トゥームレイダー (2013年のゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TOMB RAIDER
トゥームレイダー
ジャンル サバイバルゲーム
ステルスゲーム
アクションアドベンチャーゲーム
サードパーソン・シューティングゲーム
対応機種 PlayStation 3
PlayStation 4
Xbox 360
Xbox One
Windows
開発元 クリスタル・ダイナミックス
発売元 日本の旗 アメリカ合衆国の旗 スクウェア・エニックス
シリーズ トゥームレイダー
人数 1人(オンライン時:1~8人)
メディア PS3 / PS4 / XboxOne
BD-ROM
Xbox 360 / Windows
DVD-ROM
発売日 PS3 / Xbox 360 / Windows
アメリカ合衆国の旗 世界の旗 2013年3月5日
PS3 / Xbox 360 / Windows
日本の旗 2013年4月25日
PS4 / Xbox One
アメリカ合衆国の旗 世界の旗 2014年1月28日
日本の旗 2014年2月22日(ディフィニティブエディション)
対象年齢 CEROZ(18才以上のみ対象)
コンテンツ
アイコン
暴力
その他 PS4 / PS3
PlayStation Network対応
トロフィー対応
XboxOne / Xbox 360
Xbox Live対応
テンプレートを表示

トゥームレイダー』(原題:TOMB RAIDER)は、2013年発売のサバイバルアクションゲーム1996年から続くゲームシリーズである『トゥームレイダー』のリブート作品[1]

概要[編集]

シリーズの過去作品同様、サードパーソン・シューティングゲーム形式のアクションアドベンチャーゲームである。本作では、新生トゥームレイダーという位置づけで、女冒険家ララ・クロフトの若き日が描かれる。

Windows PC、PlayStation 4、Xbox One版では、ララの毛髪のレンダリングに「TressFX Hair」技術が使われ、従来よりも滑らかな毛髪描写が可能となっている[2][3]

ストーリー[編集]

本作では架空の日本が舞台となる。邪馬台国卑弥呼の謎を探るため、日本近海にある魔の海域を目指す冒険航海に出たララ・クロフトとその仲間たち。しかし嵐によって見知らぬ島に漂着してしまう。その島ではかつての漂着者たちが独自の社会を形成しており、ララ一行に襲い掛かってくる。ララは彼らと戦いながら島の外部に救援を求めようとする。しかし島に秘められた超自然的力によって、救援が妨げられてしまう。ララは先住民との戦いを続けながら、島の謎に迫っていく[4]

登場人物[編集]

ララ・クロフト
声:甲斐田裕子
主人公。本作では大学を卒業したての21歳。
コンラッド・ロス
声:田中秀幸
調査チームのリーダーであり船長。ララにとって父親的存在。

バージョン[編集]

トゥームレイダー ディフィニティブ エディション(PS4、Xbox One)
PlayStation 4版は2014年2月22日発売(日本)。1080pに対応し描写表現を強化するとともに、ダウンロードコンテンツを収録したもの。[5]
トゥームレイダー ゲームオブザイヤー エディション(Windows、PS3、Xbox 360)
2014年3月27日発売。価格を下げ、ダウンロードコンテンツを同梱したもの[6]

続編[編集]

本作のヒット・高評価を受け、『ライズ・オブ・トゥームレイダー』(原題:Rise of the Tomb Raider)が発表された。当初はMicrosoftとの専属契約をスクウェア・エニックスが交わしたことにより、Xbox OneXbox 360のみでの発売がなされることとなった。Xbox OneXbox 360版は、北米では2015年11月10日[7]、日本では同年11月12日[8]に発売すると発表した。

しかしその後、続編は時限的独占契約であることをMicrosoftが発表[9]し、今後PlayStation 4及びPCでも発売することを追加発表した。なおPlayStation 4版は翌年2016年ホリデーシーズンに、PC版は同年初頭に発売することが予定されている[10]

脚注[編集]

  1. ^ 4Gamer.net ― リブートされた新生「TOMB RAIDER」を,開発者自らが詳しく解説。日本語版のインプレッションも合わせて掲載
  2. ^ 西川善司 (2013年8月23日). “[CEDEC 2013]さらさらヘア実現の秘密が明らかに。「TOMB RAIDER」PC版の毛髪レンダリング技術「TressFX Hair」はこうして実現された”. 4Gamer.net. 2014年4月14日閲覧。
  3. ^ David Bierton (2014年1月29日). “Next-Gen Face-Off: Tomb Raider Definitive Edition”. EUROGAMER.net. 2014年4月14日閲覧。
  4. ^ PS3/Xbox 360/PCゲームレビュー トゥームレイダー”. GAME Watch. Impress Watch (2013年4月24日). 2014年4月14日閲覧。
  5. ^ “PS4/Xbox One用ソフト「トゥームレイダー ディフィニティブエディション」の発売が決定。映像表現を強化し,各種DLCをセットにしたパッケージだ”. 4Gamer.net. (2013年12月9日). http://www.4gamer.net/games/241/G024168/20131209038/ 2014年4月14日閲覧。 
  6. ^ “4つのDLCを同梱した,「TOMB RAIDER」の“GOTY”版が3月27日に登場。「HITMAN ABSOLUTION」「スリーピングドッグス」の価格改訂版も同日発売”. 4Gamer.net. (2014年1月17日). http://www.4gamer.net/games/125/G012544/20140117039/ 2014年4月14日閲覧。 
  7. ^ “[E3 2015]「KINGDOM HEARTS III」の最新映像が公開され,新スタジオの立ち上げが発表された「Square Enix E3 Conference 2015」まとめ”. 4Gamer.net. (2015年6月18日). http://www.4gamer.net/games/220/G022018/20150618020/ 2015年11月16日閲覧。 
  8. ^ “Xbox One/Xbox 360版「Rise of the Tomb Raider」は11月12日に発売。Microsoft Storeなどでは特典ダウンロードコードを用意”. 4Gamer.net. (2015年8月26日). http://www.4gamer.net/games/260/G026031/20150826032/ 2015年11月16日閲覧。 
  9. ^ “『トゥームレイダー』最新作はXboxの時限独占となることが判明、期間は不明”. だもんげ!. (2014年8月19日). http://damonge.com/p=5357 2015年11月16日閲覧。 
  10. ^ “『Rise of the Tomb Raider』がPS4/Steam/Windows 10でも発売決定”. Game*Spark. (2015年7月24日). http://www.gamespark.jp/article/2015/07/24/58776.html 2015年11月16日閲覧。 

外部リンク[編集]