八代駿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やしろ しゅん
八代 駿
プロフィール
本名 鈴木 基弘(すずき もとひろ)[1][2][3][4]
愛称 シュン[5]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本岡山県津山市[2]
死没地 日本の旗 日本東京都墨田区
生年月日 (1933-02-19) 1933年2月19日
没年月日 (2003-06-25) 2003年6月25日(70歳没)
血液型 A型[6]
職業 俳優声優
事務所 テアトル・エコー(最終所属)
公称サイズ(時期不明)[7]
身長 / 体重 170 cm / 54 kg
俳優活動
活動期間 1950年代 - 2003年
ジャンル テレビドラマ映画舞台
デビュー作 ボーイ(『殺人の技術』)[4]
声優活動
活動期間 1960年代 - 2003年
ジャンル 特撮アニメ吹き替えゲームナレーション
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

八代 駿(やしろ しゅん、1933年昭和8年〉2月19日[1][2] - 2003年平成15年〉6月25日[2][8])は、日本俳優声優岡山県津山市出身[2]テアトル・エコーに所属していた[2][9]

代表作には、『くまのプーさん』のプーさんや、『トムとジェリー』のトムの声(TBS版)がある[3][10][11]

生涯[編集]

明治大学政治経済学部[4]在学中に「やまびこ会」に参加[8][12]

大学卒業後は、やまびこ会を発展させた劇団テアトル・エコー創設メンバーの一人として活躍し、劇団を支えた[2][9]

初舞台はキノトール作の『殺人の技術』のボーイ役[4]

その後、劇団ユニットでアテレコ番組にレギュラーとして出演し、声優としての活動を始める[5]。声優として、アニメ吹き替えに数多く出演[10]ラジオ全盛期にはラジオドラマにも多数出演した[12]。また、舞台テレビ番組への出演など幅広く活動していた[13]

2003年6月25日0時15分、脳梗塞のため東京都墨田区の病院で死去[9]。70歳没。アニメでの遺作は、『くまのプーさん 完全保存版II ピグレット・ムービー』のプー役であった。

人物・特色[編集]

趣味・特技は岡山弁[7]野球普通自動車免許[4]

声域は高く、ニュアンスを変えることによってさまざまな役を演じ分けた[8]。また、舞台では飄々とした持味の俳優だった[9]

特撮テレビ番組「仮面ライダーシリーズ[注釈 1]に登場した怪人役でも知られ、50体以上の怪人を演じた[8]。女怪人の声も演じたことがある。

特に印象に残った役に『いなかっぺ大将』の西一役を挙げている[12]

ディズニーアニメくまのプーさんシリーズ」では、吉村ように代わり1992年からプーの専属声優を2003年の死去まで担当。その声は親しまれ[9]、没後もライブラリ出演として八代の声が使われることがある[注釈 2]。なお、八代は最初の劇場公開時ではゴーファーを演じていたが、後に八代がプーを演じた吹き替えが新規製作されている[注釈 3]

後任[編集]

八代の役を引き継いだ人物は以下の通り。

後任 役名 概要作品 後任の初担当作品
桜井敏治 レニー トイ・ストーリーシリーズ トイ・ストーリー2
亀山助清[注釈 4] プー[注釈 5] くまのプーさん くまのプーさん/ルーの楽しい春の日
竹本敏彰
長嶝高士 ビッグ・ザ・キャット ソニックシリーズ ソニックX
田中亮一 ゴースター 仮面ライダーシリーズ 仮面ライダー 正義の系譜
ギリザメス
ミミズ男
サソリトカゲス
関智一 ギリザメス スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号
武田幸史 トムの男性主人 トムとジェリー トムとジェリー ショー
宝亀克寿 ミスター・ドース・ジュニア メリー・ポピンズ メリー・ポピンズ リターンズ

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1963年
1966年
1967年
1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1979年
1980年
1983年
1985年
1999年

劇場アニメ[編集]

1969年
1972年
1980年
1983年
1985年
1986年
1987年
2001年

ゲーム[編集]

1991年
1998年
2000年
2002年
2003年
2013年

吹き替え[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメーション[編集]

人形劇[編集]

特撮[編集]

1967年
1968年
1969年
1971年
  • 宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン(ズノウ星人の声)
  • 帰ってきたウルトラマン(第34話のラジオアナウンサーの声)
  • 仮面ライダー(1971年 - 1973年、アマゾニアの声、キノコモルグの声、ゴースターの声、ハエ男の声、ユニコルノスの声、ミミズ男の声、再生ハリネズラスの声、ギリザメスの声、ギラーコオロギの声、アブゴメスの声、モスキラスの声、サソリトカゲスの声、サボテンバットの声、再生ガニコウモルの声、再生ムカデタイガーの声)
  • ミラーマン(第1話の緊急情報の声)
1972年
  • 劇場版『仮面ライダー対じごく大使』(カブトロングの声)
  • 変身忍者 嵐(1972年 - 1973年、カマキリガランの声、ノミドクロの声、カワウソの声、スフィンクスの声、再生フランケンの声、バックベアードの声、ゴーストファーザーの声)
1973年
  • 仮面ライダーV3(1973年 - 1974年、イカファイアの声、コンピューターの声、ピッケルシャークの声、第12話のデストロン司祭の声、バーナーコウモリの声、ウォーターガントドの声、プロペラカブトの声、ワナゲクワガタの声、カメラモスキートの声、オニビセイウチの声、オニヒトデの声、第51話のラジオのアナウンサーの声、再生オニビセイウチの声)
  • 劇場版『仮面ライダーV3対デストロン怪人』(タイホウバッファローの声)
1974年
1975年
  • 仮面ライダーストロンガー(奇械人ゴロンガメの声、カマキリ奇械人の声、奇械人エレキイカの声、奇械人アリジゴクの声、ドクロ少佐の声〈2代目〉)
1976年
1977年
1979年
1980年
  • 仮面ライダースーパー1(1980年 - 1981年、エレキバスの声、ガニガンニーの声、ジョーズワニの声、ツタデンマの声、グラサンキッドの声、フランケライターの声、ゴールダーの声)
  • スカイライダー(シビレイジンの声、ドクガンバの声、ヒルビランの声、ヒカラビーノの声、オカッパ法師の声、ゾンビーダの声、アブンガーの声、ザンヨウジューの声)
1981年
  • 劇場版『仮面ライダースーパー1』(再生ファイヤーコングの声、再生黄金ジャガーの声)
1983年
1984年
1985年
  • 兄弟拳バイクロッサー(ジェロニモの声、タンクボンブの声、フォーカスマンの声、ヒャクメガンの声、カラスの声、フデバコンの声)
1996年
1998年

CD[編集]

ラジオ[編集]

  • ラジオおもしろデータバンク ※締めのセリフは「ほんじゃ、また。」

ナレーター[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ 第18話「ジッポウの病気は特大でござる」(1967年、NET / 東映) - ギャング団の手下
  • 赤穂から来た浪人
  • 英語屋さん
  • 火曜日の女シリーズ幻の女」(1971年、NTV)
  • 雑居時代 第2話 - 梅田
  • 佐渡の恋唄
  • 夜の蝶 - 雪雄
  • 大盗賊(1974年)第5話 - 町人
  • 太陽にほえろ!
    • 第158話「顔」(1975年) - 目撃者
    • 第175話「偶像」(1975年)
    • 第196話「言葉の波紋」(1976年)
    • 第275話「迷路」(1977年)
    • 第353話「ラスト・チャンス」(1979年)
    • 第403話「罪と罰」(1980年)
  • 夜の配役
  • 伝七捕物帳
    • 第93話 「とかく浮世は色と金」(1975年、NTV) - 清六
    • 第99話「命をかけた一分銀」(1976年、NTV) - 要助

映画[編集]

  • 若い素肌(1960年)
  • 東から来た男(1961年)
  • 野獣狩り(1973年)
  • 告訴せず(1975年) - コック

舞台[編集]

  • 表裏源内蛙合戦
  • ザ・スティング
  • 雰囲気のある死体

特撮(俳優業)[編集]

その他のコンテンツ[編集]

|}

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 初代『仮面ライダー』から『スーパー1』まで出演。
  2. ^ LINEスタンプしゃべって動く!くまのプーさんと仲間たち」など
  3. ^ ゴーファー役は辻村真人
  4. ^ 亀山も2013年1月26日に逝去。後任はかぬか光明
  5. ^ 亀山は台詞、竹本は歌を担当

出典[編集]

  1. ^ a b c 『声優名鑑』成美堂出版、1999年8月、663頁。ISBN 4-415-00878-X 
  2. ^ a b c d e f g h 仮面ライダー怪人大画報 2016, p. 208, 「仮面ライダー スタッフ・キャスト人名録 2016年版」
  3. ^ a b c 八代 駿とは. コトバンクより2022年1月9日閲覧
  4. ^ a b c d e f 『新劇便覧'89』テアトロ、1989年、194頁。 
  5. ^ a b 『アニメーション大百科』東京三世社、1981年、243頁。 
  6. ^ 八代 駿”. アキバ総研. カカクコム. 2023年11月5日閲覧。
  7. ^ a b 『日本タレント名鑑(2003年版)』VIPタイムズ社、2003年4月25日、377頁。ISBN 978-4-9901242-1-2 
  8. ^ a b c d e OFM仮面ライダー4 2004, p. 33, 小川びい「仮面劇の主役たち ライダーを支えた10人の声優 第6回 八代駿」
  9. ^ a b c d e f 所属俳優・八代駿、死亡のお知らせ”. エコー・インフォメーション. テアトル・エコー. 2003年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月24日閲覧。
  10. ^ a b c “八代駿氏(俳優)が脳梗塞のため死去”. 日刊スポーツ. オリジナルの2003年7月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030716054022/http://www.nikkansports.com/ns/general/personal/2003/pe-030625.html 2023年1月24日閲覧。 
  11. ^ “俳優の八代駿さん死去 くまのプーさんの声”. 朝日新聞. (2003年6月25日). オリジナルの2003年6月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030629230440/http://www.asahi.com/obituaries/update/0625/003.html 2023年1月25日閲覧。 
  12. ^ a b c d 岩佐陽一 編「RESPECT 八代駿(声優・俳優)」『仮面ライダー大全』双葉社、2000年、113頁。ISBN 4-575-29121-8 
  13. ^ 八代駿のプロフィール”. ザテレビジョン. 2023年1月25日閲覧。
  14. ^ あかねちゃん”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  15. ^ 作品データベース いなかっぺ大将”. タツノコプロ. 2022年12月17日閲覧。
  16. ^ ゼロテスター”. メディア芸術データベース. 2016年12月7日閲覧。
  17. ^ 小さなバイキングビッケ”. メディア芸術データベース. 2016年12月7日閲覧。
  18. ^ まんが 花の係長”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月20日閲覧。
  19. ^ “スタッフ・キャスト”. メトロポリス 公式サイト. https://www.bandaivisual.co.jp/metropolis/staff.html 2016年5月5日閲覧。 
  20. ^ 新くまのプーさん”. アニメ - NHKオンライン. NHK. 2023年1月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • 小川びい『ロマンアルバム アニメ声優ハンドブック こだわり声優事典'97』1997年3月10日発行,徳間書店
  • 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー』 Vol.4《ライダーマン》、講談社、2004年9月24日。ISBN 4-06-367091-0 
  • ホビージャパンMOOK『宇宙船別冊 仮面ライダー怪人大画報』2007年12月18日発行

外部リンク[編集]