山本貴嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山本 貴嗣
生誕 (1959-01-01) 1959年1月1日(58歳)
日本の旗 日本 山口県
活動期間 1978年 -
ジャンル 少年漫画青年漫画
代表作 最終教師
エルフ・17
SABER CATS
テンプレートを表示

山本 貴嗣(やまもと あつじ、1959年1月1日 - )は、日本漫画家デザイナー山口県防府市出身。代表作に『最終教師』、『エルフ・17』、『SABER CATS』など。

経歴[編集]

山口県防府市出身。中学時代の同級生に宮岡寛がいる。少年時代にE・R・バローズR・E・ハワードの小説を読み、本格的にSFに目覚める。1977年に中央大学文学部哲学科に入学し、漫画研究会に所属。この時の仲間に山田貴敏河合単みやすのんきなどがいる。この頃、ウォーレン系のアメコミメタル・ユルラン等のバンド・デシネに傾倒、特にリチャード・コーベンからは大きな影響を受けた[1]。同年、小池一夫が設立した劇画村塾で一期生として学び、狩撫麻礼さくまあきら高橋留美子らの知己を得る。

大学在学中の1978年に『週刊漫画アクション』にて読み切り「予備校らぷそでぃ」を発表してデビュー。当時のペンネームは山本一雄。大学卒業前後、経済的に自立できるまでの一時期、はるき悦巳アシスタントを務めた。

1980年代は『最終教師』(1981年 - 1983年)、『超人日記』(1983年 - 1986年)、『エルフ・17』(1985年 - 1988年)などの高橋留美子と同系のスラップスティックSF漫画[2]が主体だったが、1980年代後半に古武術中国武術に傾倒すると、武器術の緻密な描写を取り入れたシリアスなダーク・ファンタジー漫画『剣の国のアーニス』(1989年)、武術の緻密な描写を取り入れたSF+ガン・アクション+武術漫画『SABER CATS』(1990年 - 1995年)を発表した。

1998年に馳星周の小説『不夜城』のコミカライズを手がけた後は、近未来を舞台にしたドラッグ(ラブドラッグ)+ガン・アクションの刑事漫画を多数執筆。『Mr.ボーイ』(2001年-2003年)では囮捜査を得意とする女装刑事、『』(1998年 - 2007年)では、媚薬を撃たれまくり果てにはPSASを発症する美人女刑事、『紅壁虎』(2005年 - 2007年)では、女殺し屋に振り回される刑事を描いた。

漫画家としての活動の合間に、デザイナーとしても活動し、『メタルマックス』等のゲームのキャラクターデザインや小説の挿絵などを多数手掛けている。

なお、大学時代の先輩にサイエンスライターの金子隆一がおり[3]、後輩にはSF翻訳家の中村融がいる[4]。金子は『SABER CATS』の単行本に協力者としてクレジットされている[5]

作風[編集]

  • SFから中国の古仙、ガンアクションから武術(武器術)、シリアスな作品からコメディ作品、成年向け作品まで幅広く手がける。ただし、「闘う女」「強い女が散々な目に遭うがのちにリヴェンジして勝利する」というプロットが用いられるのが常ということもあり、純粋なエロ描写は皆無で、成年指定を受けた単行本は今のところない。
  • スター・システムというわけではないが、同時連載作や過去作のキャラクターの設定を流用・改変して新キャラクターとして登場させる手法を取っている[6]。初期作品に登場した宮岡寛をモデルにしたキャラ、狩撫麻礼をモデルにしたキャラ、江口寿史の元担当編集者をモデルにしたキャラも作品ごとに設定が異なっている。姦(かしま)という地名も古くは『桃源荘綺譚』、近年では『ANTS』で登場するが、各作品で設定が異なっている。
  • 1986年に捨て猫を拾い飼い始めた頃から、作品の随所にネコ及びネコをモチーフにしたキャラクターが登場するようになった。飼い猫のミケコ、正式名ミケコ・タマ・ウルル・ネハ・ワニャニャニャウワン1世・山本(1985年 - 2000年11月15日)はコミックのあとがき欄の常連だった。2001年にアンソロジーコミック『猫mix』に参加した際には、他の執筆者が飼い猫の紹介をしている中、一人だけミケコの追悼文を書いていた。
  • 1980年代から1990年代にかけてコマ外にアシスタントのクレジットや執筆日時、執筆に使った参考文献などを明記していた。ただし、近年はアシスタントを極力使わず、一人で執筆する体制を取っている。
  • 自画像は数度変わっていて、超初期は宇宙服を着用したもの、その後等身が下がって『超人日記』のA児風、さらに変わって鼻輪男。『シンバッド』連載時に鼻輪をやめて、顔面に「貴」の字がついたもの[7]になり、それから20年近くの間定着している。

漫画[編集]

連載[編集]

描き下ろし長編[編集]

短編・読み切り[編集]

書籍[編集]

サイドワーク[編集]

ゲーム関連[編集]

挿絵[編集]

その他[編集]

元アシスタント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ リチャード・コーベンのこと - 山本貴嗣公式サイト「あつじ屋」内
  2. ^ 劇画村塾同期の高橋留美子とは仲が良く、相互にアシスタントを務めるなどの交流があった。「うる星やつら」「めぞん一刻」等の最終回のクレジットに山本の名前が載っている。
  3. ^ 山本貴嗣Twitter 2016年2月12日
  4. ^ 山本貴嗣Twitter 2016年11月4日
  5. ^ 単行本1巻p.7および最終5巻作者あとがき
  6. ^ 桃源荘綺譚』の珍明太→『恋はジャスミン』の巫明太、『超人日記』のジャム→『エルフ・17』のルウ等
  7. ^ 自己紹介

外部リンク[編集]