佐木飛朗斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐木 飛朗斗
生誕 (1962-03-06) 1962年3月6日(55歳)
日本の旗 日本 神奈川県横浜市
職業 漫画原作者
活動期間 1991年 -
ジャンル 暴走族漫画ヤンキー漫画
代表作 疾風伝説 特攻の拓
R-16』 他
公式サイト 佐木飛朗斗の新しい世界
テンプレートを表示

佐木 飛朗斗(さき ひろと、1962年3月6日[1] - )は日本作家漫画原作者神奈川県横浜市出身[1]

概要[編集]

スタジオシップに就職後、漫画原作を手がける。代表作は『疾風伝説 特攻の拓』など。同作品をはじめ、横浜を舞台とした暴走族漫画原作を数多く手がける。また、作中にロッククラシックなど音楽への傾倒が垣間見られる作品があり、音楽を主題とする作品『パッサカリア Op.7』『爆麗音』なども手がけている。

作風としては、単語を引用符 」でくくって強調する独特な台詞回しや、コマ内部に漫符! ?」を多用する演出などが最大の特徴。 設定面では、登場する暴走族や学校などの名称が、複数の作品に渡って登場しており、一種のスターシステム制が採られている。2008年開始の『外天の夏』においては、それまでの横浜を舞台とする作品群における各種設定を統合し「集大成」としてクロスオーバー化ハイパーリンク化)が明確になり、2010年開始の『爆音伝説カブラギ』および2014年開始の『R-16R』でも同様の手法がとられている。

自身の作品に登場するバイクギターのカスタムモデルを実際に所有しており、自身の公式サイトではそれらの画像を紹介している(「天羽時貞のサドウスキー」や「高遠陸夫のセロー」など)。また講談社の漫画総合サイト「コミックプラス」における特設ページでは、自らギターを演奏するYouTube動画「小説版特攻の拓新装版&外伝アーリーディズ第4巻発売記念MOVIE」が公開されている[2][3]

2011年東日本大震災以降、連載中の各作品の冒頭に「立ち上がろう!日本!!」のメッセージを、作画担当者のイラストとともに掲載する事が恒例となっている。

作品一覧[編集]

連載中の作品[編集]

完結作品[編集]

掲載誌不明作品[編集]

小説[編集]

  1. 特攻の拓 疾風伝説の彼方に
  2. 特攻の拓・2 解き放たれた野性の天使達
  3. 特攻の拓・3 不良少年達の肖像
  • 小説 疾風伝説 特攻の拓(講談社)
    • 特攻の拓 Version 28 ※挿絵:もりかずみ
    • 特攻の拓 Version 29
  • 小説 R-16 (講談社)上下巻
    • R-16 秋の16歳(上)
    • R-16 秋の16歳(下)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 小説版『特攻の拓』Version 28 の奥付参照。
  2. ^ ヤングマガジン|スペシャルサイト|講談社コミックプラス(2014年5月11日閲覧)
  3. ^ 小説版特攻の拓新装版&外伝アーリーディズ第4巻発売決定記念MOVIE公開!! - YouTube(2014年5月11日閲覧)
  4. ^ 小説版『特攻の拓』Version 28 のあとがき参照。
  5. ^ 講談社マガジンSPECIAL』2013年12月号の原作者インタビュー参照。

外部リンク[編集]