南條玲子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なんじょう れいこ
南條 玲子
生年月日 (1960-07-12) 1960年7月12日(62歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
職業女優
活動期間 1982年 - 1998年
活動内容 映画、テレビドラマ
主な作品
映画
幻の湖』(1982年)
テンプレートを表示

南條 玲子(なんじょう れいこ、1960年7月12日[1] - )は、東京都出身[1]の元女優

来歴・人物[編集]

中学生の時から陸上競技を始め[1]都立文京高校時代には陸上部に所属し、幅跳びと高跳びを得意とした。高跳びでは1m55cmの記録を持っている[1]清泉女子大学英文科一年在学中[2]の1979年、資生堂の月刊誌「花椿」が表紙モデルを募集しているのを知って応募[2]。6000人の中から翌1980年の表紙に登場する12人に選ばれた(南條は1月号の表紙を飾った)。その後まもなく芸能プロダクションに所属し、文学座の研究生として演技の基礎を学んだ[3]。1980年秋、東宝創立50周年記念映画『幻の湖』(原作・脚本・監督:橋本忍。公開は1982年9月11日)のオーディションに参加。応募者1627名の中から主役の座を射止め、女優として本格的にデビューした[4]。この時に大学は一時休学していたが、その後しばらく女優の仕事に恵まれなかったため、後に復学[4]。大学ではイギリスの詩人、ジェラード・マンリ・ホプキンスを研究していた[4]ことで、卒業後は翻訳の仕事に就くことも考えていたが、「やり終えて満足感が残るような仕事は女優だけ」と思い直し、後に女優業に復帰[4]。「週刊宝石」(光文社)1982年5月15日号に掲載されたデビュー直後のデータは、身長163センチ、B83・W57・H88。1980年代後半から1990年代前半にかけて、2時間ドラマなどを中心に活躍した。また、映画『別れぬ理由』、2時間ドラマ『ポルノ女優小夜子シリーズ』などで惜しみなくヌードを披露するなど、美貌ながらもハードな濡れ場をこなす女優として知られた。 現在は芸能界を引退している。

出演[編集]

ヒロイン役は太字

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティー番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 河北新報 1987年2月3日朝刊 20面「登場」コーナー
  2. ^ a b 週刊テレビ番組(東京ポスト)1987年1月23日号「プロフィール」48頁
  3. ^ 小学館「GORO」1980年2月28日号、P32「モデルから女優へ~夢をグローイングアップさせる南條玲子の挑戦魂」
  4. ^ a b c d 河北新報 1984年8月28日朝刊 16面「登場」コーナー