日本ミステリー文学大賞新人賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本ミステリー文学大賞新人賞(にほんミステリーぶんがくたいしょうしんじんしょう)は、光文文化財団が主催する公募新人文学賞である[1]。400字詰め原稿用紙換算で350枚から600枚の、広義のミステリー作品を募集する[1]。受賞者には正賞としてシエラザード像、副賞として賞金500万円が与えられる[1]

同財団が主催するミステリーの賞にはほかに、推理小説の発展に貢献のあった作家・評論家に贈られる日本ミステリー文学大賞がある。

選考委員[編集]

受賞作一覧[編集]

年は刊行年。結果発表はその前年。 初刊は光文社、文庫は光文社文庫から刊行される。

回(刊行年) 応募総数 受賞者 タイトル 初刊 文庫化
第1回(1998年 252編 井谷昌喜 クライシスF 1998年3月 1999年8月
第2回(1999年 166編 大石直紀 パレスチナから来た少女 1999年3月 2001年3月
第3回(2000年 139編 高野裕美子 サイレント・ナイト 2000年3月 2002年6月
第4回(2001年 134編 【佳作】成定春彦 HEAT 2001年3月
【佳作】菅野奈津 涙の川 2001年3月
第5回(2002年 147編 岡田秀文 太閤暗殺 2002年3月 2004年3月
2012年6月(双葉文庫)
第6回(2003年 138編 三上洸 アリスの夜 2003年3月
第7回(2004年 148編 該当作なし
第8回(2005年 152編 新井政彦 ユグノーの呪い 2005年3月 2007年3月
第9回(2006年 140編 該当作なし
第10回(2007年 123編 海野碧 水上のパッサカリア 2007年3月 2009年8月
第11回(2008年 113編 緒川怜 霧のソレア 2008年3月 2010年3月
第12回(2009年 151編 結城充考 プラ・バロック 2009年3月 2011年3月
第13回(2010年 166編 両角長彦 ラガド 煉獄の教室 2010年2月 2012年3月
第14回(2011年 168編 石川渓月 煙が目にしみる[注 1] 2011年2月 2013年3月
望月諒子 大絵画展 2011年2月 2013年3月
第15回(2012年 157編 前川裕 クリーピー 2012年2月 2014年3月
川中大樹 茉莉花(サンパギータ) 2012年2月 2014年3月
第16回(2013年 166編 葉真中顕 ロスト・ケア 2013年2月 2015年2月
第17回(2014年 203編 嶋中潤[注 2] 代理処罰[注 3] 2014年2月 2016年3月
第18回(2015年 173編 直原冬明 十二月八日の幻影[注 4] 2015年2月 2017年2月
第19回(2016年 172編 嶺里俊介 星宿る虫 2016年2月 2018年3月
第20回(2017年 194編 戸南浩平[2] 木足の猿[注 5] 2017年2月
第21回(2018年 183編 北原真理[注 6][3] 沸点桜(ボイルドフラワー) 2018年2月
第22回(2019年 139編 辻寛之 エンドレス・スリープ

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 応募時のタイトルは「ハッピーエンドは嵐の予感」
  2. ^ 応募時の筆名は市川智洋
  3. ^ 応募時のタイトルは「カウントダウン168」
  4. ^ 応募時のタイトルは「一二月八日の奇術師」
  5. ^ 応募時のタイトルは「白骨(しらほね)の首(こうべ)」
  6. ^ 応募時の筆名は北祓丐コ(きたはら・こうこ)

出典[編集]

関連項目[編集]

光文文化財団が主催する賞

外部リンク[編集]