小さなバイキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小さなバイキング』(ちいさなバイキング、スウェーデン語原題:: Vicke Viking)は、スウェーデンの作家にしてジャーナリストであるルーネル・ヨンソンの児童文学シリーズである。

日本語訳[編集]

学習研究社より「少年少女・新しい世界の文学」シリーズの1巻として刊行された他、評論社から「児童図書館・文学の部屋」シリーズとして6冊刊行された。また、アニメ放送に合わせて、朝日ソノラマより2巻シリーズとして発行された。

学習研究社版
朝日ソノラマ版
評論社版
  • ルーネル・ヨンソン 『ビッケと赤目のバイキング』 石渡利康訳、評論社〈児童図書館・文学の部屋・バイキングのビッケシリーズ 1〉、1974年ISBN 4-566-01040-6
  • ルーネル・ヨンソン 『ビッケと空とぶバイキング船』 エーヴェット・カールソン絵、石渡利康訳、評論社〈児童図書館・文学の部屋・バイキングのビッケシリーズ 2〉、1974年ISBN 4-566-01041-4
  • ルーネル・ヨンソン 『ビッケと弓矢の贈りもの』 エーヴェット・カールソン絵、石渡利康訳、評論社〈児童図書館・文学の部屋・バイキングのビッケシリーズ 3〉、1974年ISBN 4-566-01042-2
  • ルーネル・ヨンソン 『ビッケと木馬の大戦車』 エーヴェット・カールソン絵、石渡利康訳、評論社〈児童図書館・文学の部屋・バイキングのビッケシリーズ 4〉、1974年ISBN 4-566-01043-0
評論社新版

アニメ[編集]

フジテレビ版[編集]

1972年にドイツZDF日本ズイヨー映像の共同制作によるテレビアニメとして製作された。日本版タイトルは『小さなバイキングビッケ』。当初ZDFが人形劇アニメを計画したが、後に、国際共同制作として瑞鷹にテレビアニメーション製作を依頼し、1972年から1974年にかけて1話23分の全78話と、85分の長編アニメを製作した。

ドイツでは1974年1月31日から8月8日までZDFで『Wickie und die starken Männer』として26話が放送され、残りの52話は1975年3月5日から放送された。オーストリアでは1974年2月17日からORFにて放送された。日本では1974年4月3日から1975年9月24日にかけてフジテレビ系で放送された。

テレビアニメはヨーロッパを中心に全世界に輸出された。タイトルは国や放送局によって異なる。英語圏では『Vicky the Viking』である。2009年にはテレビアニメを元にした実写映画が製作された (後述の実写映画を参照) 。

主人公の名前はZDFのドイツ版や英語版などでは「ヴィッキー」となるが、日本版では原作和訳版を元にした「ビッケ」が用いられる。

同じく海賊を題材にした作品『ONE PIECE』の作者尾田栄一郎は本作をきっかけに海賊好きになったと述べており[1]、後に1999年より『ONE PIECE』のテレビアニメが本作と同じ局と時間で放送されることになった。

ステレオタイプについて[編集]

本作においては、バイキング (ヴァイキング) が海賊であるという見解に沿って描写されているが、史実とは異なる。

作中において「角のついた兜を被る」「捕鯨民族であるバイキングがクジラを助ける (27話) 」[2][疑問点 ]といった、細かな点においても考証ミスがある。

また、オープニング映像に登場するアメリカ・インディアンの描写についても考証ミスが見られる[3]

声の出演[編集]

声優
役名 日本版 ドイツ版
Wickie(ビッケ) 栗葉子 Florian Halm
Halvar(ハルバル) 富田耕生 Walter Reichelt
Ylva(イルバ) 中西妙子 Inge Schulz
Ylvi(チッチ) 松金よね子 Alexandra Ludwig (一部)
Gilby(ギルビー) 堀絢子 Horst Abraham (一部)
Tjure(チューレ) 里見たかし Werner Abrolat
Snorre(スノーレ) 滝口順平 Eberhard Storeck
Urobe(ウローブ) 北村弘一 Leo Bardischewski
Gorm(ゴルム) 八代駿 Manfred Lichtenfeld
Ulme(ウルメ) 和久井節緒 Kurt Zips
Faxe(ファクセ) 西尾徳 Gernot Duda
Der schreckliche Sven
(いじわるスベン)
加藤正之
大塚周夫
Kurt E. Ludwig
Wolfgang Hess
Baltac(バルターク) 雨森雅司 Herbert Weicker
Pokka ? Hannes Gromball
Maria ? Christa Häussler
Erzähler(ナレーター) 増山江威子 Manfred Seipold (1–26話)
Leon Rainer (27–78話)

スタッフ[編集]

  • 企画:瑞鷹エンタープライズ(クレジット上はズイヨー映像
  • 原作:ルーネル・ヨンソン (Runer Jonsson )
  • チーフディレクター:斎藤博
  • シリーズ構成:丹野雄二
  • キャラクターデザイン:関修一
  • 脚本:才賀明金子裕、大川久男、ほか
  • 作画監督:辻伸一、福田皖
  • 設定制作:岡崎邦彦
  • 美術監督:西田稔
  • 音楽:宇野誠一郎
  • 音響監督:斉藤敏夫
  • 録音:山下欽也(協力:東北新社
  • 撮影監督:黒木敬七
  • アシスタントディレクター:楠葉宏三
  • 制作主任:藤田健、佐藤洋
  • 制作助手(アシスタント):山口久子
  • 担当プロデューサー:大場伊紘
  • 制作進行:岡村雅裕
  • 制作デスク:渡辺忠美、加藤良雄
  • 演出:石黒昇神田武幸、小林三男、ほか
  • 製作:ズイヨー映像(第1話~第52話)、日本アニメーション(第53話~第78話)、フジテレビ、タウラス・フィルム


主題歌[編集]

ドイツ[編集]
「Hey, hey, Wickie! Hey, Wickie, hey!」
作曲 - Christian Bruhn / 作詞 - Karel Svoboda / 作曲・歌 - Bläck Fööss
日本[編集]
オープニングテーマ
「ビッケは小さなバイキング」
作詞 - 丘克美 / 作曲・編曲 - 宇野誠一郎 / 歌 - 栗葉子とザ・バイキング
エンディングテーマ
「チッチの歌」
作詞 - 雨宮雄児 / 作曲・編曲 - 宇野誠一郎 / 歌 - 松金よね子
「フラーケ族の歌」
作詞 - 雨宮雄児 / 作曲・編曲 - 宇野誠一郎 / 歌 - テアトル・エコー
「ちっちゃなビッケと大きな父さん」
作詞 - 高垣葵 / 作曲・編曲 - 宇野誠一郎 / 歌 - 栗葉子とザ・バイキング

各話リスト[編集]

※以下は日本版のもの。

  1. バイキング誕生
  2. そーら船出だ 失敗だ
  3. のこのこぎりぎり 大脱走
  4. 虫歯よ さらば
  5. いじわるスベンをやっつけろ
  6. 税金取りなんて 恐くない
  7. 狼狩りコンテスト
  8. スベンの逆襲
  9. ビッケと大あざらし
  10. ギッチョンパの約束
  11. 赤い目の巨人たち ※公式HPでは第11話「ハルバルの 救出作戦」
  12. ハルバルの 救出作戦 ※公式HPでは第12話「赤い目の巨人たち」
  13. 鋭い剣を持った スベルケル
  14. 城は見かけに よらぬもの
  15. 逃げろや逃げろ
  16. 水攻め大作戦
  17. 世界で最初の 消防隊
  18. 鳩とビッケと あざらしと
  19. ビッケと 大きなタコ
  20. 王様はくいしんぼ
  21. くしゃみ粉 25番
  22. ハルバルの宝箱
  23. のこぎりエイの 敵討ち
  24. ファクセのお嫁さん
  25. ゆうれい船を やっつけろ
  26. 雪と氷の宝島
  27. ビッケと クジラの親子
  28. かもめのカール
  29. ギリシャの国の 迷路
  30. ギリシャの国の オリンピック
  31. デンマークの 冒険(前編)
  32. デンマークの 冒険(後編)
  33. 北国から来た男
  34. シュラック村の 少年
  35. ビッケ空をとぶ
  36. ハルバル 迷子になる
  37. 変てこな おもてなし
  38. ビンカ人の宝物
  39. おしゃれなスノッペ
  40. のびたスノッペの 巻毛
  41. なつかしの フラーケ
  42. フラーケ村に サーカスがやって来た
  43. わら人形戦争
  44. フラーケ族は 畑仕事が大きらい
  45. 雷声 ブルーレットとビッケ
  46. 親知らずと トンネル作戦
  47. ビッケと竹馬作戦
  48. わがままブルーレットの 大反撃
  49. 大きな木馬の 贈り物
  50. 北極の冒険
  51. ハルバル父さんの 脱出作戦
  52. ビッケの 火山島探検
  53. ハルバル父さんの 熊退治
  54. おたふく風邪と ハルバル
  55. ウローブじいさんの 活躍
  56. ハルバル父さんの 素敵なおみやげ
  57. ビッケとチッチの 漂流記
  58. 狼なんて恐くない
  59. 急がば回れ 救出作戦
  60. パルリの王女様
  61. おかしな困った とうせんぼ
  62. 幽霊さんを 助けよう
  63. 本当の バイキングだぞ
  64. スノーレの大予言
  65. 黄金の剣と グライダー
  66. ビッケがチェスで 大勝利
  67. 川と川を 結んじゃえ!
  68. チューレとスノーレの 大げんか
  69. 次のおかしらは 誰だ
  70. ハルバル父さんと 紙芝居
  71. へそくりべそかき 宝物
  72. ビッケとハルバルの 知恵くらべ
  73. ロビン小父さんの 住む島
  74. どっちの山が 高いか
  75. 泣くなチューレ
  76. ファクセと気球と ルンドの娘
  77. 新しい船を おくろう(最終回)
  78. 仲間はずれにされた ハルバル(初回では未放送)
フジテレビ 水曜19:00 - 19:30枠
前番組 番組名 次番組
荒野の少年イサム
(1973年4月4日 - 1974年3月27日)
小さなバイキングビッケ
(1974年4月3日 - 1975年9月24日)
アラビアンナイト シンドバットの冒険
(1975年10月1日 - 1976年9月29日)

ディズニー・チャンネル版[編集]

2011年にはベルギーのstudio100により3Dアニメとしてリメイクされ[4]、日本ではこのリメイク版(原題は「VIC THE VIKING」、日本語版タイトルは「ビッケはちいさなバイキング」)が2014年5月5日にディズニー・チャンネルで先行放映された後、5月26日から月~木曜午前11時半~11時45分に同チャンネルで本放送される[5]。なお、毎日の放送時間帯は朝の特別枠ディズニー・ジュニアの範囲内だが、同チャンネルの公式サイトでは、放送番組のジャンルではディズニー・ジュニアではなく普通のアニメーションに属している。

声の出演[編集]

声優
役名 日本版
ビッケ 一色まゆ
ハルバル 斉藤次郎
チューレ 星野健一
スノーレ 細谷カズヨシ
イルビ[6] 冨田泰代
イルバ 遠藤さやか

各話リスト[編集]

  1. てっぺんをめざせ!
  2. バイキングのまもりがみ
  3. どうくつのかいぶつ
  4. はぐるまだいさくせん
  5. ビッケとながれぼし
  6. ウルメのにんぎょうげき
  7. ハルバルのとりひき
  8. はらぺこかいじゅう
  9. かぜの女王
  10. オオカミのおやこ
  11. まほうの大がま
  12. 女王リアノンのしま
  13. ハルバルがへんしん?

スタッフ[編集]

その他[編集]

第43話で、『みつばちマーヤ』の登場キャラであるマーヤとウイリーがゲスト出演している(ただし通りすがりのキャラ扱いで、ウイリーがスノーレの鼻を刺してすぐに飛び去った)。

ゲーム[編集]

実写映画[編集]

コメディアンのミヒャエル・ヘルビークが監督した実写版映画『Wickie und die starken Männer』 (ヴィッキーと強い男たち) が2009年9月にドイツで公開され記録的な大ヒットとなった。

2011年にはクリスティアン・ディッター監督による続編『Wickie auf großer Fahrt』(ヴィッキーの大きな旅)が3D映画として製作された。

同年、第3作目として『Wickie und der große Wettkampf』(ヴィッキーの大競争)の製作が予告されていたが、映画の重要キャストであった「恐ろしいスベン」役俳優ギュンター·カウフマンの急逝により製作が頓挫、その後制作会社も解散した。

日本では1作目が『小さなバイキング ビッケ』の邦題で、2010年に第18回キンダー・フィルム・フェスティバル (東京)[8][9]、第23回東京国際映画祭にてライブ吹き替え上映された[10]ほか、京都HISTORICA2010では日本語字幕付きで上映され[11][12]、2012年12月に日本版DVDが発売された。

続編も『ビッケと神々の秘宝』の邦題で、第20回キンダー・フィルム・フェスティバル (東京)[13]で上映され、2012年の京都ヒストリカ国際映画祭でも上映され[14]、2015年12月に日本版DVDが発売された。

2018年度大学入試センター試験の出題を巡る騒動[編集]

経緯[編集]

2018年1月13日日本大学入試センター試験(本試験)の地理Bの第5問-問4で、アニメ版「小さなバイキングビッケ」に関する問題が出題され、インターネット上で話題を呼んだ[15]

出題において議論された点[編集]

ビッケの舞台はどこなのか[編集]

出題された問題には「(『ムーミン』と『小さなバイキングビッケ』は)ノルウェーとフィンランドを舞台にしたアニメーション」と記されている。しかし、ビッケの原作者ルーネル・ヨンソンはスウェーデンの作家であり、ビッケが拠点とする「フラーケ」も原作本文中で「(ビッケたちが大規模な駆除を行ったので)フラーケはスウェーデンではじめてオオカミのいない地方になったのでした[16]」や「ハルバル(注:ビッケの父)はスウェーデンのフラーケ地方に住むバイキングの族長[17]」と明記されていた[18]。このことにより、出題が妥当であるかどうかの議論が起きた。

出題後の反応[編集]

駐日スウェーデン大使の公式Twitterは以下のコメントを記した。

ムーミンもいいけど…ビッケは?

ビッケはスウェーデン人作家ルーネル ヨンソンの作品ですよ。 スウェーデン大使館も今後周知に努めます。

— スウェーデン大使館Twitter 「スウェーデン大使館さんのツイート」による

出題内容に対する見解[編集]

 朝日新聞は大学入試センターに「『小さなバイキングビッケ』の舞台はノルウェーと言えるのか。原作には主人公たちが住む村はスウェーデンのフラーケ地方にあるという記述がある」という内容の質問を行った。それに対し、大学入試センターは「バイキングの表記から海が結氷せず、海上活動が盛んだったノルウェーやスウェーデンを含むスカンディナビア半島の沿岸や周辺海域が類推されます。バイキングは現在のスウェーデンを含む地域においても活動していましたが、設問の設計上スウェーデンはすでに例示しており、また、フィンランドとは関連が薄いことから、ノルウェーが類推されます。」と回答した[19][20]

 センターの回答では、アニメの舞台にふれていないため、改めて朝日新聞が電話取材をしたところ、センターは「舞台がノルウェーであることを明確に示す出典は確認できていません。その意味では『ノルウェーを舞台にしたアニメーション』との記述は、厳密な意味で正確なものではありません」と答えた。ただ、センターは「知識・思考力を問う設問として支障はなかった」としており、出題ミスではないとしている[21]

 一連の騒動を踏まえ、センターの大塚雄作・試験・研究統括官は「設問の趣旨を受験生に分かりやすく示すため、単純化した記述としたものであることをご理解いただきたい」とコメントした[21]

アニメ制作会社[編集]

 アニメの著作権を持つ瑞鷹(東京都)は、「ビッケたちの拠点は架空の『フラーケ村』で、具体的な国名は不明[22]。海賊なので色々な地を巡ります[23]」と答えた[24]

なお、OPの『ビッケは小さなバイキング』では出かけていく先を羅列する部分で「イギリス オランダ ブルガリア」「グリーンランド」(以上1番)「フリースランド[25]」(2番)「イタリア アメリカ デンマーク」「アイスランド」(以上3番)とあるので、少なくともアニメ版においてもこれらの国でないのは確実である。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 「バイキング Part3」『ONE PIECE』2巻、4、1998年4月8日第1刷発行、ISBN 4-08-872544-1、134頁
  2. ^ グレティルのサガ」などに見られるエピソード。「赤毛のエイリクのサガ」では、飢えたバイキングたちは魔法を使ってまで鯨を捕えている。
  3. ^ ステレオタイプとしてのインディアン文化の混雑させられた民族イメージに対しては、「アメリカインディアン運動 (AIM) 」などインディアン権利団体が現在、重要な抗議対象としている。
  4. ^ VIC
  5. ^ 懐かしい!『小さなバイキングビッケ』が3DCGでリメイクされ、ディズニー・チャンネルで放映!
  6. ^ フジテレビ版ではチッチ
  7. ^ http://www.bild.de/digital/spiele/nintendo-ds/nintendo-ds-spiel-wickie-und-die-starken-maenner-9127340.bild.html
  8. ^ キンダー・フィルム・フェスティバル第18回映画祭レポート(2010)
  9. ^ キンダー映画祭日記 2010年08月05日
  10. ^ 東京国際映画祭「小さなバイキング ビッケ」
  11. ^ 「HISTORICA2010」上映作品
  12. ^ 「京都太秦の東映・松竹両撮影所で時代劇映画祭『HISTORICA2010』を開催-国内外の時代劇映画を一挙上映」東映株式会社ニュースリリース 2010年11月19日
  13. ^ 2012年 第20回 コンペティション作品(2012)
  14. ^ セレクション上映
  15. ^ “地理Bにムーミン ネットでは戸惑いも”. 産経ニュース. (2018年1月13日). http://www.sankei.com/life/news/180113/lif1801130047-n1.html 2018年1月24日閲覧。 
  16. ^ 『小さなバイキング ビッケ』石渡利康訳、株式会社評論社、2011年三版、P233
  17. ^ 『ビッケと赤目のバイキング』石渡利康訳、株式会社評論社、2011年、P5
  18. ^ “ムーミンの谷はフィンランドかスウェーデンか 1月17日”. 産経ニュース. (2018年1月17日). http://www.sankei.com/life/news/180117/lif1801170010-n2.html 2018年1月24日閲覧。 
  19. ^ “ムーミンの設問、根拠は? 大学入試センターの回答全文”. 朝日新聞. (2018年1月16日). https://www.asahi.com/articles/ASL1J5TGQL1JUTIL048.html 2018年1月24日閲覧。 
  20. ^ “ムーミンの舞台、入試センター「設問に支障なし」”. 朝日新聞. (2018年1月16日). https://www.asahi.com/articles/ASL1J5TGRL1JUTIL049.html 2018年1月24日閲覧。 
  21. ^ a b “ビッケはノルウェー? センター「正確ではない」と回答”. 朝日新聞. (2018年1月18日). https://www.asahi.com/articles/ASL1L675JL1LUTIL03T.html 2018年1月24日閲覧。 
  22. ^ ただし、アニメの第12話(「ハルバルの救出作戦」5分50秒頃)と第16話(「水攻め大作戦」1分45秒頃)において、ビッケとハルバルがそれぞれフラーケ村はスウェーデンにあることを示唆する発言をしている。具体的には「スウェーデンから来ました」「我がスウェーデンの」など。
  23. ^ 原作およびアニメでビッケたちがノルウェーに上陸するエピソードはない。本放送時の最終回である第77話「新しい船を おくろう」において、ビッケたちはノルウェーのタンカで5年に一度行われるバイキングの祭りに参加するためにフラーケから出港する。しかし、航海往路の洋上のシーンで終幕となる。
  24. ^ “ムーミン谷、本当にフィンランド? センター解答に波紋”. 朝日新聞. (2018年1月15日). https://digital.asahi.com/articles/ASL1H5FSPL1HUTIL03B.html?rm=290 
  25. ^ これのみ国名ではなくオランダ・ドイツの北海沿岸と沖合の島の地方名

外部リンク[編集]