吉田義昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
よしだ よしあき
吉田 義昭
別名義 吉田 貴彰 (よしだ たかあき)
生年月日 (1932-01-08) 1932年1月8日
没年月日 (1989-05-09) 1989年5月9日(57歳没)
出生地 日本の旗 日本 青森県青森市
死没地 日本の旗 日本 埼玉県所沢市
職業 脚本家劇作家
ジャンル 劇場用映画現代劇成人映画)、テレビ映画時代劇・現代劇、テレビアニメ)、テレビ放送劇演劇ミュージカル
活動期間 1959年 - 1987年
所属劇団 いずみたくフォーリーズ
主な作品
映画
日本拷問刑罰史
あばずれ
テレビ映画
伝七捕物帳
新五捕物帳
テレビアニメ
山ねずみロッキーチャック
アルプスの少女ハイジ
フランダースの犬
森のトントたち
演劇
『Tomorrow 明日へのいのち』
赤い椿の物語

吉田 義昭(よしだ よしあき、1932年1月8日 - 1989年5月9日)は、日本の脚本家劇作家である[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12]。初期の別名に吉田 貴彰(よしだ たかあき)がある[4][5][9][13]日本脚本家連盟信託者[14]。『山ねずみロッキーチャック』、『アルプスの少女ハイジ』、『フランダースの犬』等のテレビアニメーションの脚本のメイン作家として知られる[1][8][12]

日本映画データベース等で混同されている[4][9]、同時代に活動した脚本家の吉田喜昭(1937年 - 2001年)は同音異字の別人[1][14][15]

人物・来歴[編集]

木下学校からテレビ、独立系映画へ[編集]

1932年(昭和7年)1月8日、青森県青森市に生まれる[1]

1950年(昭和25年)3月、青森県立青森高等学校を卒業、満20歳を迎えた1952年(昭和27年)に東京に移る[1]松竹大船撮影所の助監督会がシナリオを募集、これに応募して家城巳代治に認められる[1]木下惠介のいわゆる「木下学校」門下の松山善三に師事した[1]。確認できるもっとも早い時期の仕事は、1959年(昭和34年)10月8日にフジテレビジョンで放映を開始した松竹製作のテレビ映画駅の伝言板』であり、そのうち7話を魚住大二と共同で脚本執筆している。1961年(昭和36年)7月5日にTBSテレビで放映を開始した『純愛シリーズ』でも数話を手がけており[12]、なかでも村木良彦(1935年 - 2008年)が演出した『青春』(第103回)が知られており、同作の野心的斬新さはのちに今野勉(1936年 - )が著書『テレビの青春』で吉田の書いたセリフを引用、特筆している[16][17]

1964年(昭和39年)9月9日にフジテレビジョンで放映を開始した松竹製作の連続テレビ映画『結婚の設計』では、梶山季之の原作をもとに吉岡道夫(1933年 - )とともに脚本を手がけており、当時、日本シネマ国映を中心として独立系成人映画の脚本を手がけていた吉岡[18]同様に、吉田も小森白が製作・監督した成人映画日本拷問刑罰史』に脚本を提供、同作は同年10月27日に公開された[9][5]。1965年(昭和40年)2月に公開された『しゃぶりつくせ』(監督南部泰三)にも脚本を提供しており[19][20]渡辺護の回想によれば、吉田の同作における「殺し屋の美学」がよかったという[20]。元俳優の斎藤邦唯(1929年 - )が同年4月に扇映画プロダクションを設立、映画製作を開始するにあたり、渡辺に成人映画を撮れる監督の紹介を依頼、渡辺はかつて師事した西條文喜(1921年 - 1988年)を推薦、吉田とともに脚本を準備している[21]。吉田と渡辺が準備した脚本の完成段階で西條が降板、急遽、渡辺が監督に起用され、同作は渡辺の監督第1作『あばずれ』として、同年6月に公開されている[9][21]。同作での吉田は「吉田貴彰」とクレジットされており[21][22]、以降同名で、『紅壺』(1965年10月公開)、『女の狂宴』(1966年2月公開)、『のたうち』(1966年5月17日公開)、『情夫と情婦』(1967年4月公開)と合計5作の渡辺の初期作品を手がけた[4][5][9][13][21]。1967年(昭和42年)9月26日に放映を開始した、放送作家青島幸男が主演した連続テレビ映画『意地悪ばあさん』や、1970年(昭和45年)9月19日に放映されたテレビ映画『日本怪談劇場』第12回『怪談乳房の呪い』(監督松永利昭)にも脚本を提供している[8][12]

テレビアニメの時代[編集]

1973年(昭和48年)1月7日に放映を開始した『山ねずみロッキーチャック』の脚本に参加、テレビアニメに進出した[8][12]。同年10月2日に放映を開始した『伝七捕物帳』にも12作の脚本を提供しており、時代劇のテレビ映画は吉田にとっては同作が最初の執筆である[8][12]。なかでも、1974年(昭和49年)1月6日に放映を開始した『アルプスの少女ハイジ』、ならびに1975年(昭和50年)1月5日に放映を開始した『フランダースの犬』では、いずれも初回から第6話までを切れ目なく執筆しており、同2作の初動のレールを敷く重要な役割を果たしており[8][12]、同2作は吉田の代表作とされる[1]。1977年(昭和52年)10月18日に放映を開始した『新五捕物帳』には、シリーズ後半から参加、19作を手がけた[8][12]

ミュージカルへ[編集]

芝居の台本、戯曲は以前から手がけていたが、1977年に作曲家のいずみたくが設立した劇団「いずみたくフォーリーズ」(現在のミュージカルカンパニー イッツフォーリーズ)に参加[1][2]、同年11月25日の同劇団第1回公演のために戯曲『悪魔になってみませんか』(演出キノトール)を書き下ろした[1][2][23]。以降、『Tomorrow 明日へのいのち』(演出増見利清、1979年初演)、『ザ・マジック』(演出坂上道之助、1980年初演)等の戯曲を同劇団に提供した[1][2]。1981年(昭和56年)からは、『東芝日曜劇場』における石井ふく子プロデュース作に多く起用されるようになる[12]。同年、恩師である松山善三が演出する人形劇のために戯曲『赤い椿の物語』を執筆しているが、同作も石井ふく子が『人間が好きドラマシリーズ』でのリメイクを企画、演出は松山善三が行い、1983年(昭和58年)9月29日に放送された[12]。同作の主演に抜擢された今泉陽子[12]が、同作の収録中であった同年8月26日に緑山スタジオで飛び降り自殺する事件が起きている[12][24]。1984年(昭和59年)10月5日から放映を開始した連続テレビアニメ映画『森のトントたち』ではシリーズ構成および脚本を手がけ[12]、同作は、文化庁こども向けテレビ用優秀映画作品賞を受賞した[1]

『いのちのスケッチ 思いやり』(1987年)によれば、満53歳だった1985年(昭和60年)9月、食道癌が発見されて闘病を開始、食道切除の手術を行ったという[25]。同書は、吉田が東奥日報夕刊に連載した『日向ぼっこ』から50編を選び改題したもので、1987年(昭和62年)8月に刊行された[1][25]。1989年(平成元年)5月9日、食道癌のため、入院先の埼玉県所沢市にある防衛医科大学校病院で死去した[1]。満57歳没。

再評価[編集]

吉田が手がけたなかでも『アルプスの少女ハイジ』は、1993年(平成5年)に『アルプスの少女ハイジ アルムの山』『アルプスの少女ハイジ ハイジとクララ』の再編集版VHSビデオグラム、2006年(平成18年)3月に同じくDVDが発売される等[7][8]、定番的な評価を受けている。

劇場用映画に関しては、映画監督・渡辺護の初期脚本家として注目され、渡辺の監督第1作『あばずれ』が、2014年(平成26年)同年12月5日 - 同9日に神戸映画資料館で行われた「渡辺護 はじまりから、最後のおくりもの。」の特集上映で、同年に発見された16mmフィルム版上映用プリントで上映された[22]。渡辺の監督第2作『紅壺』は東京国立近代美術館フィルムセンターにも所蔵されており[5]、同年10月25日 - 同月31日にユーロスペースで行われた「渡辺護追悼 そして『たからぶね』の船出」の特集上映でデジタル上映が行われた[26]

フィルモグラフィ[編集]

特筆以外、劇場用映画テレビ映画はすべて「脚本」[4][5][6][7][8][9][10][11][12]テレビ放送劇は「作」である[12]東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)、デジタル・ミーム等での所蔵状況も記した[5][27]

1960年代[編集]

  • 駅の伝言板』 : 監督尾崎甫ほか、製作松竹、1959年10月8日 - 1960年4月7日放映(連続テレビ映画)
    • 第3回『ひみつ』 : 監督不明、主演不明、1959年10月22日放映(テレビ映画) - 魚住大二と共同で脚本
    • 第5回『きずな』 : 監督不明、主演清川新吾、1959年11月5日放映(テレビ映画) - 魚住大二と共同で脚本
    • 第10回『決定的瞬間』 : 監督不明、主演小山明子、1959年12月10日放映(テレビ映画) - 魚住大二と共同で脚本
    • 第13回『生きていた男』 : 監督不明、主演諸角啓二郎、1960年1月7日放映(テレビ映画) - 魚住大二と共同で脚本
    • 第16回『手錠』 : 監督不明、主演諸角啓二郎、1960年1月28日放映(テレビ映画) - 魚住大二と共同で脚本
    • 第20回『消された男』 : 監督不明、主演千之赫子、1960年2月25日放映(テレビ映画) - 魚住大二と共同で脚本
    • 第21回『表と裏』 : 監督不明、主演福田公子、1960年3月3日放映(テレビ映画) - 魚住大二と共同で脚本
  • ひたすらの道』 : 製作・監督大岩弘明、企画青木良治久保春二、原作若林喜市、主演藤田進折原啓子、製作新日本映画社、1961年公開(映倫番号 不明) - 魚住大二と共同で脚本、53分の上映用プリントをNFCが所蔵[5]
  • 純愛シリーズ』 : 製作TBS、1961年7月5日 - 1963年9月25日放送(テレビ放送劇花王ファミリー劇場

1970年代[編集]

  • 小さなバイキング・ビッケ』 : 製作高橋茂人、チーフディレクター斎藤博、原作ルーネル・ヨンソン、声の主演栗葉子、製作ズイヨー映像、1974年4月3日 - 1975年9月24日放映(連続テレビアニメ映画) - 才賀明金子裕日高武治田代淳二北川幸茂・大川久男・朝倉千筆鴨井達比古沖島勲とともに脚本
    • 第31話『デンマークの冒険 前編』 : 監督不明、1975年2月5日放映 - 脚本
    • 第32話『デンマークの冒険 後編』 : 監督不明、1975年2月12日放映 - 脚本
  • アルプスの少女ハイジ 山の子たち』 : 製作高橋茂人、企画瑞鷹エンタープライズ、監督高畑勲、原作ヨハンナ・スピリ、声の主演杉山佳寿子、製作ズイヨー映像、配給東宝、1975年3月15日公開(東宝チャンピオンまつり・映倫番号 23829) - 大川久男佐々木守と共同で脚本
  • フランダースの犬』 : 原作ルイス・ド・ラ・ラメー、声の主演喜多道枝、1975年1月5日 - 同年12月28日放映(連続テレビアニメ映画・カルピスこども劇場)
    • 第1話『少年ネロ』 : 監督黒田昌郎、製作ズイヨー映像、1975年1月5日放映 - 脚本
    • 第2話『アロアと森へ』 : 監督黒田昌郎、製作ズイヨー映像、1975年1月12日放映 - 脚本
    • 第3話『アントワープの町で』 : 監督黒田昌郎、製作ズイヨー映像、1975年1月19日放映 - 脚本
    • 第4話『新しい友達』 : 監督黒田昌郎、製作ズイヨー映像、1975年1月26日放映 - 脚本
    • 第5話『パトラッシュ』 : 監督黒田昌郎、製作ズイヨー映像、1975年2月2日放映 - 脚本
    • 第6話『がんばれパトラッシュ』 : 監督黒田昌郎、製作ズイヨー映像、1975年2月9日放映 - 脚本
    • 第14話『夜空に描いた絵』 : 監督黒田昌郎、製作ズイヨー映像、1975年4月6日放映 - 脚本
    • 第15話『古い帳簿』 : 監督黒田昌郎、製作ズイヨー映像、1975年4月13日放映 - 脚本
    • 第16話『10サンチームの写生帳』 : 監督黒田昌郎、製作ズイヨー映像、1975年4月20日放映 - 脚本
    • 第21話『船で来たお客さま』 : 監督黒田昌郎、製作日本アニメーション、1975年5月25日放映 - 脚本
  • 吉四六よ天を駆けろ』 : 製作伊藤正昭、監督高木一臣、主演山田吾一、製作吉四六プロダクション、配給映画センター全国連絡会議、1976年7月10日公開(映倫番号 18751) - 高木一臣と共同で脚本
  • 特捜最前線』第8回『愛と復讐の銃弾』 : 監督村山新治、主演二谷英明、製作東映、1977年5月25日放映(テレビ映画) - 脚本
  • まんが日本絵巻』第35回『敵は幾万ありとても 智将・楠木正成』 : 監督長谷川康雄、原案山中恒、製作ワールドテレビジョン、1978年6月28日放映(テレビ映画) - 脚本
  • 新五捕物帳』 : 原作陣出達朗、原案・主演杉良太郎、製作ユニオン映画、1977年10月18日 - 1982年11月16日放映(連続テレビ映画)
    • 第56話『恨みは残る三味の糸』 : 監督西山正輝、1979年1月30日放映 - 脚本
    • 第61話『祭り囃子に来た男』 : 監督手銭弘喜、1979年3月6日放映 - 脚本
    • 第70話『津軽の女』 : 監督手銭弘喜、1979年6月19日放映 - 脚本
    • 第79話『涙の兄妹人形』 : 監督津島勝、1979年9月25日放映 - 脚本
    • 第84話『機織りの唄』 : 監督林伸憲、1979年10月30日放映 - 脚本
    • 第95話『悲涙、江戸の淡雪』 : 監督手銭弘喜、1980年1月22日放映 - 脚本
    • 第100話『風車の唄』 : 監督津島勝、1980年3月4日放映 - 脚本
    • 第102話『心中駒形河岸』 : 監督林伸憲、1980年3月18日放映 - 脚本
    • 第106話『涙ひとすじ義姉弟』 : 監督林伸憲、1980年4月15日放映 - 脚本
    • 第117話『情け深川祭り唄』 : 監督林伸憲、1980年10月7日放映 - 脚本
    • 第123話『愛の如来さま』 : 監督西山正輝、1980年11月18日放映 - 脚本
    • 第128話『鯨とりの詩』 : 監督林伸憲、1980年12月23日放映 - 脚本
    • 第140話『鴉は知っていた』 : 監督西山正輝、1981年3月2日放映 - 脚本
    • 第144話『あした咲く義兄弟』 : 監督田中重雄、1981年5月5日放映 - 脚本
    • 第147話『胸に灯す母の顔』 : 監督西山正輝、1981年7月14日放映 - 脚本
    • 第149話『哀しき異母兄弟』 : 監督小山幹夫、1981年8月4日放映 - 内田一作と共同で脚本
    • 第157話『娘観音津軽唄』 : 監督手銭弘喜、1981年10月20日放映 - 脚本
    • 第159話『江戸の渦巻』 : 監督西山正輝、1981年11月3日放映 - 福沢京子と共同で脚本
    • 第174話『涙の宮参り』 : 監督藤田保行、1982年2月16日放映 - 脚本
  • 『アルプスの少女ハイジ』 : 製作高橋茂人、企画瑞鷹エンタープライズ、監督中尾寿美子・高畑勲、原作ヨハンナ・スピリ、声の主演杉山佳寿子、製作瑞鷹エンタープライズ、配給東宝東和、1979年3月17日公開(映倫番号 19647) - 大川久男・佐々木守と共同で脚本
  • 半七捕物帳』 : 原作岡本綺堂、製作歌舞伎座テレビ、1979年4月3日 - 同年9月25日放映(連続テレビ映画)
    • 第20話『槍突き無情』 : 監督山田達雄、1979年8月14日放映 - 脚本

1980年代[編集]

テアトログラフィ[編集]

おもな一覧である[1][2]

ビブリオグラフィ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 吉田義昭青森県近代文学館、2015年5月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e いずみたく作曲・ミュージカル作品オールスタッフ、2015年5月22日閲覧。
  3. ^ 吉田義昭Webcat Plus, 2015年5月22日閲覧。
  4. ^ a b c d e Yoshiaki Yoshida(吉田喜昭と混同)Takaaki Yoshida, インターネット・ムービー・データベース (英語)、2015年5月22日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 吉田義昭吉田貴彰東京国立近代美術館フィルムセンター、2015年5月22日閲覧。
  6. ^ a b 吉田義昭文化庁、2015年5月22日閲覧。
  7. ^ a b c 吉田義昭KINENOTE, 2015年5月22日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j 吉田義昭allcinema, 2015年5月22日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g 吉田喜昭・吉田義昭(吉田喜昭と混同)吉田貴彰日本映画データベース、2015年5月22日閲覧。
  10. ^ a b 吉田義昭日本映画製作者連盟、2015年5月22日閲覧。
  11. ^ a b 吉田義昭東宝、2015年5月22日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 吉田義昭テレビドラマデータベース、2015年5月22日閲覧。
  13. ^ a b 年鑑[1967], p.325-333.
  14. ^ a b 信託者検索・名簿 よ日本脚本家連盟、2015年4月23日付、2015年5月22日閲覧。
  15. ^ アニメやぶにらみ 第10回 アニメライターの死雪室俊一スタジオ雄、2015年5月22日閲覧。
  16. ^ a b 萩元村木[1969], p.16.
  17. ^ a b 今野[2009], p.220.
  18. ^ 吉岡道夫 - 日本映画データベース、2015年5月22日閲覧。
  19. ^ しゃぶりつくせ第八芸術映画プロダクション高千穂映画センチュリー映画社、1965年2月公開。
  20. ^ a b 渡辺護「おれが南部泰三の助監督をやったやつは井川耕一郎、2013年8月25日付、2015年5月22日閲覧。
  21. ^ a b c d 渡辺護、監督デビュー作『あばずれ』(65)を語る渡辺護公式サイト、2015年5月22日閲覧。
  22. ^ a b c 渡辺護 はじまりから、最後のおくりもの。神戸映画資料館、2014年12月付、2015年5月22日閲覧。
  23. ^ a b 三一[1997], p.481.
  24. ^ 今泉陽子コトバンク、2015年5月22日閲覧。
  25. ^ a b 思いやり いのちのスケッチWebcat Plus, 2015年5月22日閲覧。
  26. ^ 渡辺護追悼 そして『たからぶね』の船出 Archived 2014年10月15日, at the Wayback Machine.、ユーロスペース、2015年5月22日閲覧。
  27. ^ フィルムリスト検索結果、デジタル・ミーム、2015年5月22日閲覧。
  28. ^ 中村[1980], p.395.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

画像外部リンク
日本拷問刑罰史
1964年10月27日公開
小森白プロダクション新東宝興業
しゃぶりつくせ
1965年2月公開
第八芸術映画プロダクション高千穂映画センチュリー映画社
あばずれ
1965年6月公開
扇映画プロダクション・新東宝興業)
紅壺
1965年6月公開
(扇映画プロダクション・センチュリー映画社)
紅壺
同上
(扇映画プロダクション・日本セントラル映画
情夫と情婦
1967年4月公開
渡辺プロダクション