からかい上手の高木さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
からかい上手の高木さん
ジャンル ラブコメディギャグ学園日常
漫画
作者 山本崇一朗
出版社 小学館
掲載誌 ゲッサンmini
ゲッサン
レーベル ゲッサン少年サンデーコミックス
発表号 2013年7月号付録 -
2016年8月号 - 連載中
巻数 既刊8巻(2018年2月現在)
漫画:恋に恋するユカリちゃん
原作・原案など 山本崇一朗
作画 寿々ゆうま
出版社 小学館
掲載誌 ゲッサン
レーベル ゲッサン少年サンデーコミックス
発表号 2017年8月号 - 連載中
巻数 既刊1巻(2018年2月現在)
漫画:からかい上手の(元)高木さん
原作・原案など 山本崇一朗
作画 稲葉光史
出版社 小学館
掲載サイト MangaONE
レーベル ゲッサン少年サンデーコミックス
発表期間 2017年7月15日 -
巻数 既刊2巻(2018年2月現在)
アニメ
原作 山本崇一朗
監督 赤城博昭
シリーズ構成 横手美智子
キャラクターデザイン 髙野綾
音楽 堤博明
アニメーション制作 シンエイ動画
製作 からかい上手の高木さん
製作委員会
放送局 TOKYO MX読売テレビBS11
放送期間 2018年1月 - 3月
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

からかい上手の高木さん』(からかいじょうずのたかぎさん)は、山本崇一朗による日本少年漫画。『ゲッサン』(小学館)の付録小冊子『ゲッサンmini』において、2013年7月号から連載開始。『ゲッサン』本誌で連載していた『ふだつきのキョーコちゃん』(以下『キョーコちゃん』)が2016年7月号で完結した後、『ゲッサン』に移籍して2016年8月号から定期掲載となった。

作風[編集]

中学校の同級生同士である「西片」と「高木さん」のやりとりを描くラブコメディ。高木さんが西片をからかい、西片が高木さんに仕返しをしようとするが、高木さんはそれを上手く躱してしまう、という2人の関係性を軸に、西片の視点から描かれている。各話を繋ぐ明確なストーリーは無く、西片と高木さんの間のひとつの出来事が一話に収められている。第2回次にくるマンガ大賞にノミネートされ、18位にランクインしている[1]

日本の田舎町、およびそこにある中学校が舞台となっているが、作品中の事物にも作者自身の発言にも、具体的な場所を指し示す言及はない。山本による他の作品である『キョーコちゃん』、『あしたは土曜日』は本作品と同じ舞台の中で描かれている[注釈 1]。『キョーコちゃん』の舞台は高校になっているが、『あしたは土曜日』の舞台は同じ中学校で、その主人公である女子3人組(ミナ、ユカリ、サナエ)と西片と高木さんは同じクラスである。

『ゲッサン』2012年7月号に、本作のパイロット版といえる同タイトルの読み切りが掲載された。主要な登場人物の名前も高木さんと西片で連載版と同じであるが、高木さんの顔が連載版よりもいじわるそう[2]に描かれている。単行本第2巻に番外編として収録されている。また、連載とは別に、『週刊少年サンデー』(同社刊)2014年28号と『ゲッサン』2014年7月号、2016年1月号と5月号から7月号に出張掲載されたほか、『月刊ねこだのみ』(同社刊)2016年8号にも掲載された。

登場人物[編集]

本作品はほぼ西片と高木さんのやり取りのみで成立しており、1話の中に西片と高木さんしか登場しないことが多く、他の人物が登場しても背景のうちの1人でしかないことも多々ある。

担当声優は、特記がない限りアニメ版。

西片(にしかた)
声 - 梶裕貴(アニメ)[3] / 斉藤壮馬(2016年6月CM) / 岩端卓也(2016年10月CM)
本作の主人公。男子中学生で、1年2組に所属している。高木さんとはクラスメイトで、席は隣同士である。頻繁に高木さんにからかわれていて、それを悔しく思っている。よく仕返しとして高木さんのことをからかおうと試みるが、考えていることがすぐに顔に出るため成功したことはなく、しまいには返り討ちにあう形でからかわれることも多い。勉強に全く取り組まないわけではないが、成績はそれほど良くない。フルネームは不明であり、高木さん・男子の友人・先生には「西片」と呼ばれ、真野ちゃん・ユカリには「西片君」と呼ばれている。かに座のO型[4]。『100%片想い』という少女マンガが好き。
普段はからかわれる事憎さに高木さんを敵視しているが、黙っているときの高木さんの可愛さは認識しており、また高木さんから思わせぶりな言葉をかけられると赤面してしまうこともある。
教室での高木さんとのやり取りや、しょっちゅう登下校を一緒にしていることから真野ちゃんを中心としてクラス内では「西片と高木さんは付き合っているのではないか?」と考えられているが、西片自身は他のクラスメートにからかわれることを気にしているため、頑として認めようとはしない。
「想い出」および後述のスピンオフ漫画『からかい上手の(元)高木さん』(以下『(元)高木さん』)では10数年後の、高木さんと結婚した後の話が描かれており、後者では体育の教師になっている。
高木さん(たかぎさん)
声 - 高橋李依(アニメ・2016年10月CM)[3] / 加藤英美里(2016年6月CM)
本作のヒロイン。西片のクラスメイトの女子中学生で、西片の隣の席に座っている。成績優秀でよく先生に褒められる。西片に異性として好意を抱いており、頻繁に西片のことをからかってはその反応を見て楽しんでいる。また、よく西片の考えていることを読んで発言している。からかうだけでなく、ストレートに好意を口にすることもあるが、肝心の西片にはからかって反応を楽しむつもりだと勘違いされ伝わらないことが多い。また西片の体調が悪い時はからかうのを自制している。たまに西片の方から思わぬ言葉[注釈 2]をかけられると素直に喜ぶ。背中まで伸びたロングヘアで、額を出している。中学生の頃は髪をまとめていることはあまりない。本人は特に気にしてはいないようであるが胸は小さい。
西片同様フルネームは不明であり、西片を含めクラスの男子には「高木さん」、真野ちゃん・ユカリには「高木ちゃん」と呼ばれている。
少しでも西片と一緒にいる時間を長くしようと努めており、頻繁に西片と一緒に登下校しているほか、西片が日直で早出の時には先回りして登校したり、先生から居残りを命じられた西片に自主的に付き合ったりしている。
とんでもない変顔ができ、西片が思わず爆笑してしまうほどであるが、その顔は他の人物には(読者・視聴者にも)見せたことがない。
『(元)高木さん』では結婚後の様子が描かれており、西片への愛情表現もストレートになっている[注釈 3]。また、髪は一部のシーンを除き、後ろでまとめられている。
中井くん(なかいくん)
声 - 内田雄馬[5]
西片のクラスメイトの男子生徒。西片とはよく会話を交わす。真野ちゃんと付き合っている。視力がよくない。
木村くん(きむらくん)
声 - 落合福嗣[5]
西片のクラスメイトの男子生徒。早弁がしたい。少し太めの体型。
高尾(たかお)
声 - 岡本信彦[5]
西片のクラスメイトの男子生徒。腕ずもうでは西片に勝てない。メガネをかけている。前歯が大きい。
真野ちゃん(まのちゃん)
声 - 小岩井ことり[5]
西片のクラスメイトの女子生徒。中井くんと付き合っているが、中井くんの飄々とした態度にもどかしさを感じている。お下げ髪。
恋愛経験者だけあって恋愛ごとには目ざとく、西片と高木さんが一緒にいるところに出くわすと、気をつかって早々に去るなどしている。
日比野ミナ
声 - 小原好美[5]
西片のクラスメイトの女子生徒。ユカリやサナエと一緒にいることが多い。高木さんとも親しく会話する。背中まである髪を後ろで纏めていることが多い。前髪は短い。眉毛が太い。妹と弟がいる。犬を飼っている。
作者の前作『あしたは土曜日』ではユカリ、サナエとともに主人公として登場している。
天川ユカリ
声 - M・A・O[5]
西片のクラスメイトの女子生徒。委員長。ミナやサナエと一緒にいることが多い。高木さんとも親しく会話する。恋愛に興味がある。前髪を真ん中で分けて4つのピンで左右に留めており、メガネをかけている。妹がいる。
恋バナをしたいお年頃で、西片と高木さんの関係にも興味津々であるが、いつも行動を共にしているミナやユカリは“色気より食い気”で全く恋愛ごとには興味がないので話せないでいる。
月本サナエ
声 - 小倉唯[5]
西片のクラスメイトの女子生徒。ミナやユカリと一緒にいることが多く、前者に対しては時にちょっかいをかけることもある。肩に届かない程度の髪で、前髪は作っていない。眠そうな目をしている。陸上部所属。
基本的に無口だが、高木さんに西片と付き合っているのか直接尋ねたり、女子を馬鹿にした高尾に蹴りを入れるなど、時に大胆な行動に出る。
田辺先生
声 - 田所陽向[5]
1年2組の担任で、ジャージを着ることが多いが担当教科は英語。顔面凶器の如く、怒ると怖い先生であり、よく西片を注意する。一方、自習時には居眠りしていたり、西片の変顔に思わず笑うなど、やや自分に甘いところがある。
ちー
「想い出」および『(元)高木さん』に登場する10数年後の西片と高木さんの娘。具体的な年齢や名前は不明であるが幼稚園児で、字はまだ書けず台詞のほとんどが平仮名で表記される。顔立ちは母親の高木さん似であり、驚いた時の表情は父親の西片似である。親子関係は極めて良好であり、特に父である西片のことは「お父さんと結婚する」と言うほど慕っている。母親である高木さんからからかわれているが、自身も悪戯好きな面がある。ピーマン・ホタテ・ブロッコリーが苦手。

スピンオフ漫画[編集]

2017年1月に、ゲッサン新人賞2017春期の特別企画として、「高木さん杯」と題しスピンオフ漫画の募集が行われた[6]。最優秀作品の即連載を確約して募集され、グランプリを受賞した以下の2作品が2017年7月より結果発表とほぼ同時に連載を開始した。

からかい上手の(元)高木さん
MangaONE』2017年7月15日より毎週土曜日更新で連載開始(現在は毎週水曜日更新)。作者は稲葉光史。結婚後の高木さんたちの話。
恋に恋するユカリちゃん
『ゲッサン』2017年8月号より連載開始。作者は寿々ゆうま。恋バナ(恋の話)をしたいユカリが主人公。

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

『ゲッサン』2017年8月号でテレビアニメ化が発表され[7]、2018年1月から3月まで『あにめのめ』枠にて放送された[3]。番組内で読売中高生新聞で連載されていた『あしたは土曜日』も放送される[5]

原作では特に舞台となる地方や地域は明記されていないが、アニメ化に際しては原作者の出身地である小豆島土庄町近辺が舞台となっており[8]、校舎等の描写は同島に実在する土庄町立土庄中学校が特別協力している[9]

2018年3月よりアニメの1シーンをGIF動画にしたものがGIFMAGAZINEにて配信されている[10]

2018年7月には、新作OVAが単行本9巻特別版に付属する予定[11]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 山本崇一朗
  • 監督 - 赤城博昭[3]
  • シリーズ構成 - 横手美智子[3]
  • キャラクターデザイン - 髙野綾[3]
  • サブキャラクターデザイン - 茂木琢次、近藤奈都子[12]
  • 美術デザイン - 氣賀澤佐知子(第3話-第12話)
  • 美術監督 - 氣賀澤佐知子(第1、2話)→越膳滝美(第3話-第12話)
  • 色彩設計 - 蝦名佳代子
  • 撮影監督 - 牧野真人
  • 編集 - 中葉由美子
  • 音響監督 - えのもとたかひろ
  • 音楽 - 堤博明[13]
  • 音楽プロデューサー - 礒部慧利
  • 音楽制作 - TOHO animation RECORDS
  • プロデューサー - 佐々木礼子、西川由香里、榎本香菜、田中剛史、鈴木寿広、齋藤雅哉、江藤寛之
  • アニメーションプロデューサー - 中島進
  • 企画協力 - トムス・エンタテインメント
  • アニメーション制作 - シンエイ動画[3]
  • 製作 - からかい上手の高木さん製作委員会

主題歌[編集]

オープニングテーマ「言わないけどね。」[14]
作詞・作曲・歌 - 大原ゆい子 / 編曲 - 吉田穣
エンディングテーマ
歌 - 高木さん(高橋李依
気まぐれロマンティック」(第1話、第2話)
作詞・作曲 - 水野良樹 / 編曲 - el
AM11:00」(第3話、第4話)
作詞・作曲 - TUN / 編曲 - 吉田穣
自転車」(第5話、第6話)
作詞 - 磯谷有希 / 作曲 - 恩田快人 / 編曲 - 吉田穣
風吹けば恋」(第7話、第8話)
作詞 - 高橋久美子 / 作曲 - 橋本絵莉子 / 編曲 - 吉田穣
小さな恋のうた」(第9話、第10話)
作詞 - 上江洌清作 / 作曲 - MONGOL800 / 編曲 - 吉田穣
愛唄」(第11話)
作詞・作曲 - GReeeeN / 編曲 - 吉田穣
出逢った頃のように」(第12話)
作詞・作曲 - 五十嵐充 / 編曲 - 吉田穣

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督
第1話 消しゴム 横手美智子 赤城博昭 大嶋博之 茂木琢次 茂木琢次
日直 大嶋博之 野田康行
変顔
百円 待田新次
第2話 習字 鈴木大司 近藤奈都子 近藤奈都子
衣替え 秦洋美
英訳 釘宮洋
プール 岩永大蔵
第3話 コーヒー 待田堂子 パク・キョンスン 秦洋美 茂木琢次
空き缶 中野彰子
炭酸 秦洋美
筋トレ 中野彰子
アフレコ 秦洋美
諏訪壮大
第4話 掃除当番 坪田文 鈴木恭兵 野田康行 近藤奈都子
逆上がり 鈴木大司 佐藤真人 宍戸久美子
風邪 鈴木恭兵 野田康行
尾行 鈴木大司 佐藤真人 宍戸久美子
第5話 テスト勉強 横手美智子 よしよしえ 藤井康晶 大豆一博 茂木琢次
テスト
テスト返却
本屋
雨宿り
第6話 二人乗り 待田堂子 宇根信也 はしもとかつみ 近藤奈都子
夏休み初日 釘宮洋
肝試し 釘宮洋、北村晋哉
自由研究 釘宮洋
水道 はしもとかつみ
第7話 買い物 坪田文 大嶋博之、牛草健 岩永大蔵、小澤和則 茂木琢次
水着 大嶋博之 諏訪壮大、小澤和則
小澤和則
部屋 岩永大蔵、小澤和則
第8話 台風 横手美智子 パク・キョンスン 小倉宏文 野田康行、松尾亜希子 近藤奈都子
マラソン 大武正枝、新村杏子
長島崇、岩永大蔵
宍戸久美子
わき腹 宍戸久美子
未練 本多みゆき
第9話 ケータイ 松本理 村田尚樹 岡昭彦 茂木琢次
ホラー
写真
第10話 背比べ 坪田文 鈴木大司 宇根信也 中野彰子 近藤奈都子
寒がり よしよしえ 松尾亜希子
お誘い 宇根信也
二択クイズ 鈴木大司 中野彰子
第11話 ネコ 待田堂子 小倉宏文 佐藤真人 はしもとかつみ 茂木琢次
好み 秦洋美
似顔絵 はしもとかつみ
占い 野田康行
クリティカル
第12話 手紙 横手美智子 深瀬重 阿曽仁美 近藤奈都子
入学式 よしよしえ 深瀬重 宍戸久美子
席替え 牛草健 岩永大蔵

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[15]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [16] 備考
2018年1月8日 - 3月26日 月曜 23:00 - 23:30 TOKYO MX 東京都
2018年1月9日 - 3月27日 火曜 1:59 - 2:29(月曜深夜) 読売テレビ 近畿広域圏 MANPA』第1部
2018年1月10日 - 3月28日 水曜 1:30 - 2:00(火曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
2018年4月12日 - 木曜 1:25 - 1:55(水曜深夜) 中国放送 広島県
2018年5月16日 - 水曜 0:00 - 0:30(火曜深夜) AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり[17]
TOKYO MX・読売テレビ・BS11では『あにめのめ』枠。
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[15]
配信期間 配信時間 配信サイト
2018年1月10日 - 3月28日 水曜 0:30 - 1:00(火曜深夜) ニコニコ生放送
水曜 1:00(火曜深夜)更新 ニコニコチャンネル
水曜 更新

BD / DVD[編集]

発売日[18] 収録話 規格品番
BD DVD
1 2018年3月28日 第1話 - 第2話 TBR-28091D TDV-28097D
2 2018年4月18日 第3話 - 第4話 TBR-28092D TDV-28098D
3 2018年5月23日 第5話 - 第6話 TBR-28093D TDV-28099D
4 2018年6月13日予定 第7話 - 第8話 TBR-28094D TDV-28100D
5 2018年7月18日予定 第9話 - 第10話 TBR-28095D TDV-28101D
6 2018年8月15日予定 第11話 - 第12話 TBR-28096D TDV-28102D

Webラジオ[編集]

TVアニメ『からかい上手の高木さん』Presents からかい上手の高"橋"さんラジオ』は、2017年12月20日にプレ配信後、2018年1月10日から4月4日まで音泉にて配信されたWebラジオ[19]。パーソナリティは高木さん役の高橋李依[19]

エイプリルフールネタ[編集]

2018年エイプリルフールには、高木さんの小学生時代を描く『からかい上手の高木ちゃん』のアニメ化という嘘の発表がされた[20][注釈 4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「肝試し」に登場する虫取り網の少年とその妹は、『キョーコちゃん』21話にも登場しており、少年の方は同36話にも登場している。また、『キョーコちゃん』に登場する日々野さんは、『あしたは土曜日』21話においてミナのいとことして登場している。また、「部屋」における高木さんと西片の二人乗りの様は『キョーコちゃん』7巻おまけ漫画でも描かれている。
  2. ^ 「(男友達と遊ぶ誘いを断ったのは)高木さんと一緒に帰りたかったから」「一緒に夏祭りに行かない?」など。
  3. ^ 本人曰く「お父さんが好きだから、からかうんだよ」「(満腹寸前の西片に対して)お父さんの胃袋をつかむために、それくらいは把握してるよ」。
  4. ^ 「キービジュアル」としてアップされた画像の右下には「※エイプリルフールネタです」と書いてあり、嘘であることが分かるようになっている。なお、同画像は4月29日開催予定の「高木缶お渡しイベント」に於いて追加出演の大原ゆい子が配布するブロマイドの絵柄となることが発表されている[1]

出典[編集]

  1. ^ 第2回 次にくるマンガ大賞” (2015年11月5日). 2016年2月14日閲覧。
  2. ^ 単行本第2巻の作者コメント
  3. ^ a b c d e f g アニメ『からかい上手の高木さん』2018年1月放送開始。高木さん役は高橋李依さんで西片役は梶裕貴さん”. 電撃オンライン. KADOKAWA (2017年10月6日). 2017年10月6日閲覧。
  4. ^ 「クリティカル」参照
  5. ^ a b c d e f g h i 「からかい上手の高木さん」内で「あしたは土曜日」アニメ化!小原好美ら出演”. コミックナタリー (2017年11月10日). 2017年11月10日閲覧。
  6. ^ “「からかい上手の高木さん」スピンオフを募集!最優秀作品は即連載が決定”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年1月12日). http://natalie.mu/comic/news/216604 2017年7月15日閲覧。 
  7. ^ “からかい上手の高木さん、TVアニメ化!思わせぶりJCに翻弄される青春コメディ”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年7月12日). http://natalie.mu/comic/news/240412 2017年7月12日閲覧。 
  8. ^ 寿々ゆうま「アニメ高木さんの舞台&山本崇一朗先生の生まれ故郷 小豆島に行ってきましたレポート」、『ゲッサン』2018年3月号(第10巻第3号通巻106号)、小学館、2018年2月12日、 241-250頁。
  9. ^ アニメEDクレジット。なお同校は作者の母校である。サブタイトルのバックには小豆島名産のオリーブの実が描かれている。
  10. ^ TVアニメ『からかい上手の高木さん』より、見なきゃ負け、可愛すぎる「からかいいね」GIFをGIFMAGAZINE公式チャンネルがお届けします。”. PR TIMES (2018年3月12日). 2018年3月21日閲覧。
  11. ^ “「からかい上手の高木さん」9巻に新作アニメ収めたOVA付き特別版、7月発売”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年3月27日). http://natalie.mu/comic/news/275314 2018年3月27日閲覧。 
  12. ^ アニメ『からかい上手の高木さん』ミナ、ユカリ、サナエの設定画やキャスト情報が解禁” (2017年11月10日). 2017年11月10日閲覧。
  13. ^ キャスト&スタッフ”. TVアニメ「からかい上手の高木さん」公式サイト. 2017年12月8日閲覧。
  14. ^ オープニングテーマが決定!”. TVアニメ「からかい上手の高木さん」公式サイト. 2017年12月8日閲覧。
  15. ^ a b 放送情報”. TVアニメ「からかい上手の高木さん」公式サイト. 2018年3月24日閲覧。
  16. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  17. ^ からかい上手の高木さん”. AT-X. エー・ティー・エックス. 2018年4月11日閲覧。
  18. ^ 商品情報”. TVアニメ「からかい上手の高木さん」公式サイト. 2018年1月8日閲覧。
  19. ^ a b TVアニメ『からかい上手の高木さん』Presents からかい上手の高"橋"さんラジオ”. 音泉. 2017年12月8日閲覧。
  20. ^ 【「からかい上手の高木ちゃん」アニメ化決定!】高木さんの小学生時代を描いた"からかい前日譚"がアニメ化!キービジュアル公開&公式HPリニューアルです!「からかい上手」はここから始まる―― - Twitter

外部リンク[編集]