リバイアサン (1989年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リバイアサン
Levathan
監督 ジョージ・P・コスマトス
脚本 デイヴィッド・ピープルズ
ジェブ・スチュアート
製作 ルイジ・デ・ラウレンティス
オーレリオ・デ・ラウレンティス
製作総指揮 ローレンス・ゴードン
チャールズ・ゴードン
出演者 ピーター・ウェラー
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 アレックス・トムソン
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年3月17日
日本の旗 1989年5月13日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イタリアの旗 イタリア[1][2]
言語 英語
興行収入 $15,704,614[3]
テンプレートを表示

リバイアサン』(Leviathan)は、1989年に公開されたピーター・ウェラー主演のSF映画

あらすじ[編集]

近未来、フロリダ沖4800メートルの海底に建設された資源採掘基地。滞在期限の2日前、作業員2人がソ連の沈没船「リヴァイアサン」を発見する。中を調べた2人は1台の金庫を回収する。その中に入っていた年代物のウォッカを密かに隠し持ち、飲んだことで作業員たちの体に異変が起こり始める。

翌日ウォッカを飲んだ作業員の1人が苦痛を訴え、8時間後に死亡。遺体は人間とは思えぬ姿に変形していた。同じころウォッカを飲んだもう1人にも異変が起き始める。先に死亡した作業員の遺体を発見した彼女は、パニックを起こして自殺する。

残された作業員たちは2人の遺体を海底投棄しようとするが、その作業中1人が遺体に襲われ負傷する。

ウォッカと沈没船の記録映像を解析した作業員たちは、船内で何らかの生体実験が行われ、暴走した実験体を処理するために沈没させられたことを知る。その後、傷を負った作業員の変異と残っていた遺体の一部の成長により、基地は地獄絵図と化す。SF映画となっているが完全な誤りでモンスターパニック映画であり脱出要素の強いパニックホラー映画である。SF要素は全くといっていいほどない。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS テレビ朝日
スティーブン・ベック ピーター・ウェラー 仲木隆司 磯部勉
グレン・トンプソン医師 リチャード・クレンナ 有本欽隆 小林昭二
エリザベス・ウィリアムス アマンダ・ペイズ 高木早苗 佐々木優子
バズ・パリッシュ(シックスパック) ダニエル・スターン 飛田展男 安原義人
ジャスティン・ジョーンズ アーニー・ハドソン 沢木郁也 菅生隆之
トニー・ロデロ(デジーザス) マイケル・カーマイン 龍田直樹 牛山茂
ブリジット・ボーマン リサ・アイルバッハー 堀越真己 さとうあい 
G. P. コッブ ヘクター・エリゾンド 西村知道 麦人
マーティン メグ・フォスター 高島雅羅 高畑淳子
ヘリパイロット ラリー・ドルギン 秋元羊介
コンピューターの声  ? 二又一成
翻訳 進藤光太 入江敦子
演出 春日正伸 蕨南勝之
調整 金谷和美
効果 南部満治
制作 S.E.R. ニュージャパンフィルム
備考 DVDには未収録 初回放送
1991年4月21日
日曜洋画劇場

脚注[編集]

  1. ^ Rasmussen, Linda. “Leviathan”. Allrovi. 2011年11月27日閲覧。
  2. ^ Leviathan”. British Film Institute. 2012年10月7日閲覧。
  3. ^ Leviathan (1989)”. Box Office Mojo (1989年4月18日). 2010年10月8日閲覧。

外部リンク[編集]