トゥームレイダー ファースト・ミッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トゥームレイダー
ファースト・ミッション
Tomb Raider
Tomb Raider 2018 Movie Logo.png
監督 ローアル・ユートハウグ英語版
脚本 ジェニーヴァ・ロバートソン=ドゥウォレット
アラスター・シドンズ
原作 スクウェア・エニックス
トゥームレイダー』(コンピュータゲーム)
製作 グレアム・キング
製作総指揮 パトリック・マコーミック
デニス・オサリヴァン
ノア・ヒューズ
出演者 アリシア・ヴィキャンデル
ドミニク・ウェスト
ウォルトン・ゴギンズ
ダニエル・ウー
クリスティン・スコット・トーマス
音楽 ジャンキーXL
撮影 ジョージ・リッチモンド
編集 スチュアート・ベアード
マイケル・トロニック英語版
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー[1]
ワーナー・ブラザース映画
GKフィルムズ
スクウェア・エニックス
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ワーナー・ブラザース映画[1]
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年3月16日[2]
日本の旗 2018年3月21日[3][4][5]
上映時間 118分[6]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $90,000,000–$106,000,000[7]
興行収入 $274,650,803[8]
日本の旗 4億8200万円[9]
テンプレートを表示

トゥームレイダー ファースト・ミッション』(原題: Tomb Raider)は、2018年公開のアメリカ合衆国アドベンチャーアクション映画

2013年にスクウェア・エニックスより発売されたコンピュータゲーム『トゥームレイダー』の映画化作品。監督はローアル・ユートハウグ英語版、主演はアリシア・ヴィキャンデルが務め、ドミニク・ウェストウォルトン・ゴギンズダニエル・ウークリスティン・スコット・トーマスが共演している。

あらすじ[編集]

大企業クロフト社を経営するリチャード・クロフトは、古代日本の女王卑弥呼の墓を探すため、娘ララ・クロフトを残して日本に向かい行方不明となってしまう。警察もリチャードは死亡したと判断したため、ララには父の会社を相続する権利が生じるが、父の死を認めたくないララは相続を拒否し、自転車便のバイトで生計を立てていた。

しかし、クロフト社の経営を一任されているアナ・ミラーとの再会をきっかけに会社を相続しようとするが、そこで役員のヤッフェから父の遺品を受け取り、屋敷の地下にある父の研究室に向かう。そこには卑弥呼に関する資料とビデオレターがあり、ビデオレターには「卑弥呼の力を悪用しようとする組織から世界を守るため、資料を廃棄して欲しい」とメッセージが残されていた。ララは父を探すことを決意し、父が船をチャーターした香港に向かう。

香港に到着したララは、父が雇った船長の息子ルー・レンと出会い、2人の父を探すため卑弥呼の墓がある魔の海に向かう。航海の途中、ララは父の残した手記を読み、卑弥呼の力を狙っている組織は「トリニティ」と呼ばれる集団だと知る。ルー・レンの船は卑弥呼の墓がある島に近付くが、嵐に巻き込まれて2人は海に放り出されてしまう。島に打ち上げられた2人はトリニティに捕まってしまい、そこでトリニティのメンバーであるヴォーゲルから父が殺されたことを聞かされる。ヴォーゲルはララの持っていた手記をもとに卑弥呼の墓に向かおうとするが、ルー・レンの援護を受けてララは脱出する。

森の中を逃げ回ったララは、生き延びていた父リチャードと再会する。2人は再会を喜ぶが、手記がヴォーゲルの手に渡ったことを知ったリチャードは動揺する。ララは墓暴きを阻止するためルー・レンや他の人々を解放して逃がすが、リチャードがヴォーゲルに捕まってしまい、ヴォーゲルたちと共に墓の中に入っていく。ララたちはトラップをかわしながら墓の中を進み、卑弥呼の棺を発見する。

ヴォーゲルたちは卑弥呼のミイラを運び出そうとするが、部下の1人が伝染病に罹患して死んでしまう。ララは卑弥呼が伝染病に感染し、感染を防ぐために孤島の墓に眠ったことを知り、ミイラを持ち出そうとするヴォーゲルと銃撃戦となる。ヴォーゲルはミイラの欠片を持ち出して逃げ出し、伝染病に感染したリチャードは墓に残ることを決意し、ララにヴォーゲルの阻止を頼む。リチャードはミイラと共に自爆し、ララは格闘の末にヴォーゲルを倒して地上に脱出する。ルー・レンたちと合流したララは、トリニティの輸送ヘリを強奪し、島から脱出する。

ロンドンに戻ったララは父の遺産を相続し、正式にクロフト社を引き継ぐ。クロフト社の資産を確認したララは、子会社の中にトリニティのフロント企業が紛れ込んでいること、アナがトリニティの関係者であることを突き止める。ララは父の遺志を継ぎトリニティの野望を阻止することを決意し、質屋でH&K USPを購入する。

キャスト[編集]

アリシア・ヴィキャンデル

※括弧内は日本語吹替[10]

製作[編集]

2011年にGKフィルムズが映画化の権利を取得した[12]。2015年11月にローアル・ユートハウグ英語版が監督に起用され[13]、2016年4月にアリシア・ヴィキャンデルが主演を務めることが発表された[14]。主演にはデイジー・リドリーが噂されていたが、彼女は噂について「狂った噂」と一蹴していた[15][16]。2016年12月にウォルトン・ゴギンズが悪役として出演することが発表され[17][18][19]、2017年前半に他のキャストも順次発表された[20][21][22]

2017年1月23日からケープタウン主要撮影が開始され、6月9日にリーブスデン・スタジオで撮影が終了した[23][24][25][26]。クロフト邸の外観の撮影にはウィルトシャーソールズベリー郊外にあるウィルトン・ハウス英語版が使用されている[27]。ヴィキャンデルは役作りのために4か月間に週6日間ジムに通い、ロッククライミングミックス・マーシャル・アーツ、ボクシング、水泳、自転車、アーチェリーのトレーニングを行っている[28]。また、友人のアレクサンダー・スカルスガルドから紹介されたトレーナーの指導で食事制限もしていた[29]

公開[編集]

2018年3月2日にドイツ・ベルリンでプレミア上映が行われ、招待客とコスプレファンが出席した[30][31]。3月16日からは、アメリカでIMAX 3DRealD上映が開始された[32]

北米では『Love, サイモン 17歳の告白』『アイ・キャン・オンリー・イマジン』と同じ週に3,854の劇場で公開され、2,300万ドルから2,900万ドルの興行成績を収めることが予想された[33]。木曜日の深夜上映の210万ドルを含め、公開初日は910万ドルの興行収入を記録した[7]。公開初週の興行収入は2,350万ドルを記録し、『ブラックパンサー』に次ぎ興行収入ランキング第2位となり[34]、公開第2週の興行収入は1,060万ドルを記録した[35]

世界市場ではアメリカに先立ちアジア9か国で公開され、初週末の興行成績は1,420万ドルを記録し、うち韓国が最高額の290万ドルとなっている[36]。2018年3月16日から中国でも公開され、公開初日の興行成績は1,230万ドルを記録した。これは公開初日の記録としては、ワーナー・ブラザース映画史上5番目の成績となっている[37]

評価[編集]

批評[編集]

ヨーロッパ・プレミアに出席するエミリー・キャリー

Rotten Tomatoesには237件のレビューが寄せられ支持率49%、平均評価5.4/10となっており、「『トゥームレイダー ファースト・ミッション』は、より根源的なアプローチと明確なスターを持つフランチャイズをリブートするが、どちらも称賛されないオリジナル・ストーリーでは上手くいかない」と批評されている[38]。公開直後には、ゲーム原作作品として同サイトで最も高い評価を得ていたが、数週間後に『ランペイジ 巨獣大乱闘』に記録を抜かれている[39]Metacriticでは53件のレビューが寄せられ48/100の評価となり[40]CinemaScoreでは「B」評価となっている[7]

バラエティ誌のオーウェン・グレイバーマンは映画を高く評価し、「ローアル・ユートハウグの指揮する新しい『トゥームレイダー ファースト・ミッション』の驚きは、主役であるヴィキャンデルの才能を弱めず、ギムナスティックとCGIのスリルの中に彼女をはめ込んでいることです。映画には弓矢によるシューティングや古代のスピリチュアル・ミーティングなどのアクションが多く含まれているが、ほとんどは確かな人間のスケールで描かれています。そのスケールは、役者に巧みに合わせられている」と批評している[41]RogerEbert.comのマット・ゾラーは3/4の星を与え、「これは彼らが興奮するほど華麗なシークエンスと、タフなオードリー・ヘプバーンのような女性ヒーローで美しく作られた素朴なアクション映画です」と批評している[42]

シカゴ・トリビューンマイケル・フィリップス英語版は2/4の星を与え、「リブート版『トゥームレイダー ファースト・ミッション』は最初の半分は悪くないが、残りの1時間は悪い。アクション・ヒロインが撃たれ、殴られ蹴られる姿を見るのは楽しいものではない」と批評している[43]ハリウッド・リポータートッド・マッカーシーはストーリーを酷評する一方で、ヴィキャンデルの演技を絶賛している[44]Exclaim!のマット・ボブキンは5/10のスコアを与え、「『トゥームレイダー ファースト・ミッション』は愚かな行動には全力を尽くすが、破壊的な意味のディープなものを集めようとはしない」と批評している[45]

受賞・ノミネート[編集]

映画賞 部門 対象 結果 出典
ティーン・チョイス・アワード英語版 アクション映画賞英語版 トゥームレイダー ファースト・ミッション ノミネート [46]
アクション女優賞 アリシア・ヴィキャンデル

続編構想[編集]

プロデューサーのエイドリアン・アシュカリシュはIGNのインタビューで、『トゥームレイダー』を『Just Cause』『Hitman: Agent 47』『Deus Ex』『Thief』とユニバース化する構想について語っている[47]

脚注[編集]

  1. ^ a b Film releases”. Variety Insight. 2017年2月9日閲覧。
  2. ^ McNary, Dave (2016年7月7日). “Alicia Vikander’s ‘Tomb Raider’ Gets 2018 Release Date”. Variety. http://variety.com/2016/film/news/tomb-raider-release-date-alicia-vikander-1201810114/ 2016年7月10日閲覧。 
  3. ^ “新生する映画「トゥームレイダー」が2018年に日本公開。アリシア・ヴィキャンデルさん演じるララ・クロフトのファーストルックが披露”. 4Gamer.net. (2017年4月12日). http://www.4gamer.net/games/310/G031082/20170411026/ 2017年4月13日閲覧。 
  4. ^ “アリシア・ビカンダー主演「トゥーム・レイダー」18年に日本公開!ビジュアル初披露 : 映画ニュース”. 映画.com. (2017年4月12日). http://eiga.com/news/20170412/3/ 2017年4月13日閲覧。 
  5. ^ 新生ララ・クロフト始動!アリシア・ビカンダー主演「トゥームレイダー」予告編公開”. 映画.com (2017年9月21日). 2017年10月9日閲覧。
  6. ^ TOMB RAIDER (12A)”. 全英映像等級審査機構 (2018年3月21日). 2018年3月21日閲覧。
  7. ^ a b c Anthony D'Alessandro (2018年3月17日). “‘Black Panther’ Poised For $460M+ Profit; Faith-Based ‘I Can Only Imagine’ Surprises With $15M+”. Deadline Hollywood. 2018年3月17日閲覧。
  8. ^ Tomb Raider” (英語). Box Office Mojo. 2018年12月24日閲覧。
  9. ^ 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p.40
  10. ^ トゥームレイダー ファースト・ミッション”. ふきカエル大作戦!! (2018年3月21日). 2018年3月21日閲覧。
  11. ^ a b c “「トゥームレイダー」吹替版に甲斐田裕子、中村悠一、諏訪部順一が出演”. 映画ナタリー. (2018年3月6日). https://natalie.mu/eiga/news/272347 2018年3月6日閲覧。 
  12. ^ 'The Departed' & 'The Town' Producer Plans 'Tomb Raider' Reboot For 2013”. The Film Stage. 2018年2月8日閲覧。
  13. ^ Kit, Borys (2015年11月17日). “'Tomb Raider' Reboot Finds Director (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/tomb-raider-reboot-finds-director-840824 2016年3月6日閲覧。 
  14. ^ Kit, Borys (2016年4月28日). “Alicia Vikander to Star as Lara Croft in 'Tomb Raider'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/alicia-vikander-star-as-lara-888593 2016年4月29日閲覧。 
  15. ^ Jaafar, Ali (2016年3月10日). “Is ‘Star Wars’ Daisy Ridley Being Eyed As Lara Croft In ‘Tomb Raider’ Reboot?”. Deadline. http://deadline.com/2016/03/daisy-ridley-lara-croft-tomb-raider-star-wars-force-awakens-1201717660/ 2016年3月12日閲覧。 
  16. ^ “73 Questions With Daisy Ridley”. Vogue. (2017年10月11日). https://www.youtube.com/watch?v=doUdRCrK80E 2018年1月20日閲覧。 
  17. ^ Kroll, Justin (2016年12月7日). “‘Tomb Raider’ Reboot Casts Walton Goggins as Villain Opposite Alicia Vikander (EXCLUSIVE)”. Variety. https://variety.com/2016/film/news/tomb-raider-casts-walton-goggins-villain-alicia-vikander-1201886922/ 2016年12月8日閲覧。 
  18. ^ Tomb Raider reboot movie is like Raiders of the Lost Ark according to bad guy actor Walton Goggins”. gamesradar.com. Future plc (2016年12月13日). 2016年12月20日閲覧。
  19. ^ Goldberg, Matt (2016年12月27日). “‘Tomb Raider’: Walton Goggins on His “Confused”, “Angry”, and “Desperate” Villain”. Collider. 2018年2月8日閲覧。
  20. ^ Kroll, Justin (2017年1月11日). “‘Tomb Raider’ Reboot Adds ‘Into the Badlands’ Star Daniel Wu (EXCLUSIVE)”. Variety. 2018年2月8日閲覧。
  21. ^ Hannah John-Kamen Joins ‘Tomb Raider’ Cast; Andre Royo Steps Into Amazon’s ‘Beautiful Boy’”. Deadline (2017年4月13日). 2017年4月13日閲覧。
  22. ^ Birmingham actor to star in Hollywood film”. Birmingham What's On. 2017年6月14日閲覧。
  23. ^ Perry, Spencer (2017年1月23日). “New Tomb Raider Movie Filming Has Begun!”. ComingSoon.net. http://www.comingsoon.net/movies/news/806047-production-officially-begins-on-the-new-tomb-raider-movie 2017年1月24日閲覧。 
  24. ^ Tomb Raider Reboot Begins Shooting in January 2017” (2016年12月22日). 2016年12月23日閲覧。
  25. ^ Tomb Raider Movie Is About To Head Into Production” (2016年12月22日). 2016年12月23日閲覧。
  26. ^ Lesnick, Silas (2017年6月9日). “New Tomb Raider Movie Wraps Production”. ComingSoon.net. http://www.comingsoon.net/movies/trailers/857033-new-tomb-raider-movie#/slide/1 2017年6月9日閲覧。 
  27. ^ Tomb Raider (2018): Filming & Production”. IMDb. 2018年4月6日閲覧。
  28. ^ オスカー女優アリシア・ビカンダーはどうやって“トゥームレイダー”になった?”. 映画.com (2018年3月21日). 2018年4月28日閲覧。
  29. ^ 『トゥームレイダー』主演女優、4か月に及ぶトレーニングに食事制限も!”. シネマトゥデイ (2018年3月19日). 2018年4月30日閲覧。
  30. ^ Fabian, Daniel (2018年3月3日). “"Tomb Raider": Das war die exklusive Preview mit Alicia Vikander” (ドイツ語). DVD-Forum.at. 2018年3月5日閲覧。
  31. ^ TOMB RAIDER - Premierenclip Deutsch HD German (2018)”. Warner Bros. DE. YouTube (2018年3月5日). 2018年3月5日閲覧。
  32. ^ CS (2016年10月19日). “IMAX and Warner Bros. Extend Deal to Include 12 More Films”. ComingSoon.net (CraveOnline Media). http://www.comingsoon.net/movies/news/777749-imax-and-warner-bros-extend-deal-to-include-12-more-films#/slide/1 2016年10月22日閲覧。 
  33. ^ Jeremy Fuster (2018年3月13日). “Will ‘Tomb Raider’ Be the Movie to Finally Knock ‘Black Panther’ From Box Office Perch?”. TheWrap. 2018年3月13日閲覧。
  34. ^ Anthony D'Alessandro (2018年3月18日). “‘Black Panther’ Keeps B.O. Treasure From ‘Tomb Raider’; How ‘I Can Only Imagine’ Hit A $17M High Note”. Deadline Hollywood. 2018年3月18日閲覧。
  35. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年3月25日). “Does ‘Pacific Rim: Uprising’ Break Even At The Global B.O.?; ‘Black Panther’ Sets Marvel Record – Sunday Postmortem”. Deadline Hollywood. 2018年3月25日閲覧。
  36. ^ Tartaglione, Nancy (2018年3月11日). “‘Black Panther’ Tops $500M Overseas, $1B WW With $67M China Bow; ‘Tomb Raider’ Kicks Off – International Box Office”. Deadline Hollywood. Penske Business Media. 2018年3月11日閲覧。
  37. ^ 'Tomb Raider' Opens with $12.3 Million on first day in China”. Variety. Penske Business Media (2018年3月16日). 2018年4月6日閲覧。
  38. ^ Tomb Raider (2018)”. Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2018年4月26日閲覧。
  39. ^ 46 Video Game Movies Ranked by Tomatometer”. Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2018年4月24日閲覧。
  40. ^ Tomb Raider Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2018年3月24日閲覧。
  41. ^ Film Review: 'Tomb Raider'”. Variety. Penske Business Media (2018年3月14日). 2018年4月6日閲覧。
  42. ^ Tomb Raider Movie Review and Summary”. RogerEbert.com. Ebert Digital LLC (2018年3月16日). 2018年4月6日閲覧。
  43. ^ Phillips, Michael (2018年3月14日). “'Tomb Raider' review: Alicia Vikander is a craftier Croft but vanishes in second half of movie”. Chicago Tribune. http://www.chicagotribune.com/entertainment/movies/sc-mov-tomb-raider-review-0314-story.html 2018年3月14日閲覧。 
  44. ^ McCarthy, Todd (2018年3月14日). “'Tomb Raider': Film Review”. The Hollywood Reporter. Prometheus Global Media. 2018年3月14日閲覧。
  45. ^ Bobkin, Matt (2018年3月14日). “'Tomb Raider review”. Exclaim!. 2018年3月14日閲覧。
  46. ^ Teen Choice Awards 2018: See the full list of winners”. EW. 2018年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月13日閲覧。
  47. ^ Krupa, Daniel (2015年9月9日). “Just Cause Movie Will Take Cues from Just Cause 3”. IGN. 2018年4月6日閲覧。

外部リンク[編集]