井手俊郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井手 俊郎(いで としろう、1910年4月11日 - 1988年7月3日)は日本の脚本家。子はプロ野球・元中日ドラゴンズ選手の井手峻

来歴・人物[編集]

佐賀県北波多村徳須江出身。祖父・井手豊助は1890年(明治23年)の公選で初代北波多村長となり、父の金次郎は政友会を北波多村に建て村議となった。

旧制佐賀県立唐津中学(現・佐賀県立唐津東中学校・高等学校)を経て、官立東京高等工芸学校(現在の千葉大学工学部意匠科)を卒業する。

図案家・イラストレーターとしてフリーで活動していたが、戦時体制になってきたため定職につくことを考え、東宝宣伝部の招きに応じて入社。宣伝部から劇場担当に移ったあと兵役につく。敗戦後、会社に戻ると撮影所に配属され、プロデューサー助手となる。プロデューサーとして製作にかかわった1949年の『青い山脈』で監督が脚本家の台本を気に入らず、仕方なく脚本を執筆したところ採用されることとなり、これが脚本家デビューとなる[1]

東宝と関係が強かったため、松竹中村登監督作品には、権藤利英のペンネームを使って参加した。権藤利英の由来は打ち合わせに使っていた喫茶店ゴンドリエの名前である[2]

作品[編集]

映画 (脚本☆・脚色)[編集]

テレビドラマ[編集]

出典[編集]

  1. ^ 石坂洋次郎の『青い山脈』という小説を映画化することになりました。これを最後の仕事にしようと思って、脚色をシナリオライターのA氏に頼みました。ところが出来上がったシナリオが監督のB氏の気に入らないのです。別にむつかしい内容でも何でもない、通俗的な青春物なのに、どうしても二人の意見が合わない。(略)会社からせきたてられる。他のライターに頼もうとも思っても引き受けてくれる人はいません。(略)とうとう自分で小説の中から何となく面白そうなところだけを拾い出してつないでみました。(略)B氏に見せました。これでいこうということになりました。」(井手俊郎『シナリオ作家協会通信講座 テキスト9』4 - 5頁)
  2. ^ 小林久三『雨の日の動物園』キネマ旬報社、1984年、p.202