額賀澪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

額賀 澪(ぬかが みお、1990年 - )は、日本小説家茨城県行方郡麻生町(現行方市)出身[1]東京都在住[2][3]

額賀澪
誕生 1990年
茨城県行方郡麻生町(現行方市
職業 作家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 日本大学芸術学部文芸学科卒業
代表作屋上のウインドノーツ
ヒトリコ
タスキメシ
主な受賞歴 第22回松本清張賞(2015年)
第16回小学館文庫小説賞(2015年)
デビュー作ヒトリコ』『屋上のウインドノーツ
テンプレートを表示

経歴[編集]

行方市立麻生第一中学校[3][4]清真学園高等学校日本大学芸術学部文芸学科卒業[5]

はじめて小説を書いたのは10歳の頃。中学時代が吹奏楽部に所属していた[6]。高校時代に第22回全国高等学校文芸コンクール小説部門で優秀賞を受賞。日本大学芸術学部在学中に「俺とマッ缶の行方」で第24回舟橋聖一顕彰青年文学賞を受賞する。

大学卒業後、広告代理店に勤務。会社員として働くかたわら、2015年に「ウインドノーツ」で第22回松本清張賞[7]を、「ヒトリコ」で第16回小学館文庫小説賞[8]を受賞。受賞作はそれぞれ『屋上のウインドノーツ』『ヒトリコ』として2015年6月26日に同時発売された[9]。受賞した2作品について、大学の恩師から『茨城を舞台に小説を書くと良い』とのアドバイスされたことを明かしている[3]

2016年、『タスキメシ』で第62回青少年読書感想文全国コンクール高等学校部門課題図書[10]

2016年末に神保町の広告代理店を退社[11]。作家業のほか、フリーライターとしても活動中[12]

2019年4月より、大正大学表現学部表現文化学科客員准教授[13]。2020年4月より、日本大学芸術学部文芸学科非常勤講師[14]。※いずれも2020年4月現在。[15]

著書[編集]

小説[編集]

タスキメシシリーズ[編集]

ノベライズ[編集]

連載[編集]

  • イシイカナコが笑うなら(KADOKAWA『文芸カドカワ』2018年4月号 - 2018年10月号)
  • 鳥人王(光文社『ジャーロ』No.84 2022 SEPTEMBER - )

アンソロジー[編集]

「」内が額賀澪の作品

ノンフィクション[編集]

雑誌掲載短編[編集]

小説
  • ミョウガなんて大嫌い(文藝春秋『オール讀物』2015年10月号)
  • 就活必須アイテム(文藝春秋『オール讀物』2016年3月号)
  • 僕達は拡散する。(中央公論新社 『小説BOC』1号)
  • サマー・ソーシャル・ネットワーク(文藝春秋『オール讀物』2016年7月号)
  • マリンボーダーを忘れたい(集英社『小説すばる』2016年8月号)
  • 女に溺れるほど若くなく(文藝春秋『オール讀物』2016年10月号)
  • 人生バラ色大作戦(講談社『小説現代』2017年12月号)
  • ジョックロックに笑え(講談社『小説現代』2018年7月号)
エッセイなど
  • 大人の青春小説ってなんだろう(集英社『小説すばる』2020年4月号)

脚注[編集]

  1. ^ 小学館文庫小説賞受賞者の額賀澪さんは、松本清張賞も受賞! 注目の大型新人現る! 小学館S-PRESS 2015年5月25日
  2. ^ 仕事依頼について(額賀澪)|額賀 澪 NUKAGA Mio|note” (日本語). note(ノート). 2021年1月9日閲覧。
  3. ^ a b c 行方市出身の若手作家 額賀澪さんが「松本清張賞」と「小学館文庫小説賞」を受賞 | 行方市公式ホームページ”. www.city.namegata.ibaraki.jp. 2021年1月9日閲覧。
  4. ^ 5月27日 家で読書しよう⑥ 先生方がすすめるこの一冊6 « 行方市立北浦小学校”. www2.sopia.or.jp. 2021年1月9日閲覧。
  5. ^ プロフィール” (日本語). 額賀澪 公式サイト. 2021年1月9日閲覧。
  6. ^ WEBきらら from BookShop 第83回 額賀澪さん”. shosetsu-maru.com. 2021年1月9日閲覧。
  7. ^ 松本清張賞に額賀澪さん『ウインドノーツ』
  8. ^ 小学館文庫小説賞決まる 額賀澪さんの『ヒトリコ』
  9. ^ 「『ヒトリコ』(額賀澪 著)小学館/『屋上のウインドノーツ』(額賀澪 著)文藝春秋」
  10. ^ 第62回 青少年読書感想文全国コンクール課題図書
  11. ^ 『拝啓、本が売れません(仮)』取材完了!” (日本語). 額賀澪 公式サイト. 2021年1月9日閲覧。
  12. ^ 額賀澪本人ツィッターより
  13. ^ 【教員の活躍】表現文化学科の額賀 澪客員教授が特別対談に出演します。”. 大正大学. 2021年1月9日閲覧。
  14. ^ スイッチインタビュー 「額賀澪(作家) × 木下通子(学校司書)」〜高校図書館って、やっぱり楽しい!〜 | 図書館総合展”. 2020.libraryfair.jp. 2021年1月9日閲覧。
  15. ^ 仕事依頼について(額賀澪)|額賀 澪 NUKAGA Mio|note” (日本語). note(ノート). 2021年1月9日閲覧。

外部リンク[編集]