捜査圏外の条件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

捜査圏外の条件』(そうさけんがいのじょうけん)は、松本清張短編小説。『別册文藝春秋1957年8月号に掲載され、1957年12月に短編集『詐者の舟板』収録の1作として、筑摩書房から刊行された。

これまで3度テレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

銀行員の黒井忠男は、朗らかな妹の光子と2人で暮らしていた。6月の末、光子は墓参りのため田舎に行くと言い、そのまま失踪した。捜索願を出してから十日後、北陸の温泉旅館で、光子らしき人物が急死していると連絡が入る。黒井は遺体が紛れもなく光子であることを確認したが、光子は男と二人連れであり、男は光子が急死するやいなやその場を遁走したという。宿帳の筆跡と旅館で聞いた人相から、男が同じ銀行の笠岡勇市であると確信した黒井は、笠岡を呼び出す。笠岡は事実を認めたが、「どんなに殴られてもいい。その代り、このことを公表しないでくれ。公表されたら僕は破滅だ」と黒井に懇願する。笠岡の徹底した自己保身ぶりに黒井は憎悪、殺意を抱くに至った。しかし、自分が捕らえられたら何にもならない。自分を容疑の外に、捜査の圏外に置くため、黒井は遠大な計画を実行し始める。

テレビドラマ[編集]

1959年版[編集]

1959年10月3日フジテレビ系列の「スリラー劇場」枠(22:00-22:30)にて放映。

キャスト
スタッフ

1962年版[編集]

ドラマタイトル「不在証明」。1962年5月24日5月25日NHKの「松本清張シリーズ・黒の組曲」(22:15-22:45)の1作として2回にわたり放映。

キャスト
スタッフ

1989年版[編集]

松本清張スペシャル
捜査圏外の条件
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『捜査圏外の条件』
企画 小坂敬
脚本 宮川一郎
監督 田中登
出演者 古谷一行ほか
エンディング 竹内まりやシングル・アゲイン
製作
プロデューサー 嶋村正敏(NTV)
板橋貞夫(松竹)
林悦子(『霧』企画)
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1989年7月4日
放送時間 21:03 - 22:52
放送枠 火曜サスペンス劇場

1989年7月4日日本テレビ系列の「火曜サスペンス劇場」枠(21:03-22:52)[1]にて放映、フィルム作品。タイトルは「松本清張スペシャル・捜査圏外の条件」、サブタイトルは「不倫に殉じた妹よ!復讐の完全犯罪を謀る男が宇部の女に愛された時」。なお、原作でモチーフとして使われた「上海帰りのリル」は、本ドラマでは「神田川」に変更されている[2]。視聴率19.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ
  • 企画:小坂敬
  • プロデューサー:嶋村正敏(NTV)、板橋貞夫(松竹)、林悦子(『霧』企画)
  • 脚本:宮川一郎
  • 音楽:丸谷晴彦
  • 撮影:加藤正幸
  • 美術:西村伸明
  • 照明:高橋哲
  • 録音:川田保
  • 編集:河原弘志
  • 記録:宮下こずゑ
  • 装置:美建興業
  • 装飾:西村事務所
  • 衣裳:鈴木康之(松竹衣裳)
  • 効果:佐々木英世
  • 整音:山本逸美
  • 広報担当:難波佐保子
  • 助監督:中山博行
  • 制作主任:南條記良
  • 制作協力:エイコーテクニカ(現・映広
  • 協力:かとう企画
  • 現像・テレシネ:IMAGICA
  • 衣裳協力:ジャン・メール
  • 美術協力:JIS 日本情報システム株式会社
  • 音楽協力:日本テレビ音楽
  • 監督:田中登
  • 制作:松竹、『霧』企画

脚注・出典[編集]

  1. ^ 当日は19:00-20:54にプロ野球中継があり放送が30分延長された。そのため作品放送は実質21:33-23:22の放送である。
  2. ^ プロデューサー間での合意による。原作者は「神田川」や(歌い手の)かぐや姫を知らなかったが、この件は担当者に任せるとして軽く片付けた。林悦子『松本清張映像の世界 霧にかけた夢』(2001年、ワイズ出版)77-78頁参照。

関連事項[編集]

日本テレビ系列 火曜サスペンス劇場
前番組 番組名 次番組
六月の花嫁4
(1989.6.27)
松本清張スペシャル
捜査圏外の条件
(1989.7.4)
浅見光彦ミステリー6
唐津佐用姫伝説殺人事件
(1989.7.11)