大当り三色娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大当り三色娘
監督 杉江敏男
脚本 井手俊郎
製作 杉原貞雄
出演者 美空ひばり
江利チエミ
雪村いづみ
音楽 神津善行
撮影 完倉泰一
配給 東宝
公開 日本の旗 1957年7月13日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 2億2740万円[1]
前作 ロマンス娘
次作 ひばり・チエミ・いづみ 三人よれば
テンプレートを表示

大当り三色娘』(おおあたりさんしょくむすめ)は、1957年に製作した日本映画。東宝初のシネマスコープ作品である。原作は中野実の「三色娘」。『ジャンケン娘』『ロマンス娘』に続く、「三人娘」シリーズ第三作。

併映は『琴の爪』(原作:真山青果。監督:堀川弘通)。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)138頁

外部リンク[編集]