額賀澪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

額賀 澪(ぬかが みお、1990年 - )は、日本小説家

額賀澪
誕生 1990年
茨城県行方郡麻生町(現行方市
職業 作家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 日本大学芸術学部文芸学科
代表作屋上のウインドノーツ
ヒトリコ
タスキメシ
主な受賞歴 第22回松本清張賞(2015年)
第16回小学館文庫小説賞(2015年)
デビュー作ヒトリコ』『屋上のウインドノーツ
テンプレートを表示

経歴[編集]

茨城県行方郡麻生町(現行方市)出身[1]。私立清真学園高等学校日本大学芸術学部文芸学科卒業。

高校時代に第22回全国高等学校文芸コンクール小説部門で優秀賞を受賞。日本大学芸術学部在学中に「俺とマッ缶の行方」で第24回舟橋聖一顕彰青年文学賞を受賞する。

大学卒業後、広告代理店に勤務。会社員として働くかたわら、2015年に「ウインドノーツ」で第22回松本清張賞[2]を、「ヒトリコ」で第16回小学館文庫小説賞[3]を受賞。受賞作はそれぞれ『屋上のウインドノーツ』『ヒトリコ』として2015年6月26日に同時発売された[4]。2016年、『タスキメシ』で第62回青少年読書感想文全国コンクール高等学校部門課題図書[5]

2016年末に広告代理店を退社。作家業のほか、フリーライターとしても活動中[6]

著書[編集]

小説[編集]

連載[編集]

  • イシイカナコが笑うなら(KADOKAWA文芸カドカワ』2018年4月号-)
  • できない男(集英社『小説すばる』2018年7月号-)

アンソロジー[編集]

「」内が額賀澪の作品

雑誌掲載短編[編集]

  • ミョウガなんて大嫌い(文藝春秋『オール讀物』2015年10月号)
  • 就活必須アイテム(文藝春秋『オール讀物』2016年3月号)
  • 僕達は拡散する。(中央公論新社 『小説BOC』1号)
  • サマー・ソーシャル・ネットワーク(文藝春秋『オール讀物』2016年7月号)
  • マリンボーダーを忘れたい(集英社小説すばる』2016年8月号)
  • 女に溺れるほど若くなく(文藝春秋『オール讀物』2016年10月号)
  • 人生バラ色大作戦(講談社『小説現代』2017年12月号)
  • ジョックロックに笑え(講談社『小説現代』2018年7月号)

脚注[編集]

外部リンク[編集]