青い山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青い山脈』(あおいさんみゃく)は、石坂洋次郎によって書かれた男女交際を主題とした長編小説である。

概要[編集]

『青い山脈』は、1947年昭和22年)6月から10月の「朝日新聞」に連載された。連載後、同年に新潮社から書籍として出版され、現在新潮文庫形態販売されている。

物語は、東北地方港町を舞台に、若者の男女交際をめぐる騒動をさわやかに描いた青春小説である。『青い山脈』は、日本国憲法施行された翌月から連載され、民主主義を啓発させることにも貢献した。この時、すでに教育基本法(昭和22年法律第25号)と学校教育法(昭和22年法律第26号)も施行されていたが、『青い山脈』が連載された1947年度(昭和22年度)には学校教育法に基づく学校は、中等教育及び高等教育に関しては新制中学1年を除き、ほぼ皆無の状況であり、旧制の学校が「従前の規定による学校として存続」という状態であった。この小説は、従前の中等学校令(昭和18年勅令第36号)に基づく旧制・高等女学校高等学校令(大正7年勅令第389号)に基づく旧制・高等学校という中で書かれている。

作者の石坂洋次郎は、青森県立弘前高等女学校(現在の青森県立弘前中央高等学校)の教員であった。当時疎開中の女子学生達から聞いた学校生活をこの小説の題材にしたといわれている[1]

この作品を原作として1949年(昭和24年)には原節子主演の映画が製作され、大ヒットとなった。その3ヶ月前に発表された同名の主題歌(西條八十作詞、服部良一作曲)も高い人気を得た。更に1962年1966年1974年の3回に渡ってテレビドラマ化もされた。この映画作品などについては、『青い山脈』(映画)『青い山脈』 (テレビドラマ)』、「青い山脈(歌)」の項目を参照のこと。

あらすじ[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “東奥日報 新聞記事”. (2005年8月15日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]