サブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サブラ
sabra
ジャンル グラビア
読者対象 男性
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 小学館
刊行期間 1999年5月11日 - 2010年1月25日
ウェブサイト http://sabra.jp/generally/index.html

sabra』(サブラ)はかつて小学館から発行されていた総合誌であり、現在は同社が運営するグラビアウェブサイトの名称である。雑誌時代は毎月25日発売。

概要[編集]

1999年5月11日に毎月第2・第4木曜日発売の月2回刊の雑誌として創刊。当初はウェブサイトとの連動などインターネットを強く意識した総合誌の色合いが強く、石丸元章の「地獄巡り」等の連載もあった。その後、徐々に方向転換しアイドルグラビアを多く掲載するようになった。2007年8月23日発売の2007年9月27日号(通巻178号)以降は、月2回刊から月刊となっている。

「sabra」とは、アラビア語サボテンまたはサボテンの実を意味する言葉(正確には、サボテンの中でも最もポピュラーなヒラウチワサボテンを意味する)。表面は堅く刺もあるが、内側にはたっぷりと水分を含んだ甘い中身があり、中東では、いい男の代名詞でもある。レイモンド・チャンドラーの小説『プレイバック』での主人公フィリップ・マーロウの台詞として有名な「男は強くなければ生きられない。優しくなければ生きてゆく資格がない」という意味も込めて、雑誌のタイトルになった。

本誌はおおまかにGirls、Special Features、Special Supplements、Portal News、Shortcuts、Informations、Regulars、Culture Shockの項目から成っている。

2009年10月19日、小学館は2010年1月25日発売の2010年3月号をもって休刊することを発表した[1]

休刊後もウェブサイトはグラビア中心の内容で継続されており、本誌情報の「net generally」を除き2011年現在も更新されている。Gyaoやyahooとの提携し、「sabra×Gyao」「sabra×zero」も提供していた。

特徴[編集]

すべての情報をWebにリンクさせたクールカルチャーマガジンである。グラビアアイドルからアイドル、女優、政治、経済、Webコンテンツ、音楽、スポーツ、ニュース、映画、車など様々な分野を扱っている。

毎月、表紙図書カードをプレゼントしている。また、人気アイドルの動画を収録したDVD付録が付いている。2006年11月9日発売の2006年12月14日号では、世界で初めてHD DVDが付録で付けられた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 男性向けグラビア誌『sabra』、来年1月25日発売号で休刊 オリコンランキング、2009年10月19日

外部リンク[編集]