この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

龍田直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

たつた なおき
龍田 直樹
プロフィール
本名 竜田 直樹
性別 男性
出生地 日本の旗 日本和歌山県那賀郡岩出町(現:岩出市
生年月日 (1950-09-08) 1950年9月8日(68歳)
血液型 A型
身長 155 cm
職業 声優ナレーター
事務所 青二プロダクション
配偶者 高木早苗
活動
活動期間 1976年 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

龍田 直樹(たつた なおき、1950年9月8日 - )は、日本声優ナレーター東京俳優生活協同組合アーツビジョンを経て、現在は青二プロダクション所属。

和歌山県那賀郡岩出町(現:岩出市)出身。身長155cm、体重54kg。血液型A型。妻は声優の高木早苗。旧芸名:竜田 直樹(読み同じ)。俳協養成所第3期卒。

特色

ナレーションや人間以外のキャラクターを多数こなしており、一つの作品内で動物役を兼役で演じることもしばしば。「『特定のマーガリン(ラーマソフト)じゃないと嫌だ』と身をよじる食パン」(ユニリーバ・ジャパンマーガリン「ラーマソフト」のCM)など、動物でも生き物でもないものを演じることも多い。他にも「『擬音(効果音)を生音に近い形でやってくれ』とも言われたことがある」と語っている。

アドリブも得意であり『星のカービィ』で演じるキャラクター・ドクター・エスカルゴンが「得意のアドリブで誤魔化すでゲス」と台詞を言ったこともある。

キテレツ大百科』においてブタゴリラ役を途中降板した大竹宏に変わりブタゴリラ役を引き継いだ。

1985年11月から12月にかけて肝付兼太の喉の手術に伴い『ドラえもん』のスネ夫役と『オバケのQ太郎』のハカセ役を代役で務めているが、『オバケのQ太郎』では、龍田はキザオ役をすでに演じていたので一人二役となった。

くまのプーさん』では、富山敬の逝去に伴いラビット役を1995年10月放送分より引継いでいる。

以前からウーロン役で出演していた『ドラゴンボール』シリーズでは、『ドラゴンボール超』にて八奈見乗児の休業に伴いナレーションと北の界王役の代役を務めている。

出演

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

この節には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字(蔡邕の2文字目)が含まれています(詳細)。
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年

劇場アニメ

1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
  • Gu-Guガンモ(アキラ)
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2006年
2008年
2009年
2011年
2012年
2013年

OVA

1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1996年
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ EARLYDAYS RENEWAL(エデリー・ブーツホルツ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA(エデリー・ブーツホルツ)
  • ぞくぞく村のオバケたち(ゴブリン親父、ペロリ)
1997年
1998年
1999年
2000年
2004年
2005年
2010年
2011年

ゲーム

1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
  • ONE PIECE 超グランドバトル! X(カポネ・ベッジ)
2015年
2016年
2017年
2018年

吹き替え

映画

テレビドラマ

アニメ

人形劇

特撮

1980年
1985年
1996年
1998年
2002年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2011年
2014年

テレビドラマ

映画

CD

カセットブック

ラジオドラマ

CM

テレビ番組

その他

出典

[ヘルプ]
  1. ^ 超力ロボ ガラット”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  2. ^ “きまぐれオレンジ☆ロード”. ぴえろ公式サイト. http://pierrot.jp/archives/tv_list_1985/tv_015.html 2016年5月4日閲覧。 
  3. ^ その他の登場人物”. プリンセスナイン. @nifty AnimeFan. 2017年3月9日閲覧。
  4. ^ サイボーグクロちゃん”. メディア芸術データベース. 2016年8月5日閲覧。
  5. ^ トンジット”. 2018年3月3日閲覧。
  6. ^ 釣りバカ日誌”. メディア芸術データベース. 2016年8月9日閲覧。
  7. ^ キャラクター 幻影旅団編”. HUNTER×HUNTER. 2012年10月9日閲覧。
  8. ^ スタッフ・キャスト”. TOKYO * MX アニメ「怪盗ジョーカー」. 2014年9月27日閲覧。
  9. ^ EPISODE7”. 『スペース☆ダンディ』公式サイト. 2014年2月15日閲覧。
  10. ^ a b 「ドラゴンボール超」キャスト一時変更のお知らせ”. 東映アニメーション. 2015年9月27日閲覧。
  11. ^ キャラクター 宇宙サバイバル編 第10宇宙”. ドラゴンボール超 東映アニメーション. 2017年10月7日閲覧。
  12. ^ ふなっしー、アニメ化決定! 3月30日より日テレ『スッキリ!!』内でショートアニメ『ふなっしーのふなふなふな日和』が放送開始”. ファミ通.com. 2015年3月9日閲覧。
  13. ^ TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第4話先行カット&あらすじ公開! 妖怪のことに詳しく、ゲゲゲの森の中で出会う様々な妖怪たちに大喜びの裕太だったが……。”. アニメイトタイムズ. 2018年4月21日閲覧。
  14. ^ 『ゲゲゲの鬼太郎』第27話の先行カット到着!ついに新章「西洋妖怪編」スタート、新EDの場面カットも公開”. アニメイトタイムズ (2018年10月6日). 2018年10月6日閲覧。
  15. ^ 浮浪雲”. マッドハウス. 2016年5月20日閲覧。
  16. ^ DRAGON BALL 神龍の秘密”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。
  17. ^ ジャングル大帝 劇場版(1997)”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月8日閲覧。
  18. ^ ナーズ”. カオス ヒーローズ オンライン -CHAOS HEROES ONLINE- ヒーローカタログ. 2013年12月14日閲覧。
  19. ^ ナカチャ”. カオス ヒーローズ オンライン -CHAOS HEROES ONLINE- ヒーローカタログ. 2014年1月14日閲覧。
  20. ^ 若き日のララ・クロフトの冒険を描く新生『トゥームレイダー』が4月25日発売決定!”. ファミ通.com. 2013年2月4日閲覧。
  21. ^ CHARACTER”. 英雄伝説 空の軌跡 FC Evolution. 2015年4月1日閲覧。
  22. ^ 電撃PlayStation』Vol.611、KADOKAWA2016年3月31日
  23. ^ 『電撃PlayStation』Vol.613、KADOKAWA、2016年4月28日
  24. ^ “プーと大人になった僕”. ふきカエル大作戦!!. (2018年9月14日). https://www.fukikaeru.com/?p=10304 2018年9月14日閲覧。 
  25. ^ ハイブリッド給湯・暖房システム ECO ONE|CM&MAKING

注釈

  1. ^ 『ドラゴンボールヒーローズ』、『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション』シリーズ(無印、2、X)、『スーパードラゴンボールヒーローズ

外部リンク