横山裕二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横山 裕二(よこやま ゆうじ、1977年2月8日 - )は、日本漫画家山口県出身。血液型はO型。かつては横山専務の名前で活動していた。

人物[編集]

小学生のとき、『キャプテン翼』に憧れて漫画家を志す。大学卒業後、『ジャンプ』に原稿を持ち込み賞を獲るもデビューには到らず、小池一夫塾に入門。『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)に投稿し、29歳でデビューを果たす[1]

元々は横山専務の名前で『ビッグコミックスピリッツ』を中心に活動していたが、2009年4月24日にブログの更新の不履行、ブログのコメントの返信不履行、本人の希望により専務を解任され以降は横山裕二名義で活動することとなった[2]

ゲッサン』(小学館)2009年8月号から、ゲッサンルーキーファイルNo.007として本格連載デビュー作「いつかおまえとジルバを」が連載された。

2011年7月12日から、『ゲッサン』誌上企画として「ツール・ド・本屋さん」を始める。高知市を出発点として自転車で四国を一周回り、各地の書店で『ゲッサン』のポップを描き、8月の第20回まんが甲子園までに高知市に帰ってくるという内容である。

2017年12月より『週刊少年サンデー』連載漫画「十勝ひとりぼっち農園」にてカレーを作ってお世話になった人をもてなす企画で野菜から作ることになり、北海道十勝に移住。音更町の土地を購入し、家庭菜園を行っている。

作品[編集]

連載[編集]

読切[編集]

  • 特急マレスタ幸福行き(ビッグコミックスピリッツCasual2006年9月11日号) ※横山専務名義
  • トラウマエビス(ビッグコミックスピリッツCasual2007年6月1日号) ※横山専務名義
  • 愛と勇気の共同まんが(ネーム)(ゲッサン2015年3月号)
  • 3日前の会話(ゲッサン2015年6月号 ゲッサン六周年特製四齣漫画小冊子)

その他[編集]

  • 仕事場見たいし!(ゲッサン2009年6月号 - 2011年7月号)

Webラジオ[編集]

  • ゲッサンラジオ(2014年12月 - 2015年6月、アシスタントディレクター、他)

出典[編集]

  1. ^ 『ゲッサン』2009年12月号の「ルーキー紹介してみる!!」より。
  2. ^ ご報告事項(重要). 2009-07-04 閲覧。

外部リンク[編集]