ゲッサン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲッサン
MONTHLY SHONEN SUNDAY
ジャンル 少年漫画雑誌
読者対象 男性
刊行頻度 月刊(毎月12日)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 550円(税込)
出版社 小学館
編集部名 ゲッサン編集部
発行人 横田清佐上靖之[1]
編集長 市原武法[1]
雑誌名コード 357
刊行期間 2009年5月12日[2](同年6月号) -
レーベル 少年サンデーコミックス
ウェブサイト ゲッサンWEB

ゲッサン』(月刊少年サンデー、MONTHLY SHONEN SUNDAY、GET THE SUN! )は小学館が発行する日本月刊少年漫画雑誌2009年5月12日創刊[2]。毎月12日発売[3]

概要[編集]

2009年(平成21年)5月12日[2]に同年6月12日発行の6月号として創刊。『週刊少年サンデー(WS)』の編集長である林正人が同誌の編集長と兼任で創刊編集長を務めた。ただし創刊企画者で後に2代目の編集長となる市原武法が創刊時より編集長代理を務めており[4]、当初から市原が次期編集長に就任する予定であった[5]。創刊号に掲載された創刊挨拶も市原が執筆している[4]

創刊号は28万部、ターゲットは中高生以上を中心として幅広い年齢層としている[6]

創刊に先立ち2009年2月25日には公式サイト『ゲッサンWEB』を設立し[7]、3月4日発売[8]の『WS』2009年14号でカラーの折り込み告知を行なった。公式サイトでは発売に向けて毎週水曜日に更新を行ない、徐々に創刊号での執筆陣および掲載作品を発表して行った[9]。創刊前より「漫画力絶対主義」をキャッチコピーとして使用[10]。また「男の子が自立するために絶対必要なふたつのキーワード」としてアイデンティティー「勇気」を掲げている[4]。マスコットキャラクターとしては『WS』と同じ、Sマークのヘルメットをかぶったナマズが使用されている。創刊時には首都圏などの電車内で横2連の吊り広告を実施した(レイアウトはQあんどAのカットとキャッチコピーを中央に配置し、掲載作家名を左右に並べ、中央下部にポログラム貼りした本誌名を大見出しにしたもの)。

『サンデー』系列の少年誌としては長年週刊少年サンデー超等の『WS』の増刊号を月刊・隔月刊で定期発行しているが、独立誌としての月刊発行は1974年(昭和49年)に休刊した『別冊少年サンデー』以来35年振りとなる。なお、この増刊誌と『ゲッサン』には特に前身誌といった関係はない。本誌の創刊により『ジャンプ』・『マガジン』・『サンデー』・『チャンピオン』の全ての週刊少年漫画雑誌が同名の月刊誌を持った経験を有する事となった。

連載作品の外伝などのオリジナル作品を掲載するなど、積極的なサイト展開を予定している[11]。2011年7月に、連載作品の「ここが噂のエル・パラシオあおやぎ孝夫)」が同年秋からテレビドラマ化されることが本誌2011年8月号で発表され(後にドラマ24枠で10月7日から放送されることが決定)、本誌初の映像化作品となる。

公式サイト『ゲッサンWEB』では作品紹介のページに作家や編集部への感想や、要望などのファンメールが簡単に受け付けられるようにメールフォームが設置されている。なお、『WS』の公式サイトである『サンデーWEB』でも同様に作られており読者からの声を受け付けている。

『サンデー』系列の雑誌の中でも、特に新人育成に力を入れている雑誌で、月例賞である「GET THE SUN 新人賞」で受賞した新人作家の読切を積極的に掲載したり、連載させたりしている。また、2013年4月号より新人作家の読切を中心とした別冊付録「ゲッサンmini」を定期的に付録として付けるようになっている。

刊行より定価は500円であったが、2014年1月号(発売は前年12月)から550円へ値上げされた。また、増税に伴い2014年4月からは定価566円となる。

歴代編集長[編集]

  1. 林正人:2009年6月号(第1巻第1号、通巻1号、創刊号) - 2010年8月号(第2巻第8号、通巻15号)
  2. 市原武法:2010年9月号(第2巻第9号、通巻16号) - 現職[注 1][注 2]

連載漫画[編集]

  • 連載中の作品については太字で表記。
  • 最左列の通し番号は便宜的な物であり意味を持たない。
  • 開始号・終了号については年数と号数を「.」で区切って示す。
    • 例:2009年6月号 → 2009.06
  • 本一覧はソート可能なテーブルを使用している。
    • デフォルトでの表示順は連載開始順。開始号が同じ場合には掲載順とした。
    • 「作品名」・「作者(作画)」・「原作者など」の3列は五十音順にソートされる。
    • ソート時の便宜のため「見出しの用の行」をデータに混在させている。この見出し行は昇順ソート時にのみ正確に働き、昇順ソート時に末尾に移動した行はそのソート条件では意味を持たない。例えばデフォルト時に末尾にある「連載中」の見出し行にはその状態では意味はなく、終了号列で昇順ソート時にのみ意味を持つ。
    • ソート結果をデフォルト状態に戻すには、最左列で昇順でソートする。
2014年1月(2月号)現在連載中 見出し(非データ)
作品名 作者(作画) 原作者など 開始号 終了号 注記
00 2009年 2009.00 2009.00
01 きゆうあんとええ
QあんどA
あたち みつる
あだち充
2009.06[注 3] 2012.04
02 あすまんかたいおうほしゆうへん
あずまんが大王・補習編
あすま きよひこ
あずまきよひこ
2009.06[注 3] 2009.08 短期集中連載
03 よしとおさま
よしとおさま!
しい はるか
四位晴果
2009.06[注 3] 3000.01連載中
04 つきのへひすいこてんいふん
月の蛇 〜水滸伝異聞〜
なかみち ひろお
中道裕大
2009.06[注 3] 2012.02
05 あおいほのお
アオイホノオ
しまもと かすひこ
島本和彦
2009.06[注 3] 3000.01連載中 ←『週刊ヤングサンデー』より移籍
06 あさきろ
アサギロ 〜浅葱狼〜
ひらまつ みのる
ヒラマツ・ミノル
2009.06[注 3] 3000.01連載中
07 しのひのくに
忍びの国
はんの むつみ
坂ノ睦(作画)
わた りょう
和田竜(原作)
2009.06[注 3] 2011.03 ゲッサンルーキーファイルNo.001
08 ここかうわさのえるはらしお
ここが噂のエル・パラシオ
あおやき たかお
あおやぎ孝夫
2009.06[注 3] 2013.09 2011年10月よりテレビドラマ化
09 たいさんせかいのなかい
第三世界の長井
なかい けん
ながいけん
2009.06[注 3] 3000.01連載中
10 いほんぬとあそほう
イボンヌと遊ぼう!
あらい ともゆき
荒井智之
2009.06[注 3] 2011.11 ゲッサンルーキーファイルNo.002
11 まねこい
まねこい
もり たいし
モリタイシ
2009.06[注 3] 2012.03
12 まことのおうしやりあるていいるちやんぴおん
マコトの王者 〜REAL DEAL CHAMPION〜
ふくい あしひ
福井あしび
2009.06[注 3] 2011.11 ゲッサンルーキーファイルNo.003
13 けんりよくのいぬほりすわん
権力の犬、ポリスワン!
すきもと へろ
杉本ペロ
2009.06[注 3] 2010.04
14 りんとはあく
リンドバーグ
あんとんしく
アントンシク
2009.06[注 3] 2013.05
15 かくしんおううえろむしか
楽神王 〜vero musica〜
よした まさのり
吉田正紀
2009.06[注 3] 2010.12
16 さひいちすたあす
ザ!! ビーチスターズ
もりお まさひろ
森尾正博
2009.06[注 3] 2010.05 ←『週刊ヤングサンデー』より移籍
17 のふなかこんつえると
信長協奏曲
いしい あゆみ
石井あゆみ
2009.06[注 3] 3000.01連載中 ゲッサンルーキーファイルNo.004
18 はれるやおおはあとらいふ
ハレルヤオーバードライブ!
たかた こうたろう
高田康太郎
2009.07 3000.01連載中 ゲッサンルーキーファイルNo.005
19 なんはあわんかいとう
NO.1海童
なるみ あみや
鳴海アミヤ
2009.08 2010.05 ゲッサンルーキーファイルNo.006
20 いつかおまえとしるはを
いつかおまえとジルバを
よこやま ゆうし
横山裕二
2009.08 2011.08 ゲッサンルーキーファイルNo.007
21 とあるひくうしへのついおく
とある飛空士への追憶
おかわ まいこ
小川麻衣子 (作画)
いぬむら ころ く
犬村小六(原作)
2009.09 2011.03 ゲッサンルーキーファイルNo.008
22 わるつ
Waltz
おおすか めくみ
大須賀めぐみ (作画)
いさか こうたろう
伊坂幸太郎 (原作)
2009.11 2012.03
22.5 2010年 2010.00 2010.00
23 ほくらのかふとん
ぼくらのカプトン
あすま よしお
あずまよしお
2010.04 3000.01連載中
24 いもうとせんせいなきさ
妹先生 渚
むらえた けんいち
村枝賢一
2010.05 2014.05
25 ふるすいんく
FULL SWING
まつせ たいち
マツセダイチ (作画)
ふろんそん
武論尊(原作)
2010.06 2012.05 ゲッサンルーキーファイルNo.009
26 はれつとああまあす
BULLET ARMAS
もりちや
森茶
2010.07 2012.11 ゲッサンルーキーファイルNo.010
27 いつかそらから
いつか空から
にしもり ひろゆき
西森博之
2010.08 3000.01連載中 不定期連載
28 はれてるよしやんほりいぬ
バレてるよ!ジャンボリーヌ
かんは まゆこ
かんばまゆこ
2010.10 2012.01 ゲッサンルーキーファイルNo.011
29 あいとるええす
アイドルA
あたち みつる
あだち充
2010.11 3000.01連載中 ←『週刊ヤングサンデー』より移籍
不定期連載
29.5 2011年 2011.00 2011.00
30 てつかくれとら
鉄楽レトラ
さはら みす
佐原ミズ
2011.05 3000.01連載中
31 ちろり
ちろり
こやま あいこ
小山愛子
2011.07 3000.01連載中
32 つうるとほんやさん
ツール・ド・本屋さん
よこやま ゆうし
横山裕二
2011.09 3000.01連載中
33 こころてつさん
ココロ、デッサン
せと みくも
瀬戸ミクモ
2011.10 2012.01 短期集中連載
34 ときさかさんはほくとちきゆうにきひしすきる
時坂さんは僕と地球に厳しすぎる。
たなか ほさな
田中ほさな
2011.10 2014.02
34.5 2012年 2012.00 2012.00
35 たけをちやんふつかいろく
タケヲちゃん物怪録
とよた みのる
とよ田みのる
2012.01 3000.01連載中
36 ろくのとりかあ
6のトリガー
たり
TALI
2012.02 2013.09
37 あやしや
あやしや
はんの むつみ
坂ノ睦
2012.03 3000.01連載中
38 はひよんのかせ
パピヨンの風
なかはら かいへい
中原開平
2012.03 2012.06 短期集中連載
39 ひとりほつちのちきゆうしんりやく
ひとりぼっちの地球侵略
おかわまいこ
小川麻衣子
2012.04 3000.01連載中
40 あたんたい ようかいえしろくはなのにしきえ
アダンタイ 妖怪絵師録花錦絵
さえき こうのすけ
佐伯幸之助
2012.05 2013.03
41 みつくす
MIX
あたち みつる
あだち充
2012.06 3000.01連載中
42 きんのおう
銀の王
なるみ あみや
鳴海アミヤ
2012.07 2012.10 短期集中連載
43 うあにらふいくしよん
VANILLA FICTION
おおすか めくみ
大須賀めぐみ
2012.09 3000.01連載中
44 ふらつていいろおす
Bloody Rose
うめうち そうた
梅内創太
2012.12 2013.03 短期集中連載
44.5 2013年 2013.00 2013.00
45 けつようひはにけんから
月曜日は2限から
さいとう ゆう
斉藤ゆう
2013.01 3000.01連載中
46 くちひるにうたを
くちびるに歌を
もりたいし
モリタイシ(作画)
なかた えいいち
中田永一(原作)
2013.04 3000.01連載中
47 ほうかこさいころくらふ
放課後さいころ倶楽部
なかみち ひろお
中道裕大
2013.04 3000.01連載中
48 あおにのそらにりゆうはなく
あおにの空に竜は哭く
せと みくも
瀬戸ミクモ
2013.04 2014.02
49 きりさきうおるたあ
切り裂きウォルター
なかはら かいへい
中原開平
2013.04 2014.02
50 からかいしようすのたかきさん
からかい上手の高木さん
やまもと そういちろう
山本崇一朗
2013.07 3000.01連載中 ゲッサンminiにて連載
51 ふたつきのきよおこちやん
ふだつきのキョーコちゃん
やまもと そういちろう
山本崇一朗
2013.09 3000.01連載中
52 れみせらふる
レ・ミゼラブル
あらい たかひろ
新井隆広(作画)
ゆうこお ひくとる
ヴィクトル・ユーゴー(原作)
2013.10 3000.01連載中
53 しゆうまつふうきいいんかい
終末風紀委員会
くまかい ゆうき
熊谷祐樹
2013.11 3000.01連載中
53.5 2014年 2014.00 2014.00
54 とんはるはつつあのむすこたち
ドン・バルバッツァの息子達
うめうち そうた
梅内創太
2014.05 3000.01連載中 短期集中連載
99 連載中 5000.00 3000.00

連載小説[編集]

発行部数[編集]

発行部数(2011年1月以降)(社団法人日本雑誌協会
1〜3月 4〜6月 7〜9月 10〜12月
2011年 48,667 部 46,334 部 45,000 部 43,667 部
2012年 42,667 部 60,667 部 65,667 部 65,000 部
2013年 48,000 部 48,000 部 48,000 部 44,334 部

新人賞[編集]

小学館新人コミック大賞」の少年部門が対象になるほか、月例賞として「GET THE SUN 新人賞」を開催している。「GET THE SUN 新人賞」は、通巻号数と同回の応募締め切りが発売日にあり、締め切り月から2ヶ月後に発表される(例えば、通巻47号の発売日である2013年3月12日に第47回募集締め切り、同年5月発表[12])。第45回までの時点で[注 4]グランプリの受賞者は1人も出ていないが、準グランプリを受賞した7人の内から、森茶、マツセダイチ、中原開平、熊谷祐輝が既に連載デビューしている。

小学館新人コミック大賞 本誌でデビュー済みの入賞者[編集]

  • 佐伯幸ノ助(第65回 少年部門 入選)
  • 梅内創太(第66回 少年部門 入選)
  • 田岡りき(第67回 少年部門 入選)
  • 佐和ヒサシ(第67回 少年部門 入選)
  • 山本崇一朗(第69回 少年部門 佳作)
  • 門司雪(第70回 少年部門 入選)
  • Mizumo(第71回 少年部門 佳作)
  • きゅっきゅぽん(第71回 少年部門 入選)
  • ゆずチリ(第72回 少年部門 入選)
  • 源素水(第72回 少年部門 佳作)
  • 晴十ナツメグ(第73回 少年部門 佳作)

GET THE SUN 新人賞 本誌でデビュー済みの入賞者[編集]

  • 森茶(第1回 準グランプリ)
  • 梅内創太(第1回 佳作)
  • マツセダイチ(第3回 準グランプリ)
  • 瀬戸ミクモ(第3回 佳作)
  • 田中優樹(第4回 佳作)
  • かんばまゆこ(第4回 選外佳作、第7回 佳作)※受賞時のペンネームは神庭麻由子
  • 雪丸(第4回 選外佳作、第9回 準グランプリ)
  • 秋山直之(第5回 佳作)
  • 田岡りき(第5回 佳作)
  • 佐和ヒサシ(第8回 佳作)
  • TALI(第12回 選外佳作)※受賞前に『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)にてデビュー済み
  • 中原開平(第18回 準グランプリ)
  • 美里あづさ(第18回 選外佳作、第22回 選外佳作、第27回 選外佳作、第29回 佳作)※受賞時のペンネームは古屋梓
  • 斉藤ゆう(第20回 佳作)
  • 山本崇一朗(第27回 佳作)
  • 熊谷祐樹(第34回 準グランプリ)
  • きゅっきゅぽん(第35回 選外佳作、第36回 佳作、第42回 準グランプリ)
  • ゆずチリ(第39回 選外佳作、第44回 準グランプリ)
  • 小林安曇(第50回 佳作)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 創刊号から編集長代理を務めていた。
  2. ^ 2014年1月11日現在。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 創刊号。
  4. ^ 2013年3月12日現在。

出典[編集]

  1. ^ a b 「奥付」、『ゲッサン』第5巻第1号、小学館2012年12月12日
  2. ^ a b c 週刊少年サンデー』2009年23号(5月20日号、第51巻第22号、通巻2926号)小学館、160頁と161頁の間の折り込み。
  3. ^ 『ゲッサン』2009年6月号、760頁(表4)。
  4. ^ a b c 市原武法「創刊によせて」『ゲッサン』2009年6月号(第1巻第1号、通巻1号) 小学館、6月12日発行、753頁。
  5. ^ 松谷創一郎 (2009年4月23日). “あずまきよひこも参戦! 月刊サンデー“ゲッサン”に勝機あり?”. 日経トレンディネット. 日経BP. 2009年5月13日閲覧。
  6. ^ 月刊少年サンデー「ゲッサン」創刊”. YOMIURI ONLINE. 読売新聞 (2009年5月25日). 2009年5月28日閲覧。
  7. ^ 市原武法 (2009年2月25日). “ゲッサンからのごあいさつ”. ゲッサンWEB. 小学館. 2009年5月12日閲覧。
  8. ^ 「2009年3月11日号 CONTENTS」『週刊少年サンデー』2009年13号(3月11日号、第51巻第12号、通巻2916号)466頁。
  9. ^ この段落は『週刊少年サンデー』2009年14号(3月18日号、第51巻13号、通巻2917号)144頁と145頁の間の折り込み を参照。
  10. ^ 『週刊少年サンデー』2009年14号、144頁と145頁の間の折り込み。
  11. ^ 『ゲッサン』2009年6月号、288頁
  12. ^ 「第44回GET THE SUN新人賞発表&第47回募集のお知らせ」、『ゲッサン』第5巻第3号、小学館2013年2月12日、 551頁。

関連項目[編集]

  • Fellows!(現在は『ハルタ』) - エンターブレイン発行の隔月刊漫画誌。「信長協奏曲」と『Fellows!』連載の「乙嫁語り」のコラボレーション企画『乙嫁コンツェルト』の一環として、『ゲッサン』2012年3月号に『Fellows!』掲載作家25人による合作漫画「フェローズのできるまで」が掲載された。これを機に、合同でイベントやサイン会を開くなど、定期的にコラボ企画を行っている。

外部リンク[編集]