白い闇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

白い闇』(しろいやみ)は、松本清張短編小説。『小説新潮』1957年8月号に掲載され、1957年8月に短編集『白い闇』収録の表題作として、角川書店(角川小説新書)より刊行された。

過去数度テレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

信子の夫の精一は、仕事で北海道に出張すると言って家を出たまま失踪した。精一の従弟・俊吉の助言に従い、夫の仕事関係の炭鉱会社に電報を打つが、北海道には一度も来ていないと返事が来る。信子は俊吉に結果を報告したが、俊吉は、実は精一には青森に田所常子という隠れた女がいる、と白状をはじめた。信子は青森に向かい女と対決するが、かえって田所常子に圧倒されてしまう。病人のようになって東京へ帰った信子を、俊吉はいたわるが、その二ヵ月後、思いがけない事件が発生する。

テレビドラマ[編集]

1959年版・1[編集]

1959年8月9日KRテレビ(現:TBS)系列の「東芝日曜劇場」枠(21:30-22:30)にて放映。

キャスト
スタッフ

1959年版・2[編集]

1959年9月5日9月12日フジテレビ系列の「スリラー劇場」枠(22:00-22:30)にて2回にわたり放映。

キャスト
スタッフ

1961年版[編集]

1961年6月5日6月12日TBS系列の「ナショナル ゴールデン・アワー」枠(20:30-21:00)、「松本清張シリーズ・黒い断層」の1作として2回にわたり放映。

キャスト
スタッフ

1962年版[編集]

1962年8月9日8月10日NHKの「松本清張シリーズ・黒の組曲」の1作として2回にわたり放映。

キャスト
スタッフ

1977年版[編集]

白い闇
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 21:55
放送期間 1977年6月26日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 坂崎彰
原作 松本清張『白い闇』
脚本 隆巴
プロデューサー 石井ふく子
出演者 吉永小百合
草刈正雄ほか
テンプレートを表示

1977年6月26日TBS系列の「東芝日曜劇場」枠(21:00-21:55)にて放映。視聴率21.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。DVD化されている。

キャスト
スタッフ

1980年版[編集]

松本清張の白い闇
十和田湖偽装心中
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:02 - 22:51
放送期間 1980年12月6日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 野村孝
原作 松本清張『白い闇』
脚本 柴英三郎
出演者 音無美紀子
速水亮ほか
テンプレートを表示

松本清張の白い闇・十和田湖偽装心中」。1980年12月6日テレビ朝日系列の「土曜ワイド劇場」枠(21:02-22:51)にて放映。視聴率23.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。1983年3月12日に、同じ土曜ワイド劇場枠で再放送された。

キャスト
スタッフ

1996年版[編集]

松本清張ドラマスペシャル
白い闇 十和田湖奥入瀬殺人事件
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 22:54
放送期間 1996年2月8日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
演出 木下亮
原作 松本清張『白い闇』
脚本 須川栄三
プロデューサー 鶴間和夫
大野晴雄
林悦子
出演者 大竹しのぶ
加勢大周ほか
テンプレートを表示

松本清張ドラマスペシャル・白い闇 十和田湖奥入瀬殺人事件」。1996年2月8日(21:00-22:54)、テレビ東京系列にて放映。

キャスト
スタッフ

2005年版[編集]

2005年7月2日テレビ朝日系列の「土曜ワイド劇場」枠(21:00-23:21)にて放映。松本清張黒革の手帖の続編としてアレンジされたドラマとなっている。

外部リンク[編集]

KRT(現:TBS)系列 東芝日曜劇場
前番組 番組名 次番組
浅草女房
(1959.8.2)
白い闇
(1959.8.9)
TBS系列 ナショナルゴールデンアワー
(松本清張シリーズ・黒い断層)
前番組 番組名 次番組
青のある断層
(1961.5.29)
白い闇
(1961.6.5 - 12)
-
TBS系列 東芝日曜劇場
前番組 番組名 次番組
同級生
(脚本:高橋正圀
(1977.6.19)
白い闇
(1977.6.26)
眠り人形
(脚本:向田邦子
(1977.7.3)
テレビ朝日系列 土曜ワイド劇場
前番組 番組名 次番組
化けた花嫁
(原作:カトリーヌ・アルレー
(1980.11.29)
松本清張の白い闇
十和田湖偽装心中
(1980.12.6)
昭和7年の姦通殺人鬼
(原作:浜尾四郎
(1980.12.20)