埼玉県立浦和第一女子高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
埼玉県立浦和第一女子高等学校
Saitama Prefectural Urawadaiichi Joshi High School 1.JPG
過去の名称 埼玉県立高等女学校
埼玉県立浦和高等女学校
埼玉県立浦和第一高等女学校
国公私立の別 公立学校
設置者 埼玉県の旗 埼玉県
設立年月日 1900年(明治33年)3月16日
(埼玉県告示第33号により)
共学・別学 男女別学
課程 全日制課程定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 11107E
所在地 330-0064
公式サイト 埼玉県立浦和第一女子高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

埼玉県立浦和第一女子高等学校(さいたまけんりつうらわだいいちじょしこうとうがっこう)は埼玉県さいたま市浦和区高等学校スーパーサイエンスハイスクール指定校。

概要[編集]

女子校では戦前から現在までナンバー名称を変更しておらず国内最後のナンバースクールとなっている。

県内最古の女子校として知られ(県内最古は県立浦和高校)、通称で、『浦和一女(うらわいちじょ)』もしくは『一女(いちじょ)』と呼ばれている。

最近3年間(2014年2016年)における東京大学への合格者数は3年間合計で6名となっており、県内の公立高校では、県立浦和高校、大宮高校県立川越高校春日部高校市立浦和高校川越女子高校に次いで7番目に多い[1]

1950年から2009年までの東大合格者は108名で、県立浦和、熊谷、県立川越、春日部高校に次いで県立高校では5番目に多い[2]

学校周辺は旧浦和市の中でも高級住宅地として知られる岸町の邸宅街となっている。浦和駅から同校に向かう途中にある坂は「あひる坂」という名称で学校関係者・地域住民に呼ばれている。

埼玉県立浦和第二女子高等学校はかつて存在した(1948年-1950年)が、1950年に共学化され埼玉県立浦和西高等学校に改称したため、現在は第一のみしか存在しない。

年表[編集]

課程[編集]

教育方針[編集]

教育目標[編集]

同校の教育は、教育基本法学校教育法にしたがい、健全な心身と豊かな個性をもち、真に平和な文化国家の発展に役立つ公民としての資質を養成することを目標とする。

指導方針[編集]

  • ア 個人の自由と責任を重んじ、他人を尊重してよく協同する精神を養う。(協同)
  • イ 常に真理を愛し、日常生活においても科学的態度を習得させる。(科学的態度)
  • ウ 研究意欲を盛んにし、勉学に対して常に積極的な習慣を養う。(勉学)
  • エ 感情を陶冶し、豊かな情操を養う。(情操)
  • オ 教養を高め、自己に適した技能を習熟させる。(技能)
  • カ 礼儀を重んじ、相互敬愛の念を深める。(礼儀)
  • キ 勤労の精神を尊び、明朗で実行性に富む気質を育成する。(勤労)
  • ク 健康増進に留意し、身体の清潔を保持させる。(健康)

進路実績[編集]

難関大学への合格実績が高い。以下は平成28年度入試結果。

【平成28年度卒業生400名】

国公立大学105名(現役77名 既卒28名)
  • 東大3名(現役0名 既卒3名)、京都大2名(現役1名 既卒1名)、東京工業大2名、北海道大2名、東北大7名、お茶の水女子大8名、筑波大10名、東京外国語大5名など。
  • うち国公立大学医学部医学科1名(秋田大)。
私立大学
  • 早稲田91名(現役71名 既卒20名)、慶應義塾21名(現役16名 既卒5名)、上智33名、東京理科55名、津田塾45名、東京女子61名、明治101名、立教112名、法政64名、青山学院27名、学習院34名、中央34名など。

学校行事[編集]

年に2回開催されるスポーツ大会、水泳大会、一女祭(体育祭・文化祭)など学校行事も盛ん。卒業式ではベートーヴェン第九歓喜の歌)を原語で歌う。

校歌[編集]

野上彰作詞、高田三郎作曲。歌詞は4番まであり、四季を通して学生生活をうたっている。メロディーは優しく、女子高らしい雰囲気である。女声2部合唱で、行事などでは生徒はソプラノ・アルト好きなパートを歌う。昭和31年2月に新校歌として制定。

クラブ活動[編集]

クラブ活動は、体育会系と文化系とそれぞれがある。体育会系ではボート部は関東大会では3種目制覇を果たすなど強豪として知られている[4]

またバスケットボール部は、1950年の皇后杯全日本総合バスケットボール選手権(女子)で優勝した実績がある。

文化系では音楽部とアナウンス部の活動が知られ、アナウンス部はNHK杯全国高校放送コンテストなど各種コンテスト大会への出場が多く、上位入賞の実績がある。

交通[編集]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「全国2336高校 有名100大学合格者数」(サンデー毎日2014年4月13日特大号)、「全国2336高校 有名104大学合格者数」(サンデー毎日2015年4月12日特大号)、「全国2336高校 主要107大学合格者数」(サンデー毎日2016年4月17日号)
  2. ^ 東大合格高校盛衰史 光文社新書
  3. ^ 明治42年11月17日付官報(第7921号) 文部省告示第二百八十六号
  4. ^ 【ボート部】関東大会史上初! 3冠の快挙 埼玉県立浦和第一女子高等学校オフィシャルサイト「お知らせ」

外部リンク[編集]