劇画村塾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

劇画村塾(げきがそんじゅく)は、漫画家漫画原作者・映画原作者の養成塾。正式名称は「小池一夫劇画村塾」。1977年に開講し多くの漫画家やクリエイターを輩出、1988年に一旦中断されるが、2006年に再開。2007年9月には株式会社化された。2009年に再び中断するが、2011年からWEB講座として再開、その後直接授業も開始。2014年1月からは並行して時代劇クリエイターを育てるための「時代劇画村塾」も開講している。

また、内部誌「劇画村塾」と外部誌「コミック劇画村塾」を発刊。これらは国立国会図書館には収蔵されていない。

概要[編集]

小池一夫が“劇画の衰退を食い止めるため”と称し開講した。

キャラが起ってないとだめ。キャラが起ってれば面白い漫画。」が一貫した教えだった。第8期で一旦終了した。

2000年、小池は教授として就任した大阪芸術大学で「小池ゼミ」を開講し、大学教育内でのクリエイターの育成を始めた。これに手応えを感じた小池は2003年、東北新社映像テクノアカデミアの協力のもと、現代版劇画村塾として「小池一夫塾」を開塾、2005年に「小池一夫キャラクター塾」と改名した。この映像テクノアカデミアでの開講は2005年度(第3期)をもって終了することとなった。

2006年4月、「小池一夫劇画村塾」が復活。東京9期および大阪1期が開講されることとなった。

2009年4月1日をもって小池一夫から独立しMANGARAK(漫画楽)となった。

かわって2011年4月から、小池個人が「小池一夫キャラクターマンWEB講座」を開講。本人による直接指導が再開される。 現MANGARAKと無関係のため「劇画村塾」の名を冠していないが、旧劇画村塾の卒業生には、協賛、また同一視している者もいる[1]

2013年4月より、「キャラクターマン講座+WEB」を開始。参加者は教室での直接講義とWEB講義の二通りのコースを選択することができるようになった。

2014年1月より、時代劇に特化した「小池一夫時代劇村塾」を開始。キャラクターマン講座同様、直接講義とWEB講義の二つのコースがある。

講座終了後、才能のある生徒には更に内弟子への進級が許されるが、この際に別途保証金を必要とし、しばしば返却されないとして問題になった[2]

システム[編集]

劇画村塾[編集]

昭和期の劇画村塾は、「劇画科」と「原作科」とで構成されており、また両科を履修することもできた。なお、第1期の生徒だったさくまあきらによれば、当初は編集者育成のコースもあったが、同コースに登録したのが第1期250人中さくまのみだったため後に消滅。さくまが「最初で最後の一人」だという[3]

約1年の講義の後、卒業となるが、優秀者は「特別研修生」として選出され、2年目の「特別研修会」に出ることを許された。従って、5期以前の劇画村塾の「1期」は約2年間だった。 6期以降のカリキュラムは1年間となり、11期以降は6ヶ月間。科目名も現在は「原作者コース」「漫画家コース」と改められている。

キャラクターマンWEB講座[編集]

科目の種別は存在せず、Ustreamで週1回、6ヶ月間に渡って通信講座を開く。 受講生は同配信を自宅PCで聴講するほか、人数限定で会場での直接聴講も可能。

課題ないし作品の提出を随時に受け付けており、小池による添削指導が行われる。 優秀者は、各種媒体へのデビュー支援や、小池の編集する雑誌への掲載が行われる。

キャラクターマン講座+WEB[編集]

2013年4月より開講。上記のキャラクターマンWEB講座を発展・拡充させ、東京での30名程度の直接講義を行うと同時に、Ustream配信による通信講座を行う。

時代劇画村塾[編集]

2014年1月より開講。時代劇に特化。東京での10名程度の直接講義を行うと同時に、Ustream配信による通信講座を行う。

主な会場[編集]

  • 昭和
    • 東京教室 … 代々木オリンピック村研修センター/目黒区 スタジオシップ本社
    • 神戸教室 … ポートピア・神戸国際交流会館
  • 平成
    • 東京9期~ … 代官山 ヒルサイドテラス
    • 東京10期(9月)~13期 六本木森25ビル
    • 大阪1期~2期 … 厚生年金会館 カルチャーエコル
    • キャラクターマンWEB講座1-4期 … 小田原小池工房他
    • キャラクターマン講座5期~ … 渋谷フラッグ
    • 時代劇画村塾、キャラクターマン講座7期 … 高輪
    • キャラクターマン講座8期 … 港区

主な卒業生[編集]

教科書[編集]

劇画村塾の授業内容は、「コミック劇画村塾」に連載され、それを一冊にまとめた教科書が1985年に発行された。 主に塾生にのみ配布されていたため、その内容は長らく秘伝というべき状態が続いたが、この教科書は聴講に来ていた漫画雑誌の編集者によって漫画雑誌の編集部にもたらされ、新人教育に活用され、漫画業界におけるキャラクター第一主義をさらに広める結果となった。 2000年より、教科書を増補・発展させたキャラクター原論3部作が発行され、多くの人に劇画村塾の創作メソッドが公開された。

  • 「小池一夫の誌上劇画村塾」スタジオ・シップ(1985年)5月
  • 「キャラクターはこう動かす!」小池書院(2000年3月) ISBN 4883155331
  • 「キャラクターはこう創る!」小池書院(2000年3月) ISBN 4883155323
  • 「キャラクターはこう活かす!―スーパーキャラクターを創ろう」小池書院(2001年6月) ISBN 4883155544
  • 「大阪芸術大学 小池一夫のキャラクター造形学」大阪芸術大学(2006年12月) ISBN 486225070X
  • 「人を惹きつける技術―カリスマ劇画原作者が指南する売れるキャラの創り方」講談社+α新書(2010年1月)ISBN 978-4062726344
  • 「小池一夫のキャラクター新論 ソーシャルメディアが動かすキャラクターの力」小池書院(2011年5月)ISBN 978-4862257024
  • 「ホット&クール! ローソンのソーシャル・キャラクター戦略」小池書院(2013年6月)ISBN 978-4862259387

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小池一夫キャラクターマンWEB講座公式ホームページ 実績紹介
  2. ^ 週刊新潮新潮社、2017年、38頁。
  3. ^ 「さくまあきらインタビュー」『STUDIO VOICE』、INFASパブリケーションズ、2008年、32頁-35頁。

外部リンク[編集]