大石直紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大石 直紀(おおいし なおき、1958年4月27日 - )は、日本小説家推理作家静岡県島田市生まれ。関西大学文学部史学科卒業。

1999年、『パレスチナから来た少女』で第2回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞しデビューした。

2003年には『テロリストが夢見た桜』で第3回小学館文庫小説賞を受賞、2006年には『オブリビオン〜忘却』で第26回横溝正史ミステリ大賞テレビ東京賞を受賞した。

2016年、「おばあちゃんといっしょ」で第69回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。

作品リスト[編集]

光文社
  • パレスチナから来た少女 (1993年3月/2001年3月、光文社文庫) - 第2回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作
  • 誘拐から誘拐まで (1999年9月、カッパ・ノベルス)
    • キッドナップ (2003年4月、光文社文庫) - 『誘拐から誘拐まで』改題文庫化
  • サンチャゴに降る雨 (2000年11月/2004年7月、光文社文庫)
  • 爆弾魔 (2001年6月、カッパ・ノベルス/2006年1月、光文社文庫)
  • 輪廻の山 京の味覚事件ファイル (2009年7月、光文社文庫)
小学館
角川書店