クロマツテツロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クロマツテツロウ(本名 黒松哲郎)は、日本の漫画家奈良県奈良市出身。男性。

コメディ漫画を得意とする。右投げ右打ち。

略歴[編集]

奈良県立西の京高等学校を卒業後、宝塚大学(旧名・宝塚造形芸術大学)絵画学科油絵専攻に進学。

2005年に「ヤングマガジン」(講談社)にて『とんずらmy way』が第52回ちばてつや賞(ヤング部門)準優秀新人賞を受賞。

2006年に『怒涛のカムバック』が第53回ちばてつや賞(ヤング部門)準優秀新人賞を受賞。

2011年小学館にて『バーコードロボ』が第68回新人コミック大賞入選。

2009年に『この男たち、年中夢球につき』を「中学野球小僧」(白夜書房)で連載開始。

2012年に『デンキマンの野球部バイブル』として書籍化される。

書籍『野球部あるある』、『野球部あるある2』の1コマ漫画を手掛ける。

ビッグコミックスペリオール」(小学館)にて『ミシェル・ド・ランナウェイ』を全4話集中連載。

2013年に「月刊少年チャンピオン」(秋田書店)にて『野球部に花束を~Knockin' On YAKYUBU's Door~』が連載開始。

2016年に「週刊ヤングマガジン」(講談社)にて『ヤキュガミ』が連載開始。

作品リスト[編集]

漫画[編集]

書籍[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]