くまのプーさん クリストファー・ロビンを探せ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くまのプーさん クリストファー・ロビンを探せ!
Pooh's Grand Adventure: The Search for Christopher Robin
製作会社 ウォルト・ディズニー・アニメーション・ジャパン
配給 ブエナ・ビスタ・ディストリビューション
前作 くまのプーさん ハロウィンは大騒ぎ!(くまのプーさんシリーズ)
マイティ・ダックス・ザ・ムービー:ザ・ファースト・フェイス・オフ(ディズニーOVA全般)
次作 くまのプーさん みんなの感謝祭(くまのプーさんシリーズ)
続ティモンとプンバァ 虫を探して三千里(ディズニーOVA全般)
テンプレートを表示

くまのプーさん クリストファー・ロビンを探せ!』(Pooh's Grand Adventure: The Search for Christopher Robin)はディズニー版『くまのプーさん』の長編第2作。

概要[編集]

くまのプーさん 完全保存版の20年ぶりの続編。クリストファー・ロビンを探しに出たプーさんと仲間たちの冒険を描く。今作以降の続編はウォルト・ディズニー・アニメーション・ジャパンが製作を請け負っており、多数の日本人スタッフが製作に関与している。

あらすじ[編集]

ある年の秋の1日目。小学校新学期が始まった日、プーさんが目覚めると家の前にはちみつつぼが。しかし手紙が付いていることに気付かず、はちみつで手紙をべっとりと汚してしまう。親友のクリストファー・ロビンに読んで貰うおうと探しに行くが、森中の何処にもいない。プーさんはピグレットラビットティガーイーヨーと共に、オウルに字を呼んで貰おうと彼の家へ行く。オウルが汚れた手紙に書いてある文字を読んでみると「プーへ、僕は遠くに行く、食べられて、骸骨に」その手紙の送り主がなんとクリストファーだった。プーさん達は大切な友達を助けるために冒険へ出発した。

キャラクター[編集]

  • プー はちみつが大好きな優しいクマぬいぐるみ。のんびり屋でマイペース。
  • クリストファー・ロビン 6歳の男の子。とても親切。
  • ピグレット 臆病だが、友達思いの小さなコブタのぬいぐるみ。
  • イーヨー 陰気なロバのぬいぐるみ。
  • ラビット 野菜を育てるのが得意な面倒見の良いウサギ
  • ティガー しっぽにバネが入ったお調子者のトラのぬいぐるみ。
  • オウル 物知りのフクロウのぬいぐるみ。しかし、勘違いが激しい。
  • ガイコツザウルス オウルが危険だという恐ろしい生き物。

キャスト[編集]

ティガーの初代声優ポール・ウィンチェルが最後に出演した作品。

役名 原語版声優 日本語吹き替え
プー ジム・カミングス 八代駿
ガイコツザウルス 原語版流用
クリストファー・ロビン 台詞:ブラディ・ブラム
歌:フランキー・J・ガラソ
白尾佳也
ピグレット ジョン・フィードラー 小宮山清
ティガー ポール・ウィンチェル 玄田哲章
ラビット ケン・サンソム 龍田直樹
イーヨー ピーター・カレン 石田太郎
オウル アンドレ・ストイカ 台詞:上田敏也
歌:福沢良一
ナレーター デビッド・ワーナー 青森伸

オリジナル・サウンド・トラック[編集]

「くまのプーさん クリストファー・ロビンを探せ!+more」というタイトルで、2000年7月5日に発売。6曲の歌の英語版、日本語版に加え、4曲のオリジナル・クリップが収録されている。

  1.  Forever And Ever (ジム・カミングス/ブラディ・ブラム)
  2.  Adventure Is A Woderful Thing) (アンドレ・ストイカ/ジム・カミングス)
  3.  If It Says So (ケン・サンソム/ジム・カミングス)
  4.  Wherever You Are (ジム・カミングス)
  5.  Everything Is Right (ジム・カミングス/ケン・サンソム/ジョン・フィドラー/アンドレ・ストイカ/ポール・ウィンチェル/ピーター・カレン/ブラディ・ブラム)
  6.  Wherever You Are End Title (バリー・コフィング/ヴォンダ・シェパード)
  7.  いつまでもずっと (八代駿/白尾佳也)
  8.  冒険はすばらしい (福沢良一/八代駿/上田敏也)
  9.  そう書いてあるなら (龍田直樹/八代駿)
  10.  どこにいるの? (八代駿)
  11.  何もかもが最高! (八代駿/龍田直樹/小宮山清/上田敏也/玄田哲章/石田太郎/白尾佳也)
  12.  どこにいるの? エンド・タイトル・リプライズ (淵上祥人柴田穂積
  13.  The Best Present Ever (ポール・ウィンチェル)
  14.  It’s Tough Being Small (ジョン・フィドラー/ジム・カミングス)
  15.  Nobody Wants Be My Friend (ピーター・カレン)
  16.  You’ve Got a Friend (ジム・カミングス)

映画データ[編集]

評価[編集]

Rotten Tomatoesでは8件のレヴューのうち38%が肯定的で平均点は100点満点中45点だった[2]。[エンターテインメント・ウィークリー]のジョージ・ブルーストンは「甘ったるい」としてCの評価を与え、『くまのプーさん 完全保存版』を形付けた「子どもの気持ちと大人の機知」が欠けている、と論評した[3]Reel Film Reviewsのデイヴィッド・ヌサイルは「退屈」と評した[4]。 批判的な評価ばかりでなく肯定するものもある。Kabooseのジェーン・ルイーズ・ボーサウは楽曲と映像を賞賛した[5]Movie Metropolisのジョン・J・プッチオも肯定的に評価し、ミルンの原作より「冒険的」な筋書きによって素朴だが迫力にかける映像表現を補っている、と論評した[6]ジーン・シスケルロジャー・イーバートも肯定的に評価した[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]