長野県上田高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長野県上田高等学校
Ueda High School-2.jpg
本校のシンボル「古城の門」 [1]
過去の名称 長野県尋常中学校上田支校
長野県中学校上田支校
長野県立上田中学校
長野県上田中学校
長野県上田松尾高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 長野県の旗 長野県
校訓 文武両道・自学自習・試百難・至剛の誇り
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 20127J
所在地 386-8715
長野県上田市大手一丁目4番32号

北緯36度24分3.0秒 東経138度14分56.0秒 / 北緯36.400833度 東経138.248889度 / 36.400833; 138.248889座標: 北緯36度24分3.0秒 東経138度14分56.0秒 / 北緯36.400833度 東経138.248889度 / 36.400833; 138.248889
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
校舎
上田城主屋敷跡(現上田高)周りの堀

長野県上田高等学校(ながのけんうえだこうとうがっこう)は、長野県上田市大手一丁目にある公立高校である。男女共学で、全日制普通科と定時制普通科を設置している。全日制では、国立大学を中心に難関大に合格者を輩出している。

概要[編集]

長野県東信地区において随一の進学校として周知されており、広く上田・小県、東御、佐久などから入学してくる。東京大学をはじめとする旧帝国大学早慶上智、国公立大学医学部などへの進学者を多く輩出する。

校舎は上田藩の藩主館跡に建てられており、校門は上田藩主居館表御門を継承している。周囲には堀も残されている。門、塀、堀はともに上田市の文化財に指定されている。

学内及び学区内の高等学校では部活動を「~部」ではなく「~班」と呼称する。そのため、部活ではなく班活と言う。学祭は、前身の上田松尾高等学校にちなんで「松尾祭」と言う。

2004年より、公立高等学校の通学区制度が変更され、東信地区は第5から第2通学区へと変更になった。前期選抜は2011年度より実施していない。

また2018年現在、スーパーグローバルハイスクール (SGH) 指定校となっている。生徒らは学校理念の「至剛の誇り」とかけて、「SGHを忘れるな」を合言葉としている。

敷地内には『向』と題したブロンズ像が設置されているが[2][3]、これは同校の48期生が卒業30周年を機に寄贈したものである[3]。48期生が彫刻家であり53期生でもある尾澤正毅に制作を打診したところ[3]、意気に感じた尾澤が母校のためにと無償で請け負ったことから[3]、48期生は鋳造費と据付費の実費のみを支払い[3]1980年11月22日に除幕された[3]

沿革[編集]

  • 1875年7月 - 本校の前身である、第16中学区予科学校を設置。
  • 1878年6月 - 上田町立上田変則中学校を設置。
  • 1882年4月 - 郡立小県中学校を設置。
  • 1884年9月 - 長野県立長野中学校上田支校を設置。
  • 1893年4月 - 長野県尋常中学校上田支校を設置。
  • 1899年4月 - 長野中学校上田支校となる。
  • 1900年4月 - 長野県立上田中学校となる。
  • 1901年 - 長野県上田中学校野沢分校を設置(現:長野県野沢北高等学校)。
  • 1904年4月1日 - 野沢分校が、長野県立野沢中学校として独立。
  • 1920年 - 長野県令38号により、長野県上田中学校に改称。
  • 1947年4月1日 - 学制改革第1段階(6・3制)実施により長野県上田中等学校併設中学校が設置される。
  • 1948年4月1日 - 学制改革第2段階(6・3・3・4制)実施により長野県上田松尾高等学校となる。定時制を設置。
  • 1950年3月31日 - 長野県上田中等学校併設中学校廃止。高等学校のみとなる。
  • 1957年8月 - 野球班が甲子園に出場(2回戦:平安3-1、準々決勝:広島商0-5)。
  • 1958年4月1日 - 長野県上田高等学校に改称。
  • 1980年 - 『向』除幕式[3]
  • 1987年8月 - 野球班が甲子園に出場(2回戦:習志野2-5)。
  • 1989年1月 - サッカー班が全国大会に出場(1回戦:加治木工1-2)。
  • 2000年 - 創立百周年。11月には、同校出身者である永六輔による講演会が開催された。
  • 2003年4月 - 文部科学省より学力向上フロンティアハイスクールの指定(3年間)を受ける。
  • 2007年4月 - 未履修問題解決のための土曜授業(隔週)の開始。
  • 2013年4月 - 日課55分授業開始。
  • 2014年3月 - 文部科学省よりスーパーグローバルハイスクール(SGH)アソシエイト校の指定を受ける[4]
  • 2015年3月 - 文部科学省よりスーパーグローバルハイスクール(SGH)校の指定を受ける[5]
  • 2016年5月 - 台湾の国立苗栗高級中学と姉妹校提携[6]

校歌[編集]

著名な出身者[編集]

政治・行政[編集]

学術[編集]

経済[編集]

文化・芸能[編集]

スポーツ[編集]

  • 丸山博 - 日本野球機構規則委員・元セントラル・リーグ審判(旧制中学校卒)
  • 桜井弥一郎 - 野球選手(旧制中学校卒)
  • 倉島今朝徳 - 元プロ野球選手、東京ヤクルトスワローズ球団専務

姉妹提携校[編集]

最寄駅[編集]

登場作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 古城の門”. 長野県上田高等学校. 2021年7月16日閲覧。
  2. ^ 「彫刻家、故・尾澤正毅さん『彫刻遺作展』」『◆彫刻家、故・尾澤正毅さん「彫刻遺作展」(28日まで・長野県、青木村郷土美術館) | 東信ジャーナル[Blog版]』東信ジャーナル、2012年10月25日
  3. ^ a b c d e f g 「48期生の近況」『同窓会報』15号、上田高等学校同窓会、1981年5月10日、4面。
  4. ^ SGHアソシエイト一覧(別添2) (PDF)”. 文部科学省 (2014年3月28日). 2015年2月6日閲覧。
  5. ^ 別添1,2)平成27年度スーパーグローバルハイスクール指定校一覧等 (PDF)”. 文部科学省 (2015年3月31日). 2015年5月31日閲覧。
  6. ^ 5月24日(火)國立苗栗高級中學姉妹校協定書調印”. 長野県上田高等学校 (2016年5月24日). 2021年1月25日閲覧。
  7. ^ 最高裁判所裁判官国民審査公報 (PDF)”. 大分県選挙管理委員会 (2012年12月). 2017-10-21(アーカイブ)閲覧。[リンク切れ]アーカイブ

外部リンク[編集]