中村真理子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中村 真理子(なかむら まりこ、1959年[1]3月29日[2] - )は、日本漫画家和歌山県和歌山市出身[1]武蔵野美術大学卒。

来歴・人物[編集]

大学卒業後、劇画村塾に入塾[3]1980年『運命のファースト・キッス』(「ザッツコミック」)でデビュー[2]小池一夫狩撫麻礼原作付きの作品を多数手がける。『クロサワ/炎の映画監督・黒澤明伝』(原作:園村昌弘)で2001年文化庁メディア芸術祭漫画部門・優秀賞を受賞[1]

主な作品[編集]

  • マッチョテイスト(原作:小池一夫、小学館、全2巻、1982/6-1982/10)
  • シングル巣(原作:小池一夫、小学館、全3巻、1983/11-1984/9)
  • 唇にブルース・ハープ(原作:狩撫麻礼、スタジオシップ、全1巻、1984/5/20)
  • ガラスの靴は似合わない(講談社、全1巻、1986/12)
  • やさしさの途中(光文社、全1巻、1987/10)
  • ミスマッチ(リイド社、全1巻、1987/12)
  • ちょっとお砂糖貸して(講談社、全1巻、1989/01)
  • ギャルボーイ!(講談社、全33巻、1989/09-1998/8)
  • 天使派リョウ(原作:狩撫麻礼、小学館、全10巻、1990/04-1992/6)
  • Days 時の満ちる(原作:狩撫麻礼、ワニブックス、全2巻、1992/5)
  • ギィルティ(原作:狩撫麻礼、小学館、全3巻、1993/1- 1993/7)
  • ハートの証明(講談社、全1巻、1995/09)
  • 若葉マーク(講談社、全1巻、1996/12)
  • 新ギャルボーイ!(講談社、全10巻、1999/04-2001/10)
  • レア者(講談社、上下巻、2003/3/13)
  • ギャルボーイ!plus(講談社、全2巻、2004/8/11-2007/9/13)
  • ガラスの椅子(講談社、全8巻、2005/4/13-2006/12/13)
  • 密月(講談社、全5巻、2007/12/13-2009/1/13)
  • ギャルボーイ! ファミリー(講談社、全1巻、2009/8/10)
  • レッド・リン-紅い梅と蒼い梅-(講談社、全6巻、2010/1/13-2011/3/11)
  • 天智と天武 -新説・日本書紀-(原作:園村昌弘、小学館、全11巻、2013/2/28-2016/8/30)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 2001年 文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 優秀賞 クロサワ/炎の映画監督・黒澤明伝
  2. ^ a b 狩撫麻礼・中村真理子『days 時の満ちる』集英社〈ホーム社漫画文庫〉、2000年。
  3. ^ 小池一夫 劇画村塾 Archived 2009年5月12日, at the Wayback Machine.