女と味噌汁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
女と味噌汁
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1965年6月20日 - 1980年1月6日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
脚本 平岩弓枝
プロデューサー 石井ふく子
出演者 池内淳子
山岡久乃
長山藍子
テンプレートを表示

女と味噌汁』(おんなとみそしる)は、1965年平岩弓枝が『別冊小説新潮』に書き下ろした同名小説の映像化作品。

1965年からTBS系列の東芝日曜劇場枠でシリーズ化された人気テレビドラマとなり、1980年までに年2〜3本ベースで制作・放映され、全38話の映像が現存している。

1968年には映画作品としても製作されているが、主役の池内淳子山岡久乃長山藍子の3人は共通して同一のキャスティングで出演している。

テレビドラマ[編集]

あらすじ[編集]

新宿弁天下界隈で名を馳せる芸者のてまり(池内淳子)は、亡くなった母の借金を背負ったまま芸者になったが、いつしか自分の小料理屋を持つことを夢見ている。

その夢を叶えるべく、妹分の小桃(長山藍子)と共に座敷を上がった後、毎晩のように弁天池脇にライトバンで味噌汁とおにぎりの店を出す日々を過ごしていた。

そんなてまりと芸者仲間を取り巻く男達と花柳界を巡る人間模様を描く、基本的に一話完結型のラブロマンスドラマ。

花柳界に身を投じた女の人生観から捉える結婚・出産・死別といった局面の描き方は、長きに亘って一定の安定した視聴率を記録し、池内が『20%女優』との異名を得るきっかけを作った。

なお、東芝日曜劇場の単発ドラマとしての最後の作品『おんなの家』最終回にてまりと小桃が出演している。

スタッフ[編集]

  • 脚本:平岩弓枝
  • 演出:橋本信也→山本和夫
  • 音楽:平井哲三郎
  • 舞踊指導:藤間勘紫乃 / 花柳梅静
  • 小唄:三枡延八重 / 三枡延はま
  • 制作協力:テレパック東通
  • 衣装制作:銀座きしや
  • プロデューサー:石井ふく子
  • 製作著作:TBS

主なキャスト[編集]

はなのやで働く人々[編集]

  • 室戸千佳子(てまり):池内淳子(全シリーズに出演)
  • 小桃:長山藍子(全シリーズに出演)
  • 村井すが(はなのやのおかみ):山岡久乃(全シリーズに出演)
  • 小せん:佳島由季 (全シリーズに出演)
  • 染丸:桂由季子(その1~11・13に出演)
  • ぴん子:結城美栄子 - (その8・12・17~21・23~38に出演)
  • 金とき:一の宮あつ子 - (その12~38に出演)

はなのやを取り巻く人々[編集]

料亭とライトバンの常連客など[編集]

  • 佐山/大川:久松保夫
  • 小林:奥村公延
  • 伊藤:児玉謙次
  • 田中:光枝明彦
  • 井上:小池栄
  • 近江俊輔
  • 森本健介
  • 丸山詠二
  • 村上幹夫
  • 入江正徳
  • 料亭の仲居:輝山恵子

シリーズ 各話と主なゲスト[編集]

特記無き場合は全てカラー作品

  1. 1965年6月20日 - 女と味噌汁≪白黒放送≫:佐藤英夫長谷川裕見子加藤和恵
  2. 1965年9月12日 - 続・女と味噌汁≪白黒放送≫:川崎敬三萬代峯子松本典子金田龍之介
  3. 1966年1月9日 - 女と味噌汁 その3≪白黒放送≫:河内桃子木村功
  4. 1966年4月24日 - 女と味噌汁 その4≪白黒放送≫:原保美南美江
  5. 1966年8月7日 - 女と味噌汁 その5≪白黒放送≫:児玉清加藤嘉塩沢とき小林勝彦
  6. 1967年1月15日 - 女と味噌汁 その6:京塚昌子山本學三崎千恵子 ※東芝日曜劇場10周年記念作品でTBS初のカラー作品
  7. 1967年4月9日 - 女と味噌汁 その7≪白黒放送≫:伊志井寛成田光子磯野洋子
  8. 1967年7月23日 - 女と味噌汁 その8≪白黒放送≫:大出俊
  9. 1968年1月14日 - 女と味噌汁 その9:藤田まこと林隆三
  10. 1968年4月28日 - 女と味噌汁 その10≪白黒放送≫:尾上松緑東郷晴子
  11. 1968年8月18日 - 女と味噌汁 その11≪白黒放送≫:英太郎茅島成美
  12. 1969年1月5日 - 女と味噌汁 その12:田中春男加東大介円谷文彦
  13. 1969年4月20日 - 女と味噌汁 その13:平幹二朗青山哲也
  14. 1969年9月7日 - 女と味噌汁 その14:奈良原豊雄:藤岡琢也市川春代丹羽研二
  15. 1970年1月11日 - 女と味噌汁 その15:緒形拳中原ひとみ永井秀明
  16. 1970年5月10日 - 女と味噌汁 その16:山村聡大空眞弓山本陽子津嘉山正種 ※東芝日曜劇場700回記念番組
  17. 1970年10月4日 - 女と味噌汁 その17:菅野忠彦夏桂子
  18. 1971年1月3日 - 女と味噌汁 その18:水前寺清子松村達雄瑳川哲朗
  19. 1971年4月18日 - 女と味噌汁 その19:瑳川哲朗小坂一也
  20. 1971年7月25日 - 女と味噌汁 その20:長谷川哲夫寺田路恵下元勉石山葎雄
  21. 1971年10月3日 - 女と味噌汁 その21:長谷川哲夫、佐良直美
  22. 1972年1月9日 - 女と味噌汁 その22:小鹿みき
  23. 1972年6月11日 - 女と味噌汁 その23:二谷英明雪代敬子
  24. 1972年11月19日 - 女と味噌汁 その24:堺正章
  25. 1973年2月4日 - 女と味噌汁 その25:井上順坂上忍弓恵子
  26. 1973年7月8日 - 女と味噌汁 その26:井上順、中原ひとみ、坂上忍、上村香子
  27. 1973年11月11日 - 女と味噌汁 その27:山口崇、井上順、坂上忍、中原ひとみ
  28. 1974年5月12日 - 女と味噌汁 その28:勝呂誉沢田雅美
  29. 1974年10月6日 - 女と味噌汁 その29:藤間紫、山本學、丘さとみ ※サンフランシスコでのロケ収録有、その30との連話
  30. 1974年10月13日 - 女と味噌汁 その30:藤間紫、山本學、丘さとみ ※サンフランシスコロケ収録有
  31. 1975年4月6日 - 女と味噌汁 その31:宇津井健杉浦直樹、井上順、坂上忍、中原ひとみ下川辰平
  32. 1975年10月5日 - 女と味噌汁 その32:小野寺昭鷲尾真知子河村弘二
  33. 1976年4月4日 - 女と味噌汁 その33:篠田三郎仲谷昇
  34. 1976年10月10日 - 女と味噌汁 その34:菅原謙次前田吟遠藤周作
  35. 1977年10月30日 - 女と味噌汁 その35:林与一岡本信人
  36. 1978年5月7日 - 女と味噌汁 その36:尾藤イサオ、千秋実
  37. 1979年1月7日 - 女と味噌汁 その37:尾藤イサオ、千秋実
  38. 1980年1月6日 - 女と味噌汁 その38:竹脇無我、千秋実

映画[編集]

1968年2月14日公開。監督:五所平之助。カラー・シネマスコープ作品。製作:東京映画 、配給:東宝

封切りは「駅前シリーズ」の22本目『喜劇 駅前開運』(監督:豊田四郎、主演:森繁久弥)との併映だった。

基本的にはテレビドラマの設定を踏襲し、いくつかのエピソードのゲストをキャスティング変更してワンストーリーに仕上げている。

あらすじ[編集]

器量と気っ風の良さで知られる芸者のてまりは、いつしか自分の店を持つことを夢見て、妹分の小桃と座敷を上がった後にライトバンで味噌汁とおにぎりの店を営んでいた。

健気に生きている2人にも、やはり花柳界に生きる女の定めのように様々な男たちと行き交いすれ違う。

上司とのいざこざに悩み酔いつぶれた挙句てまりの家へ転がり込むサラリーマンの桐谷、久々の再会を果たした同級生の2人のうち、地味な下駄屋を継いで恵まれていないように見えた小川と親の会社で役員となり豪遊村田、そしててまりを娶ろうと心に誓う、眼科医の太田など、てまりにはなかなか心の休まる日が訪れない。

そんな中、咲村と名乗る男が北海道からてまりの弟と名乗って訪れ、小桃は一目惚れしてしまう。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

備考[編集]

  • 2010年9月26日に死去した池内の追悼作品として、2010年10月4日 15:55からTBSテレビで『女と味噌汁 その38』が放送された。
  • TV版・映画版ともにビデオ・DVDなどとして商品化されていない。
  • 2015年12月16日から2016年2月5日まで、BS12 トゥエルビにて全38話の再放送が行われた。
  • テレビドラマ版のテーマソングは毎回録り直されたものであり、テンポやアレンジ、長さが異なっている。また、弁天池のセットはその9以後毎回登場し、シリーズ途中からその傍でライトバンを出店している。