宮川一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮川 一郎(みやがわ いちろう、1925年11月18日 - 2008年12月12日)は、日本の脚本家。本名は眞木壮介(まき そうすけ)。岐阜県飛騨市出身。

略歴[編集]

東京大学卒業後、新東宝に入社。1950年代から娯楽映画の企画と脚本を手掛け、以後半世紀以上にわたり映画・テレビのシナリオを量産していった。

概要[編集]

テレビ時代劇に大胆なアイデアを導入した娯楽作品の名手。「水戸黄門」では印籠シーンや風車の弥七・風車手裏剣を起用。同作第39部では第1話を担当し、亡くなる直前も最終回を執筆中だった。享年83。

1957年7月公開の「鋼鉄の巨人」(新東宝)を皮切りに多くの映画作品の脚本を手掛けたプログラム・ピクチャーの名手。同社の時代劇では「隠密将軍と喧嘩大名」や「人形佐七捕物帖 裸姫と謎の熊男」などを執筆。1960年の「地獄」(中川信夫監督)。新東宝から他社にも仕事を広げ、東映京都では「銭形平次捕物控」「天保遊侠伝 代官所破り」の他、「間諜」(原作)など、大映京都で「眠狂四郎悪女狩り」「悪名一番勝負」を手掛けた。

長男は映像プロデューサー兼ジェンコ代表取締役の真木太郎

脚本作品(映画)[編集]

  のちにスーパージャイアンツシリーズとなるヒット作の第一作。


脚本作品(TV)[編集]

ドラマ[編集]

時代劇[編集]

天知茂版(1979年、関西テレビ)
山崎努版(1995年、フジテレビ
中井貴一版(2013年、NHK BSプレミアム

刑事ドラマ・アクションドラマ[編集]

2時間ドラマ[編集]


帯ドラマ[編集]

漫画原作[編集]

シナリオ集[編集]

  • 宮川一郎脚本傑作選
  • 『宮川一郎の仕事 自選シナリオ集』ワイズ出版 2000

その他の著述[編集]

  • 『あした泣く』三笠書房 1978
  • 『微笑天使』三笠書房 1981

翻訳[編集]

外部リンク[編集]