月刊少年マガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
月刊少年マガジン
愛称・略称 月マガ
ジャンル 少年向けコミック誌
読者対象 男性
刊行頻度 季刊 → 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 講談社
編集部名 月刊少年マガジン編集部
発行人 野内雅宏[1]
編集長 林田慎一郎[1]
刊行期間 1964年以前 - ?(休刊)、1974年 -
発行部数 71万部(2013年1月 - 2013年3月日本雑誌協会調べ)
レーベル 講談社コミックス月刊マガジン
ウェブサイト 月刊少年マガジン|講談社コミックプラス
特記事項 別冊少年マガジン→月刊別冊少年マガジンより改名

月刊少年マガジン』(げっかんしょうねんマガジン)は、講談社が発行する日本月刊少年漫画雑誌。毎月6日発売。略称は 「月マガ」など。

概要[編集]

1964年に創刊された『別冊少年マガジン』を前身とする。1969年に季刊から月刊へと刊行頻度を変え『月刊別冊少年マガジン』に改称したがその後休刊。1974年宮原照夫の手によって復刊し、1975年に現在の『月刊少年マガジン』に改称した。

少年漫画雑誌としては、『週刊少年ジャンプ』(集英社)・『週刊少年マガジン』(講談社)に次ぎ、『月刊コロコロコミック』・『週刊少年サンデー』(共に小学館)と第3位グループの発行部数を誇る。2009年3月時点の編集長は猪熊泰則、2015年5月時点の編集長は林田慎一郎[2]

長期連載作品が多いのが特徴。また表紙は2017年現在、川原正敏作品が多くを占めている。

不定期増刊として『月刊少年マガジン+<プラス>』があった。かつては、隔月刊の定期増刊として『マガジンイーノ』があった。2015年4月から新しい増刊『少年マガジンR』が創刊。

2015年1月6日、電子版の配信が開始された[3]。なお川原正敏の作品は非掲載[4]

歴代編集長[編集]

  1. 内田勝
  2. 宮原照夫
  3. 栗原良幸
  4. 五十嵐隆夫 (1981年 - 1986年
  5. 清水保雅
  6. 猪熊泰則
  7. 林田慎一郎(現職)

掲載作一覧[編集]

連載中作品[編集]

以下、2017年11月6日(2017年12月号)現在連載中の作品。休載中の不定期連載作品も含む。

作品名 作者(作画) 原作など 開始号 備考
しいえむひいしんらはくふつかんのしけんもくろくC.M.B. 森羅博物館の事件目録 かとう もとひろ加藤元浩 2005年10月号
てつけんちんみれしえんす鉄拳チンミLegends まえかわ たけし前川たけし 2006年9月号 鉄拳チンミ』シリーズの続編
はんふきんしさあすPumpkin Scissors いわなか りようたろう岩永亮太郎 2006年11月号 GREAT』より移籍
しんかめんらいたあすひりつつ新仮面ライダーSPIRITS むらえた けんいち村枝賢一(漫画) いしのもり しようたろう石ノ森章太郎(原作) 2009年8月号 月刊マガジンZ』より移籍
ましろのおとましろのおと らかわ まりも羅川真里茂 2010年5月号
のらかみノラガミ あたち とかあだちとか 2011年1月号 作者病気療養のため休載中
ほおるるうむへようこそボールルームへようこそ たけうち とも竹内友 2011年12月号
ちくわちようのすすめちくわ町ノススメ ひらの なおき平野直樹 2012年5月号
くろあけはくろアゲハ かせ あつし加瀬あつし 2014年1月号
きんのかのしよきんのかのしよ金の彼女 銀の彼女 あかい まるほろう赤衣丸歩郎 2014年3月号
けつまかたいしてんくろにくる月マガ大(?)辞典(クロニクル) みやさき かすしけ宮崎かずしげ 2015年4月号
こんひにおしようさまコンビニお嬢様 まつもと あかすみ松本明澄 2015年12月号
かくしことかくしごと くめた こうし久米田康治 2016年1月号
りゆうしのつはさしきるいこうせいけいてん龍帥の翼 史記・留侯世家異伝 かわはら まさき川原正敏 2016年4月号 電子版には未掲載
さよならわたしのくらまあさよなら私のクラマー あらかわ なおし新川直司 2016年6月号
りゆうろうてんおうはりつこくへん龍狼伝 王覇立国編 やまはら よしと山原義人 2016年8月号
はりすきばりすき やすはら いちる安原いちる 2017年2月号 短期集中連載
ようこさんはかつこいいヨウコさんはカッコいい えのもと さく榎本さく 2017年4月号
こんやはつきかきれいてすかとりあえすしね今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね さかきはら むねむね榊原宗々(漫画) かなめ ましゆろ要マジュロ(原作) 2017年5月号 『少年マガジンR』より移籍
ときわほうるのめかみさまトキワボウルの女神さま やかみ ひろき八神ひろき 2017年6月号
おわりのせらふいちのせくれんしゆうろくさいのはめつ終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅 あさみ よう浅見よう(漫画) かかみ たかや鏡貴也(原作) 2017年7月号 『終わりのセラフ』のスピンオフ作品
すひのさあおのらいふせえはあスピノザの海〜蒼のライフセーバー〜 やまもと こうき山本航暉 2017年11月号
ちえんしChange! そた まさひと曽田正人 2017年12月号

連載終了作品[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

発行部数[編集]

  • 2004年(2003年9月 - 2004年8月) 1,041,417部[5]
  • 2005年(2004年9月 - 2005年8月) 1,009,167部[5]
  • 2006年(2005年9月 - 2006年8月) 987,083部[5]
  • 2007年(2006年9月 - 2007年8月) 969,250部[5]
  • 2008年(2007年10月 - 2008年9月) 946,250部[5]
発行部数(2008年4月以降)(社団法人日本雑誌協会
1〜3月 4〜6月 7〜9月 10〜12月
2008年 946,667 部 923,334 部 915,000 部
2009年 909,000 部 902,334 部 890,000 部 873,334 部
2010年 855,000 部 841,667 部 819,000 部 825,000 部
2011年 798,334 部 768,334 部 755,000 部 755,000 部
2012年 743,334 部 736,667 部 730,000 部 724,667 部
2013年 711,000 部 687,667 部 657,334 部 636,600 部
2014年 628,450 部 615,000 部 607,934 部 593,167 部
2015年 575,367 部 555,167 部 534,767 部 526,000 部
2016年 520,400 部 504,600 部 485,267 部 466,600 部
2017年 437,120 部 422,377 部 408,110 部

講談社コミックス月刊マガジン[編集]

単行本は『週刊少年マガジン (WM) 』と同じ「講談社コミックス」レーベルより発行される[6]。ただし、『WM』作品のコード番号が「KCMxxxx」であるのに対し『月マガ』のものは「KCGMxxxx」が使用され、ロゴも「MONTHLY SHONEN MAGAZINE COMICS」という文字列を用いたものになっている。講談社のサイト内では「講談社コミックス月刊マガジン」という呼称を用いて区別されている[7]

主催賞[編集]

月マガ新人漫画賞
年4回(2月、5月、8月、11月)応募締め切り、3ヶ月後発表。2000年からは『チャレンジ21』、2008年からは『グランドチャレンジ』と題している。

増刊号[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「奥付」、『月刊少年マガジン』第40巻第7号、講談社2015年5月2日
  2. ^ 「奥付」、『月刊少年マガジン』第42巻第6号、講談社2015年5月2日
  3. ^ 講談社、全漫画雑誌を紙と同時に電子化へ 「ヤングマガジン」など3誌からスタート”. ITmedia NEWS (2015年1月5日). 2017年3月9日閲覧。
  4. ^ 『週刊少年マガジン』では森川ジョージも同様の方針を取っている。
  5. ^ a b c d e 社団法人日本雑誌協会JMPAマガジンデータによる該当期間中に発売された雑誌1号当たりの平均印刷部数。
  6. ^ 『海皇紀』各巻の奥付より。
  7. ^ 月刊少年マガジン コミックス最新刊情報”. 講談社コミックプラス. 講談社 (n.d.). 2009年3月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]