小学館文庫小説賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小学館文庫小説賞(しょうがくかんぶんこしょうせつしょう)は、小学館が2001年より主催する公募の新人文学賞[1]。長編小説を募集する。対象は「ストーリー性豊かなエンタテイメント小説」とされており、ジャンルは問わない[2]。受賞作は原則として小学館より四六判で刊行されている。

日本語で書かれた未発表の長編小説を募集する。プロ・アマは問わない。枚数は、40字×40行のA4サイズの用紙で75枚(12万字)から200枚(32万字)まで。選考は、小学館「文庫・文芸」編集部が行う。受賞者には記念品と副賞100万円が与えられる[2]

受賞作一覧[編集]

特記がなければ、初刊は小学館、文庫は小学館文庫刊。

回(年) 応募数 受賞・入選作 著者 初刊 文庫化
第1回(2002年) 645編 受賞 「感染 infection」 仙川環 2002年8月 2005年9月
佳作 「枯れてたまるか」[注 1] 岡田斎志 2002年6月
佳作 「神隠し」 竹内大 2002年6月
第2回(2002年) 196編 受賞 「秋の金魚」 河治和香 2003年11月 2005年11月
佳作 「if」 知念里佳
第3回(2003年) 148編 受賞 「ジャッカーズ」[注 2] 大石直紀 2003年11月 2006年4月
佳作 該当作なし
第4回(2003年) 175編 受賞 「ベイビー・シャワー」[注 3] 山田あかね 2004年9月
佳作 「キリハラキリコ」 紺野キリフキ[注 4] 2006年9月 2010年12月
第5回(2004年) 319編 受賞 「リアルヴィジョン」 山形由純
佳作 該当作なし
第6回(2005年) 571編 受賞 「あなたへ」 河崎愛美 2005年5月 2007年5月
佳作 該当作なし
第7回(2006年) 606編 受賞 該当作なし
佳作 該当作なし
第8回(2007年) 586編 受賞 「パークチルドレン」 石野文香 2007年10月
「廓の与右衛門 恋の顛末」[注 5] 中嶋隆 2007年10月 2013年12月
第9回(2008年) 380編 受賞 「千の花も、万の死も」[注 6][3] 斉木香津 2008年9月 2013年9月[注 7]
優秀賞 「ある意味、ホームレス
みたいなものですが、なにか?」
藤井建司 2008年9月 2010年11月
佳作 「秘密の花園」 泉スージー
第10回(2009年) 356編 受賞 神様のカルテ 夏川草介 2009年9月 2011年6月
優秀賞
佳作
該当作なし
第11回(2010年) 447編 受賞 「絡繰り心中」[注 8] 永井紗耶子 2010年10月
優秀賞
佳作
該当作なし
第12回(2011年) 434編 受賞 「マンゴスチンの恋人」 遠野りりこ 2011年9月 2014年9月
優秀賞 「時計塔のある町」 古賀千冬
第13回(2012年) 590編 受賞 「ガラシャ夫人のお手玉」[注 9] 桐衣朝子 2013年5月
第14回(2013年) 561編 受賞 「ドランク チェンジ」 八坂堂蓮
第15回(2014年) 626編 受賞 「ハガキ職人カタギ!」[注 10] 風カオル 2014年11月 2017年5月
第16回(2015年) 498編 受賞 「ヒトリコ」[注 11][4] 額賀澪 2015年6月
第17回(2016年) 470編 受賞 「そして灰色に融ける」[注 12] 鳥海嶺
優秀賞 「猫町くんと猫と黒猫」 樒屋京介

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 刊行時「枯れてたまるか探偵団」に改題
  2. ^ 刊行時「テロリストが夢見た桜」に改題
  3. ^ 刊行時「ベイビーシャワー」に改題
  4. ^ 「高野道夫」より改名
  5. ^ 刊行時「廓の与右衛門 控え帳」に改題
  6. ^ 刊行時「千の花になって」に改題
  7. ^ 文庫化時「踏んでもいい女」に改題
  8. ^ 刊行時「恋の手本となりにけり」に改題
  9. ^ 刊行時「薔薇とビスケット」に改題
  10. ^ 刊行時「ハガキ職人タカギ!」に改題
  11. ^ 応募時「ヒトリコと」
  12. ^ 「灰色を穿つ鉛」改題

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]