小泉喜美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小泉 喜美子
(こいずみ きみこ)
誕生 (1934-02-02) 1934年2月2日
東京府京橋区築地(現・東京都中央区築地)
死没 (1985-11-07) 1985年11月7日(満51歳没)
東京都新宿区
職業 小説家翻訳家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京都立三田高等学校
活動期間 1959年 - 1985年
ジャンル ミステリー翻訳
デビュー作 『弁護側の証人』
配偶者 生島治郎1959年 - 1972年
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

小泉 喜美子(こいずみ きみこ 1934年2月2日 - 1985年11月7日)は、日本推理作家翻訳家。旧姓杉山。東京都築地生まれ。

経歴[編集]

東京都立三田高等学校卒業後、英語力を活かしてジャパンタイムズに勤務。田村隆一の下訳を手がけ、早川書房に出入りし、当時同社の編集者(『ミステリマガジン』編集部)だった1歳上の小泉太郎(生島治郎)と知り合い、交際を経て25歳で結婚した。同年(1959年)には「我が盲目の君」を第1回EQMM短篇コンテストに応募し、準佳作に入選する。

職場で大量の原稿を読み、かつ帰宅後は自らの原稿を書かなければならなかった生島から「家の中で原稿を書かれると自分(生島)の神経が参ってしまう」という理由により原稿の執筆を禁じられていたが、約束を破って『弁護側の証人』を書き上げ、『オール讀物』ミステリ新人賞に応募したところ、入選は逸したものの選考委員の一人高木彬光の激賞により文藝春秋から単行本となった。

1972年に生島と離婚し、翌年に『ダイナマイト円舞曲』で再デビューしアーウィン・ショーなど重要な文学作品の翻訳のほか、ミステリなどで活躍した。その後も生島とは良き友人だったが、生島の再婚相手である韓国女性に関して差別発言があったために絶交される。

生島と別れた後に内藤陳と結ばれたが、やはり破局を迎えた。

しかし1985年、酒に酔っ払って新宿の酒場の階段から足を踏み外して転落し、脳挫傷を負って意識が戻らぬまま外傷性硬膜下血腫で他界した。享年51。

著作リスト[編集]

自著[編集]

  • 『弁護側の証人』(1963年 文藝春秋新社 / 1978年4月 集英社文庫 / 2009年4月 集英社文庫)
  • 『ダイナマイト円舞曲』(1973年 光文社 / 1980年12月 集英社文庫)
  • 『月下の蘭』(1979年10月 双葉社 / 1985年7月 徳間文庫
  • 『またたかない星』(1979年10月 集英社文庫 - コバルトシリーズ)
  • 『痛みかたみ妬み』(1980年6月 双葉社)
  • 『ミステリーは私の香水』(1980年11月 文化出版局 / 1985年7月 文春文庫
  • 『殺人はお好き?』(1981年1月 徳間文庫
  • 『幻想マーマレード』(1981年5月 太陽企画出版)
  • 『血の季節』(1982年2月 早川書房 / 1986年5月 文春文庫)
  • 『女は帯も謎もとく』(1982年2月 徳間書店
  • 『やさしく殺して』(1982年10月 鎌倉書房)
  • 『殺人はちょっと面倒』(1982年11月 中央公論社
  • 『メイン・ディッシュはミステリー』(1984年1月 新潮文庫
  • 『暗いクラブで逢おう』(1984年5月 徳間文庫)
  • 『ミステリー作家の休日』(1985年3月 青樹社)
  • 『男は夢の中で死ね』(1985年5月 光文社文庫
  • 『ミステリー歳時記』(1985年11月 晶文社
  • 『殺人は女の仕事』(1985年12月 青樹社)
  • 『死だけが私の贈り物』(1985年12月 徳間書店)
  • 『歌舞伎は花ざかり』(1985年12月 駸々堂出版)
  • 『殺さずにはいられない』(1986年6月 青樹社)
  • 『ブルネットに銀の簪』(1986年6月 早川書房)
  • 『時の過ぎゆくままに』(1986年10月 講談社 / 1990年1月 講談社文庫
  • 『太陽ぎらい』(2005年9月 出版芸術社)

共著[編集]

  • 『歌舞伎輪講』戸板康二、フランシス・コナー 小学館創造選書, 1980 鼎談

翻訳[編集]

  • バッド・シュールバーグ『何がサミイを走らせるのか?』新書館 1975
  • トニイ・ヒラーマン『死者の舞踏場』早川書房, 1975 のち文庫
  • P・D・ジェイムズ女には向かない職業』早川書房, 1975 のち文庫
  • ジョセフィン・テイ時の娘』早川書房、1975 のち文庫
  • ジュディス・ロスナー『ミスター・グッドバーを探して』早川書房, 1976 のち文庫
  • クレイグ・ライス『大はずれ殺人事件』ハヤカワ・ミステリ文庫, 1977
  • クレイグ・ライス『大あたり殺人事件』ハヤカワ・ミステリ文庫, 1977
  • ジェイムズ・マクルーア『ならず者の鷲』早川書房, 1979
  • アーウィン・ショー『ビザンチウムの夜』早川書房, 1979 のち文庫
  • アーウィン・ショー『小さな土曜日』早川書房, 1979 のち文庫
  • ドミニ・ワイルズ『九月の滑走路』光文社(カッパ・ノベルス) 1980 のち文庫 
  • ジェイムズ・クラムリー『さらば甘き口づけ』早川書房, 1980 のち文庫
  • マーシァ・ミュラー『人形の夜』講談社文庫, 1980
  • クレイグ・ライス『幸運な死体』ハヤカワ・ミステリ文庫, 1982
  • クレイグ・ライス『素晴らしき犯罪』ハヤカワ・ミステリ文庫, 1982
  • アビゲイル・ヴァン・ビューレン『アビーおばさんのアメリカ式人生相談』TBSブリタニカ 1982
  • ケイ・ノルティ・スミス『第三の眼』早川書房, 1983 のち文庫
  • P.D.ジェイムズ『皮膚の下の頭蓋骨』早川書房, 1983 のち文庫
  • ジェイムズ・エルロイ『秘密捜査』ハヤカワ・ミステリ文庫, 1984
  • レイモンド・チャンドラー『ベイ・シティ・ブルース』河出書房新社 1984 のち文庫
  • ルース・レンデル『荒野の絞首人』角川文庫 1985
  • ルース・レンデル『絵に描いた悪魔』角川文庫 1986
  • エリザベス・アイアンサイド『とても私的な犯罪』ハヤカワ・ミステリ文庫, 1986
  • P.D.ジェイムズ『黒い塔』ハヤカワ・ミステリ文庫 1994

関連項目[編集]