からかい上手の高木さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
からかい上手の高木さん
ジャンル ラブコメディギャグ学園日常
漫画
作者 山本崇一朗
出版社 小学館
掲載誌 ゲッサンmini
ゲッサン
レーベル ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル
発表号 2013年7月号付録 -
2016年8月号 - 連載中
巻数 既刊6巻(2017年8月10日現在)
スピンオフ漫画
漫画:恋に恋するユカリちゃん
原作・原案など 山本崇一朗
作画 寿々ゆうま
出版社 小学館
掲載誌 ゲッサン
発表号 2017年8月号 - 連載中
漫画:からかい上手の(元)高木さん
原作・原案など 山本崇一朗
作画 稲葉光史
出版社 小学館
掲載サイト MangaONE
発表期間 2017年7月15日 -
アニメ
原作 山本崇一朗
放送局 未定
放送期間 2018年 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

からかい上手の高木さん』(からかいじょうずのたかぎさん)は、山本崇一朗による日本少年漫画

概要[編集]

ゲッサン』(小学館)の付録小冊子『ゲッサンmini』において、2013年7月号から連載開始。『ゲッサン』本誌で連載していた『ふだつきのキョーコちゃん』が2016年7月号で完結した後、『ゲッサン』に移籍して2016年8月号から定期掲載となった。

中学校の同級生同士である「西片くん」と「高木さん」のやりとりを描くラブコメディ。高木さんが西片くんをからかい、西片くんが高木さんに仕返しをしようとするが、高木さんはそれを上手く躱してしまう、という2人の関係性を軸に、西片くんの視点から描かれている。各話を繋ぐ明確なストーリーは無く、西片くんと高木さんの間のひとつの出来事が一話に収められている。第2回次にくるマンガ大賞にノミネートされ、18位にランクインしている[1]

日本の田舎町、およびそこにある中学校が舞台となっているが、作品中の事物にも作者自身の発言にも、具体的な場所を指し示す言及はない。山本による他の作品、『ふだつきのキョーコちゃん』、『あしたは土曜日』は本作品と同じ舞台の中で描かれている[2]。『ふだつきのキョーコちゃん』の舞台は高校になっているが、『あしたは土曜日』の舞台は同じ中学校で、その主人公である3人の女の子たち(ミナ、ユカリ、サナエ)と西片くんと高木さんは同じクラスである。

『ゲッサン』2014年6月号に、本作のパイロット版といえる同タイトルの読み切りが掲載されている。主要な登場人物の名前も高木さんと西片くんで連載版と同じであるが、高木さんの顔が連載版よりもいじわるそう[3]に描かれている。単行本第2巻に番外編として収録された。『週刊少年サンデー』(同社刊)2014年28号と『ゲッサン』2014年7月号、そして『ゲッサン』2016年1月号に出張掲載された。

登場人物[編集]

本作品はほぼ西片くんと高木さんのやり取りのみで成立しており、1話の中に西片くんと高木さんしか登場しないことが多く、他の人物が登場しても背景のうちの1人でしかないことも多々ある。

は2016年6月放送のCM / 10月放送のCMでのもの。

西片くん(にしかたくん)
声 - 斉藤壮馬 / 岩端卓也
本作の主人公。本作品は主に西片くんの視点から語られる。男子中学生で、1年2組に所属している。高木さんとはクラスメイトで、席は隣同士である。頻繁に高木さんにからかわれていて、それを悔しく思っている。よく、仕返しとして高木さんのことをからかおうと試みるが、それが高木さんに通じたことはなく、さらにからかわれることも多い。勉強に全く取り組まないわけではないが、成績はそれほど良くない。高木さん・男子の友人・先生には「西片」と呼ばれ、真野さんには「西片君」と呼ばれている。かに座のO型(5巻136・137ページ参照)。『100%片想い』というマンガが好き。
5巻では、10年後に高木さんと結婚した後の話が描かれている。
高木さん(たかぎさん)
声 - 加藤英美里 / 高橋李依
本作のヒロイン。西片くんのクラスメイトの女子中学生で、西片くんの隣の席に座っている。成績は良く、先生に褒められたりもする。頻繁に西片くんのことをからかっては、その反応を見て楽しんでおり、思わせぶりな言動をすることもしばしばある。背中まで伸びたロングヘアで、髪を纏めていることはあまりない。西片くんを含めクラスの男子には「高木さん」、真野さんには「高木ちゃん」とよばれている。
5巻では、10年後に西片くんと結婚した後の話が描かれている。
中井くん(なかいくん)
西片くんのクラスメイトの男子生徒。西片くんとはよく会話を交わす。真野ちゃんと付き合っている。視力がよくない。
木村くん(きむらくん)
西片くんのクラスメイトの男子生徒。早弁がしたい。少し太めの体型。
高尾(たかお)
西片くんのクラスメイトの男子生徒。腕ずもうでは西片くんに勝てない。メガネをかけている。前歯が大きい。
真野ちゃん(まのちゃん)
西片くんのクラスメイトの女子生徒。中井くんと付き合っているが、中井くんの飄々とした態度にもどかしさを感じている。お下げ髪。
日比野ミナ
西片くんのクラスメイトの女子生徒。ユカリやサナエと一緒にいることが多い。高木さんとも親しく会話する。背中まである髪を後ろで纏めていることが多い。前髪は短い。眉毛が太い。
天川ユカリ
西片くんのクラスメイトの女子生徒。ミナやサナエと一緒にいることが多い。高木さんとも親しく会話する。恋愛に興味がある。前髪を真ん中で分けて4つのピンで留めている。メガネをかけている。委員長という設定である。[4]
サナエ
西片くんのクラスメイトの女子生徒。ミナやユカリと一緒にいることが多い。肩に届かない程度の髪で、前髪は作っていない。
ちー
5巻に登場した10年後の西片くんと高木さんの娘[5]。歳は不明であるが、顔立ちは母親の高木さん似であり、驚いた時の表情は父親の西片くん似である。母・高木さんから、からかわれている。ピーマンが苦手。

書誌情報[編集]

スピンオフ漫画[編集]

2017年1月に、ゲッサン新人賞2017春期の特別企画として、「高木さん杯」と題しスピンオフ漫画の募集が行われた[6]。最優秀作品の即連載を確約して募集され、グランプリを受賞した以下の2作品が2017年7月より結果発表とほぼ同時に連載を開始した。

恋に恋するユカリちゃん
『ゲッサン』2017年8月号より連載開始。作者は寿々ゆうま。恋バナ(恋の話)をしたいユカリが主人公。
からかい上手の(元)高木さん
MangaONE』2017年7月15日より毎週土曜日更新で連載開始。作者は稲葉光史。結婚後の高木さんたちの話。

テレビアニメ[編集]

2018年にテレビアニメ化されることが、『ゲッサン』2017年8月号で発表された[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第2回 次にくるマンガ大賞” (2015年11月5日). 2016年2月14日閲覧。
  2. ^ 共通の登場人物の存在。『からかい上手の高木さん』 「肝試し」に登場する虫取り網の少年とその妹は、『ふだつきのキョーコちゃん』第21話にも登場している。また、『ふだつきのキョーコちゃん』に登場する日々野さんは、『あしたは土曜日』21話においてミナのいとことして登場している。
  3. ^ 単行本第2巻の作者コメント
  4. ^ あしたは土曜日より
  5. ^ スピンオフ漫画より
  6. ^ “「からかい上手の高木さん」スピンオフを募集!最優秀作品は即連載が決定”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年1月12日). http://natalie.mu/comic/news/216604 2017年7月15日閲覧。 
  7. ^ “からかい上手の高木さん、TVアニメ化!思わせぶりJCに翻弄される青春コメディ”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年7月12日). http://natalie.mu/comic/news/240412 2017年7月12日閲覧。 

外部リンク[編集]