結婚式 (松本清張)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

結婚式』(けっこんしき)は、松本清張短編小説。1960年5月『週刊朝日別冊・陽春特別号』に掲載され、1963年10月に短編集『眼の気流』収録の1作として、新潮社より刊行された。

1963年・1989年にテレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

私・吉村と同期の新田徹吉は、新聞社を退社し独立、新しく広告取扱店を興した。私は新田夫婦から相談を受けていた。新田は堅気で頭のいい男だった。妻の元子はよく出来た女性で、捨て身になって夫に協力していた。10年が経ち、新田の店は、中堅の広告取扱店として押しも押されもせぬ地位を築いていた。ある日、私が新田の店に顔を出すと、受付の女性が変わっていた。20歳過ぎたくらいで彫りが深く、それまでにない美人だった。元子はその女性・佐伯光子を、いい女性としてしきりに褒めた。

それからしばらく経って、私は仕事上の宴会帰りにハイヤーに乗っていたが、ヘッドライトが前方に一組の男女を映し出し、私はあっと思った。確かに、新田徹吉と佐伯光子だった。もう少し確証を掴めたら、折を見て新田に、浮気を止めるよう忠告しようと私は思ったが、どうにも実際が掴めない。元子は相変わらず佐伯光子を可愛がっていた。しかし実は新田と光子の関係はその後も続いており、やがて元子にも露見する。

テレビドラマ[編集]

1963年版[編集]

1963年1月24日1月25日(22:15-22:45)、NHKの「松本清張シリーズ・黒の組曲」の1作として2回にわたり放映。

キャスト
スタッフ

1989年版[編集]

松本清張サスペンス
結婚式
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:03 - 22:52
放送期間 1989年9月21日
放送国 日本の旗 日本
制作局 読売テレビ
演出 鶴橋康夫
原作 松本清張『結婚式』
脚本 岸田理生
プロデューサー 難波誠一
上窪泰司
林悦子
出演者 浅丘ルリ子ほか

特記事項:
第27回ギャラクシー賞選奨受賞作品。
テンプレートを表示

松本清張サスペンス・結婚式」。1989年9月21日読売テレビ制作・日本テレビ系列の「木曜ゴールデンドラマ」枠(21:03-22:52)にて放映。視聴率21.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。第27回ギャラクシー賞選奨受賞作品。

キャスト
スタッフ
読売テレビ制作・日本テレビ系列 木曜ゴールデンドラマ
前番組 番組名 次番組
夢を食べた夫婦
(1989.9.14)
松本清張サスペンス
結婚式
(1989.9.21)