全国高等学校文芸コンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

全国高等学校文芸コンクール(ぜんこくこうとうがっこうぶんげい-)とは、全国高等学校文化連盟および読売新聞社が主催する文芸賞である。1年に1回開催される。

概要[編集]

高校生及びそれに相当する者(高等専門学校3年生までに在籍する者、または高校と修業年限等が一致する学校に通う者)を対象とする全国規模の文芸コンクールである。

「広く文芸作品を募集し、日本語の力と表現の可能性についての関心を喚起することにより、学校における文芸創作活動の振興と向上を図ること」を目的とし1986年より実施された。[1]

2005年にコンクール20周年を記念し、公募でマスコットキャラクターを制定した[1]。「文ちゃん」という名称で、文鳥を模しており、原稿用紙模様の体と鉛筆の形の帽子が特徴である[1]

募集部門と賞[編集]

主な受賞者[編集]

文芸部誌部門最優秀賞及び優秀賞受賞校一覧[編集]

年度(西暦) 最優秀賞 優秀賞
第14回~第17回(1999年度~2002年度) 最優秀賞 岩手県立盛岡第四文芸部
第18回 2003年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志高文芸37』(文) 福岡県立若松文芸部『響第4号』(読)
福島県立磐城文学部『磐高文学60』
秋田県立秋田南文芸部『岬第41号』
第19回 2004年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志高文芸38』(文)[注釈 1] 福岡県立若松文芸部『響第5号』
岩手県立花巻北文芸部『花北文学第47号』
(福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ第46号』
第20回 2005年度 (福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ第47号』(文) (神奈川)桐光学園文藝部『桐光学園文藝部誌第玖号』
岩手県立盛岡第三文芸部『黎第5号』
福島県立磐城文学部『磐高文学第62号』
第21回 2006年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志高文芸四十号』(文) 福島県立磐城文学部『磐高文学第六十三号』(読)
(福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ第48号』(一)
第22回 2007年度 (福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ第49号』(文) 岩手県立盛岡第三文芸部『黎第七号』(一)
福島県立磐城文学部『磐高文学第64号』
岩手県立盛岡第四文芸部『志高文芸第41号』
第23回 第2008回 (福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ第50号』(文) 岩手県立盛岡第四文芸部『志高文芸四十二号』(読)
福島県立磐城文学部『磐高文学第六十五号』(一)
岩手県立盛岡第三文芸部『黎第8号』
第24回 2009年度 岩手県立盛岡第三文芸部『黎第九号』(文) (福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ第51号』(読)
岩手県立盛岡第四文芸部『志高文芸四十三号』(一)
福島県立磐城文学部『磐高文学第六十六号』
第25回 2010年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志高文芸四十四号』(文) 福島県立磐城文学部『磐高文学第六十七号』(一)
岩手県立盛岡第三文芸部『黎第10号』
(福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ第52号』
(宮城)仙台白百合学園文芸部『紫苑第44号』
第26回 2011年度 (福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ第53号』(文) 岩手県立花巻北文芸部『花北文学五十四号』(読)
岩手県立盛岡第四文芸部『志高文芸四十五号』(一)
(宮城)仙台白百合学園文芸部『紫苑第四十五号』
岩手県立盛岡第三文芸部『黎第十一号』
福島県立磐城文学部『磐高文学第六十八号』
第27回 2012年度 (宮城)仙台白百合学園文芸部『紫苑第四十六号』(文) 岩手県立盛岡第四文芸部『志高文芸四十六号』(読)
福島県立磐城文学部『磐高文学第六十九号』(一)
(福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ第53号』
北海道札幌琴似工業文芸部『風花舞第20号』
宮城県名取文芸部『いろは遊び第7号』
第28回[9] 2013年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志高文芸四十七号』(文) (福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ第55号』(一)
岩手県立花巻北文芸部『花北文学五十六号』
(宮城)仙台白百合学園文芸部『紫苑第四十七号』
第29回[10] 2014年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志高文芸四十八号』(文) (福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ第56号』(一)
岩手県立盛岡第三文芸部『黎第十四号』
岩手県立花巻北文芸部『花北文学五十七号』
第30回[11] 2015年度 岩手県立盛岡第三文芸部『黎第十五号』(文) 福島県立磐城文学部『磐高文学第七十二号』
岩手県立盛岡第四文芸部『志高文芸四十九号』
(福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ第57号』(一)
第31回[12] 2016年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志高文芸五十号』(文) 滋賀県立彦根東文芸部『窓第七三号』(一)
群馬県立高崎女子文芸部『椎樹第73号』
岩手県立盛岡第三文芸部『黎第十六号』
(福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ第58号』
第32回[13] 2017年度 岩手県立盛岡第三文芸部『黎第十七号』(文) 滋賀県立彦根東文芸部『窓第七四号』
岩手県立盛岡第四文芸部『志高文芸五十一号』(一)
福島県立磐城文学部『磐高文学第七十四号』
(福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ第59号』
第33回[14] 2018年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志高文芸五十二号』(文) (福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ第60号』(一)
岩手県立盛岡第三文芸部『黎第十八号』
福島県立磐城文学部『磐高文学第七十五号』

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 第14回から第19回まで6回連続最優秀賞[4]
出典
  1. ^ a b c 全国高等学校文芸コンクール - 全国高等学校文化連盟
  2. ^ a b 2005年7月13日木曜日付読売新聞
  3. ^ 2003年12月11日木曜日付読売新聞
  4. ^ a b c 2004年12月10日金曜日付読売新聞
  5. ^ 2006年12月14日木曜日付読売新聞
  6. ^ 2007年12月13日木曜日付読売新聞
  7. ^ ふげん社
  8. ^ 参考:ヨミウリ・ジュニア・プレス
  9. ^ 第28回全国高等学校文芸コンクール入賞者一覧、全国高文連
  10. ^ 第29回全国高等学校文芸コンクール入賞者一覧、全国高文連
  11. ^ 第30回全国高等学校文芸コンクール入賞者一覧、全国高文連
  12. ^ 第31回全国高等学校文芸コンクール入賞者一覧、全国高文連
  13. ^ 第32回全国高等学校文芸コンクール入賞者一覧、全国高文連
  14. ^ 第33回全国高等学校文芸コンクール入賞者一覧、全国高文連

関連項目[編集]

外部リンク[編集]