宮川一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮川 一郎(みやがわ いちろう、1925年11月18日 - 2008年12月12日)は、日本の脚本家。本名は眞木壮介(まき そうすけ)。岐阜県飛騨市古川町出身[1][2]

経歴[編集]

東京大学文学部卒業後、新東宝企画部に入社[1][2]。助監督、宣伝担当、企画担当を経て、1957年の『鋼鉄の巨人』を皮切りに『隠密将軍と喧嘩大名』や『人形佐七捕物帖 裸姫と謎の熊男』『地獄』(中川信夫監督)などを執筆[1]。1961年の新東宝倒産時に同社を退社し[2]、中川信夫から「この男は使える」と東映に推薦され[2]、東大の先輩・岡田茂プロデューサーにホンを読んでもらったら「お前のシナリオは説教くさい。面白いとこだけつなげろ」と大蔵貢と同じことを言われ娯楽映画の本質を学び[2]、書き直して再提出し1963年に東映と契約した[1][2]。新東宝企画部の社員は宮川以外は全員、電通博報堂に行った[2]。新東宝では大蔵貢と二人で打ち合わせし、脚本が採用か不採用か決まったが[2]、東映では岡田茂の前でホン読みをするのにはビックリしたという[2]東映京都では『銭形平次捕物控』『天保遊侠伝 代官所破り』の他、『間諜』(原作も)など、東映の映画やテレビ時代劇を多数手掛けた。1968年フリー[1]。以降も映画・テレビのシナリオを量産した[2]

長男は映像プロデューサー兼ジェンコ代表取締役の真木太郎

作風[編集]

テレビ時代劇に大胆なアイデアを導入したプログラムピクチャーの名手。「水戸黄門」では印籠シーンや風車の弥七・風車手裏剣を起用[3]。同作第39部では第1話を担当し、亡くなる直前も最終回を執筆中だった。享年83。

脚本作品(映画)[編集]

  のちにスーパージャイアンツシリーズとなるヒット作の第一作。

  • 鋼鉄の巨人(1957年8月13日、新東宝)
  • 鋼鉄の巨人 怪星人の魔城(1957年10月1日、新東宝)
  • 鋼鉄の巨人 地球滅亡寸前(1957年10月8日、新東宝)
  • スーパージャイアンツ 人工衛星と人類の破滅(1957年12月28日、新東宝)
  • スーパージャイアンツ 宇宙艇と人工衛星の激突(1958年1月3日、新東宝)
  • スーパージャイアンツ 宇宙怪人出現(1958年4月28日、新東宝)
  • 隠密将軍と喧嘩大名(前後篇)(1958年9月7日、14日、新東宝)
  • スーパー・ジャイアンツ 悪魔の化身(1959年3月27日、富士映画)
  • スーパー・ジャイアンツ 毒蛾王国(1959年4月24日、富士映画)
  • 闘争の広場(1959年6月19日、新東宝)
  • 人形佐七捕物帖 裸姫と謎の熊男(1959年12月13日、新東宝)
  • 黒線地帯(1960年1月13日、新東宝)
  • 地獄(1960年7月30日、新東宝)
  • 東海道非常線警戒(1960年12月10日、新東宝)
  • 南郷次郎探偵帳 影なき殺人者(1961年4月19日、新東宝)
  • 黒と赤の花びら(1962年1月14日、佐川プロ
  • 狐雁一刀流(1963年5月8日、東映
  • 恋は神代の昔から(1963年6月2日、東映)
  • 銭形平次捕物控(1963年10月13日、東映)
  • 黒の盗賊(1964年12月24日、東映)
  • 大勝負(1965年5月8日、東映)
  • 怪談片目の狼(1965年9月4日、東映)
  • 天保遊侠伝 代官所破り(1965年10月24日、東映)
  • 野郎に国境はない(1965年11月13日、日活)
  • ギャング頂上作戦(1965年12月18日、東映)
  • 脅迫(おどし)(1966年2月17日、東映)
  • 関東やくざ嵐(1966年5月3日、東映)
  • 「空の起点」より 女は復讐する(1966年10月15日、テアトルプロ)
  • 逃亡列車(1966年12月24日、日活)
  • 男の顔は切札(1966年12月24日、日本電映
  • 侠客道(1967年5月3日、東映)
  • 侠客の掟(1967年10月10日、東映)
  • 眠狂四郎悪女狩り(1969年1月11日、大映)
  • めくらのお市物語 真っ赤な流れ鳥(1969年3月15日、京都映画
  • 殺すまで追え 新宿25時(1969年4月12日、松竹)
  • 七つの顔の女(1969年6月21日、松竹)
  • 喜劇 深夜族(1969年8月27日、松竹)
  • 刺客列伝(1969年12月6日、日活)
  • 悪名一番勝負(1969年12月27日、大映)
  • 女組長(1970年1月15日、大映)
  • 待ち伏せ(1970年3月21日、三船プロ
  • 喜劇 冠婚葬祭入門(1970年10月28日、松竹)
  • 藤圭子 わが歌のある限り(1971年7月10日、松竹)
  • 必殺仕掛人 梅安蟻地獄(1973年9月29日、松竹)
  • 反逆の旅(1976年9月4日、松竹)

脚本作品(TV)[編集]

ドラマ[編集]

時代劇[編集]

天知茂版(1979年、関西テレビ)
山崎努版(1995年、フジテレビ
中井貴一版(2013年、NHK BSプレミアム

刑事ドラマ・アクションドラマ[編集]

2時間ドラマ[編集]


帯ドラマ[編集]

漫画原作[編集]

シナリオ集[編集]

  • 宮川一郎脚本傑作選
  • 『宮川一郎の仕事 自選シナリオ集』ワイズ出版 2000

その他の著述[編集]

  • 『あした泣く』三笠書房 1978
  • 『微笑天使』三笠書房 1981

翻訳[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e #映画人、590頁
  2. ^ a b c d e f g h i j 桂千穂・掛札昌裕・宮川一郎・寺脇研「シンポジウム〔映像とシナリオのあいだ Part5〕 面白さの源流《新東宝映画》- 隠された日本映画史」、『シナリオ』2006年8月号、日本シナリオ作家協会、 59、64 - 65頁。
  3. ^ 赤田康和 (2009年7月7日). “「印籠」を考案 脚本家の遺志継ぐ 水戸黄門新シリーズ”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). オリジナル2009年7月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090708013818/http://www.asahi.com/showbiz/tv_radio/TKY200907070186.html 2018年12月13日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]