遺墨 (松本清張)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

遺墨』(いぼく)は、松本清張短編小説。『小説新潮』1979年3月号に『清張短篇新集』第11話として掲載され、1979年12月に短編集『隠花の飾り』収録の1作として、新潮社より刊行された。

1986年にテレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

速記者の向井真佐子は、その正確な速記が哲学者の呼野信雄に気に入られ、以後呼野の指名を受けるようになった。呼野は哲学の業績と同時に、東洋美術に関する平明なエッセイを書き、人気を博していた。真佐子は呼野から、速記だけでなく自宅で仕事を手伝ってもらえないかと依頼され、呼野の専従となった。呼野夫人は、夫の仕事に関心が薄く、世話もあまりしていないことがわかった。呼野は真佐子に心楽しそうに仕事を教えた。二人の間に愛情が生まれ、やがて外で密会を重ねるようになった。

一年ほどして呼野は自宅で倒れた。死を覚悟した呼野は真佐子を枕元に呼び、これまでのお礼・遺産分けとして、短文と墨絵による画帖を渡した。それで呼野が息をひきとっていたら、真佐子には美しい追憶が残されるはずであった。が…。

テレビドラマ[編集]

松本清張サスペンス 隠花の飾り
遺墨
ジャンル テレビドラマ
放送時間 22:00 - 22:54
放送期間 1986年6月9日
放送国 日本の旗 日本
制作局 関西テレビ
監督 河野宏
原作 松本清張『遺墨』
脚本 岩間芳樹
出演者 大滝秀治
岸田今日子ほか
テンプレートを表示

1986年6月9日関西テレビ制作・フジテレビ系列(FNS)の「松本清張サスペンス 隠花の飾り」(22:00-22:54)の1作として放映。

キャスト
スタッフ
関西テレビ制作・フジテレビ系列 松本清張サスペンス・隠花の飾り
前番組 番組名 次番組
箱根初詣で
(1986.6.2)
遺墨
(1986.6.9)
お手玉
(1986.6.16)