたまごっちとの交配が可能となる。

前2作に見られた競技大会やマップ画面などのゲーム要素は削除され淡白な内容となった[1]。新要素としてたまごっちの成長に一切影響しないミニゲームが追加されたが、遊び続けても隠し要素などは登場しない。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d M.B.MOOK『懐かしゲームボーイパーフェクトガイド』 (ISBN 9784866400259)、75ページ
  2. ^ M.B.MOOK『懐かしゲームボーイパーフェクトガイド』 (ISBN 9784866400259)、36ページから37ページ

外部リンク[編集]

バンダイビデオゲーム ホームページ内