横山雄二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
よこやま ゆうじ
横山 雄二
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 宮崎県宮崎市
生年月日 (1967-03-29) 1967年3月29日(50歳)
血液型 O型
最終学歴 第一経済大学経済学部経済学科卒 (現:日本経済大学)
勤務局 中国放送(RCC)
部署 アナウンス部
活動期間 1989年 -
ジャンル テレビ番組ラジオ番組など
公式サイト RCC アナウンサー|横山 雄二
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照

横山 雄二(よこやま ゆうじ、1967年3月29日 - )は、中国放送(RCC)アナウンサー。宮崎県宮崎市出身。

人物・来歴[編集]

日向学院高等学校を経て第一経済大学(現・日本経済大学)経済学部経済学科卒業。血液型はO型。[1]

1989年中国放送(RCC)に入社。 1993年にラジオ「ジューケンキャンパススタジオ」を担当。番組から誕生したCD「広島の空」はヴァージン・メガストア広島で年間シングル売り上げ第2位を記録。この番組の放送期間に阪神・淡路大震災が発生。リスナーより集めたラジオ3000台を横山本人が被災地に届けた[2]

1996年TBS朝の情報番組「おはようクジラ」の広島キャスターで全国デビュー。メインキャスター渡辺正行のピンチヒッターとしてメイン司会も行った[3]

1997年4月には自ら企画立案したテレビ深夜番組「KEN-JIN」をスタートさせた[4]

1998年2月長野オリンピックの聖火ランナーを務める[3]2003年12月にはレーシングドライバーとしてA級ライセンスを取得。山口県のMINEサーキットで行われた300km耐久自動車レースでサーキットデビューを果たし、予選2位決勝10位と言う好成績を残した。また、鈴鹿サーキットで行われる鈴鹿8時間耐久バイクレースには二年続けて監督として参加。ソフトダーツの広島大会でノービスクラスでチャンピオンになるなど、様々なジャンルで活躍を見せる[5]

2001年、番組で共演していた猿岩石と結成した「KEN-JIN BAND」のデビューCD「Hungryman/dear」(吉川晃司プロデュース)がHMV広島の年間売り上げ第一位を獲得。その後も「虹」「ロケット」をリリース(HMV広島での観客動員記録も持つ)[6]2004年6月には「KEN-JIN BAND」でTBS系歌番組「うたばん」に出演。またディズニー映画『Mr.インクレディブル』には声優として参加した[7]

2014年広島豪雨災害が起こった時には、レギュラー番組『平成ラヂオバラエティごぜん様さま』放送後に毎日被災地に出向き、現地の人々との対話を行なった[8]。そして、自分たちで何かできないかと考え、1993年に発表したCD「広島の空」を泉水はる佳アナと共に再録し1000枚限定で発売。ひと月を待たず完売し、売上の100万円全額を義援金として広島市に贈った[8]

受賞歴[編集]

  • 全日本トークダービー最優秀賞[3]
  • 2006年JNN・JRNアノンシスト賞のテレビ・フリートーク部門で全国グランプリ
  • 2015年放送批判懇談会主催の第52回ギャラクシー賞のラジオ部門DJパーソナリティ賞

備考[編集]

  • 少年時代は『ビートたけしのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)のリスナーで、2回はがきを出して2回とも読まれた(「宮崎の横山」などと紹介された)。同番組の番組本『ビートたけしの三国一の幸せ者』にも横山のネタが掲載され、これを今でも宝物のように持っているという[8]
  • 日向学院高校では野球部に所属。2番センターだった。現在[いつ?]もRCC野球部に所属し、エースとして活躍している。[9]
  • 実姉の横山由美は元エフエム宮崎アナウンサーで、2014年現在宮崎県拠点のフリーアナウンサー・ローカルタレントとして活動している[10][11]。2014年にはRCCラジオの特別番組で初めて姉弟で共演した[12][13]
  • 2015年時点で本人は「今でも年齢の実感が無く、19歳、大学2年生で歳が止まったまま。自分の中では今でもその気持ち」と話している[8]
  • かなりの機械音痴のようで、Apple IDの管理を他人に任せている。

現在の担当番組[編集]

テレビ[編集]

  • カンムリ(2016年4月29日 - ) 毎週金曜 深夜0:15〜0:45
  • ゴルフの花道 Part12(日曜 午前6:15 - 6:45)
  • ノーヘン(2014年 - 、年に6回 不定期放送)

ラジオ[編集]

  • 平成ラヂオバラエティごぜん様さま(2003年4月1日 - ) 火曜〜金曜 午前09:00 - 11:29
  • ザ★横山雄二ショー(2007年4月 - ) 土曜 22:00 - 23:00
  • ザ★横山雄二ショー ポッドキャスト版楽屋トーク(インターネット放送)

過去の担当番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 一人言葉〜東日本大震災ドキュメンタリー(企画・撮影・出演)(2011年8月)
  • 一人言葉〜REBIRTH 東日本大震災ドキュメンタリー(製作・企画・撮影・出演)(2012年3月11日)
  • 一人言葉3〜REBORN(2014年6月8日)

イベント[編集]

  • ヨコヤマ☆ナイト (2011年4月2日第1回 - ) 東日本大震災 復興支援チャリティーライブ
  • 横山名画劇場~ヨコゲキ (2016年2月27日Vol.1 - 、福山駅前シネマモード)

CD発売[編集]

横山雄二&飯村徳穂
  • 広島の空 (1994年発売)「松田弘幸作詞作曲」 阪神大震災チャリティーソング
KEN-JIN BAND
  • Hungryman/dear (2001年10月27日発売 MORNING GLORY MGR-1003)「吉川晃司作曲・横山雄二作詞」
    • 「Hungryman」は後に吉川晃司にセルフカバーされ「Fame & Money」としてアルバム『PANDORA』に収録された。
  • 虹/君の左手 (2002年5月25日発売 INDIES HOUSE DNA-010)「ブルームオブユース作曲・横山雄二作詞」
  • あのとき (2002年9月22日発売 ミニケンCD「ミニケン/君にミニキュン」(MMS-00002)にボーナストラック収録)「ブルームオブユース作曲・横山雄二作詞」
  • 初恋(tune-up:243) (2002年11月27日発売コンピレーションアルバム「a day」(OCCA-1001)に収録)「村下孝蔵作詞作曲」
  • ロケット/働クオトコノウタ (2004年06月16日発売 KJR-001)「イズミカワソラ作曲・横山雄二作詞」
ヨコヤマとヤスシ
  • ひまわり/らぶれたぁ (2008年11月5日発売 1000枚限定 広島限定発売)「YASS作曲・横山雄二作詞」
横山雄二&泉水はる佳
  • 広島の空 (2014年10月30日発売 1000枚限定) C/WはヨコヤマとYASS「ふるさと」 広島土砂災害チャリティーCD

連載[編集]

  • ヨコヤマ監督の総合芸術論(TJ Hiroshima-タウン情報広島2001年11月号(Vol.1) - 2017年12月号(Vol.188 最終回))

出版[編集]

映画出演[編集]

監督作品(映画)[編集]

  • いつも、こころに…
  • ホワイトラビットからのメッセージ
  • ネムレヌ、ヨノタメニ
  • SUPER MAN(えび天 銅監督作品)
  • 経大シネマのフイルムパーティ
  • 総合芸術
  • 浮気なストリッパー(監督・脚本・主演)
  • 中国放送大パニック(国民文化祭招待作品)[14]
  • メイキング・オブ・「ヒナゴン」
  • 井川遥ひと夏の記憶(映画ヒナゴンDVD特典映像)[15]

監督作品(テレビドラマ)[編集]

その他(海外取材)[編集]

  • アジアピースロード取材(ミャンマー・ラオス・カンボジア・ベトナムを40日間取材)[3]
  • サンフレッチェ広島 オーストラリアキャンプ取材
  • 水素エネルギー・ノルウェー取材
  • KEN-JIN DX 最終回 in ニューヨーク(横山雄二NYで入浴するぞ!)
  • 猿岩石ツアー in バリ
  • ゴルフの花道 グアム決戦
  • 横の細道 45歳男一人のタイ旅行

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アナ本 2004, p. 30.
  2. ^ アナ本 2004, p. 65.
  3. ^ a b c d 横山 2003, p. 263.
  4. ^ 横山 2003, p. 16.
  5. ^ 横山 2003, p. 164.
  6. ^ 横山 2006, p. 54.
  7. ^ 横山 2006, p. 87.
  8. ^ a b c d ラジオマニア2015(三才ブックス)p.12 - 17「SPECIAL INTERVIEW 01 この人に訊きたい! 横山雄二」
  9. ^ 横山 2006, p. 99.
  10. ^ 横山由美(愛称ペコちゃん) | 講師紹介 | 宮崎の声優俳優スクール サラエンタテインメント宮崎校
  11. ^ - フリーアナウンサー キャリアコンサルタント 横山由美のペコログ 2011年12月31日
  12. ^ RCCラジオ - フリーアナウンサー キャリアコンサルタント 横山由美のペコログ 2014年2月11日
  13. ^ RCC RADIO 新・瓦版 VOL.40
  14. ^ 横山 2006, p. 86.
  15. ^ 横山 2006, p. 200.

外部リンク[編集]