GORO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

GORO』(ゴロー)は、小学館1974年から1992年に発行していた20歳代をターゲットにした総合男性誌。

概要[編集]

  • 毎月第2・第4木曜日発売の月2回刊であった。
  • 女性グラビア新車情報、女性の口説き方のノウハウ、漫画まで多彩な情報を詰め込んだ内容となっていた。このため、1970年代1980年代の若者の流行や風俗、考え方を知る上で貴重な資料となっている。
  • 篠山紀信激写シリーズは、この雑誌に掲載されていたものである。
  • 毎号、アイドルのポスターが付属していた。

歴史[編集]

  • 1974年6月13日に創刊され、1992年1月1日に最終号が発行されるまで、全422号が発行された。
  • 創刊号には、デヴィ夫人のヌードが掲載されている。
  • 1980年代後半に入ると、ヌード専門誌、自動車専門誌サブカルチャー専門誌といった雑誌の細分化が進んだこと、バブル景気の流れの中で若者の流行や考え方が多様になったことなどの要因が重なり、総合誌の体裁を採っていた『GORO』のポジションは曖昧になった。次第に販売部数が減り、やがて廃刊に追い込まれた。
  • 最終号の表紙をだれが飾るかは、フジテレビの『TVブックメーカー』でベッティングの対象となった。最終号の表紙は宮沢りえであった。
  • 発行元の小学館からは、『GORO』廃刊から7年4か月後、『GORO』同様のコンセプトの男性向け総合情報誌『サブラ』が創刊されたが、こちらも2010年3月号をもって廃刊となった。

関連項目[編集]