ゲーム・オン!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゲーム・オン!』(GAME-ON!)は、小学館1993年1996年に刊行していた総合ゲーム雑誌。1993年12月3日に1・2月号として創刊。1996年12月号を最後に休刊。

概要[編集]

本誌の創刊は、小学館が1988年11月から1994年2月まで刊行していた『月刊PCエンジン』が前身という流れがあり、当時他社のハードの隆盛によりPCエンジン市場に陰りが見えていたことや、1994年にはPC-FX3DOプレイステーションセガサターンなどの多数の次世代ゲーム機の発売を控え、新ゲーム雑誌の創刊ラッシュ[1]もあったことから、これに危機感を覚えた小学館は、刊行中だったPCエンジン専門誌『月刊PCエンジン』の編集部をそのまま移行させてゲーム総合誌である本誌を1993年12月3に新創刊する。

誌面構成は、前身である月刊PCエンジンでは左開きの横書きだったが、本誌では右開きの縦書きに変更された。内容もゲームの紹介よりもメーカーとのタイアップ企画の重視路線が取られ、以前より関係の深かったレッドカンパニー(現・レッド・エンタテインメント)の読者参加企画や、スクウェア(現・スクウェア・エニックス)と共同開発した『ライブ・ア・ライブ』(スーパーファミコン)、BPS(販売)やレッドカンパニー(開発)と共同で企画した『超魔法大陸WOZZ』などの企画を相次いで仕掛けていた。また、漫画や小説の連載もあった。1994年末にプレイステーションやセガサターンなど次世代ゲーム機の発売後にはこれらのハードの記事の量も増えていくことになる。

既存の読者の反発と流出[編集]

本誌は『月刊PCエンジン』の編集部をそのまま移行させて製作という形を取ったために、月刊PCエンジンは当時PCエンジン専門誌としてはトップシェアだったにもかかわらず1994年3月号をもって廃刊終了の措置が執られた。創刊後の初年度の本誌記事の半分以上は、当時人気だったスーパーファミコン用ソフトの紹介に割かれたことから、これにより実質的に小学館から刊行される雑誌からPCエンジン関連の記事の量は大幅減となった。この経緯に反感を覚えたPCエンジンユーザーだった既存の読者は本誌へは移行せず、他の刊行中だったPCエンジン専門誌『電撃PCエンジン』(現・『電撃G's magazine』)や『PC Engine FAN』などへの流出という事態を少なからず招いてしまった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1993年9月に講談社が『覇王』(後の『覇王マガジン』)を創刊してゲーム雑誌に参入など。