北海道帯広三条高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北海道帯広三条高等学校
Hokkaido Obihiro Sanjo High School.jpg
過去の名称 十勝姉妹職業学校
姉妹実科高等女学校
帯広町立姉妹高等女学校
北海道庁立帯広高等女学校
北海道立帯広女子高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 北海道の旗 北海道
学区 北海道十勝
設立年月日 1915年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 01322G
所在地 080-2473
北海道帯広市西23条南2丁目12
北緯42度55分4.6秒東経143度7分37.6秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

北海道帯広三条高等学校(ほっかいどうおびひろさんじょうこうとうがっこう、Hokkaido Obihiro Sanjo High School)は、北海道帯広市にある公立(道立)の高等学校

現在は1学年7学級を有し、一学級40名程度。文武両道の校風を目指している。

新制高校発足時、高等女学校の歴史を持つ当校と、旧制中学の歴史を持ち当時隣接していた現在の北海道帯広柏葉高等学校とで生徒の一部を互いに交換した。毎年開かれる「三柏戦」は両校の生徒だけで開かれる体育大会である。

夏に開かれる「三条祭」では、縦割りのチームごとでグラウンドに立てた鉄骨に装飾を施したアーチをシンボルに、街をねり歩く仮装パレード、中夜祭、文化祭、体育祭が行われる。

概要[編集]

設置学科[編集]

校訓[編集]

  • 一.真理を探究せよ - 高い学力を身につけた知性ある人間を育成する。
  • 一.至誠勤勉たれ - 健全な判断力を備えた自律的な人間を育成する。
  • 一.心身を鍛錬せよ - 心身ともに健康で明朗な人間を育成する。

学校教育目標[編集]

  1. 高い学力を身につけた知性ある人間を育成する。
  2. 健全な判断力を備えた自立的な人間を育成する。
  3. 心身ともに健康で明朗な人間を育成する。

C project[編集]

Challenge(挑戦)、Creation(創造)、Communication(コミュニケーション)の頭文字Cをとった、当校独自のキャリア教育である。Cプロと略されることが多い。

生徒の進路決定の補助の役目を担っており、当校の重要な教育活動の一つである。外部からの講師や卒業生を招いて公演を開いたり、様々な資料などを利用して、生徒のより適切な進路選択を助けている。

科目選択[編集]

当校は単位制で、自分の目標に合わせて科目を選択できる。音大などを目指すための科目も設置されている。一年次では芸術科目、美術、書道、音楽しか選択科目がないが、二年次からは格段にその量が増える。

沿革[編集]

  • 1915年
    • 4月 - 校歌制定
    • 4月15日 - 帯広町の高橋又治が十勝姉妹職業学校として設立[1]
  • 1917年
    • 4月10日 - 常磐会(現・北海道帯広三条高等学校常磐同窓会)が創立される[2]
    • 8月10日 - 東2条南3丁目に2代目校舎が落成[2]
  • 1920年4月 - 姉妹実科高等女学校と改称[1]
  • 1923年 - 校章制定[2]
  • 1928年4月 - 高等女学校に組織変更、実科併置[1]
  • 1931年12月 - 校長・高橋又治が校地3,600坪および校舎備品を帯広町に寄付し帯広町立に移管、帯広町立姉妹高等女学校と改称[1][2]
  • 1933年
    • 3月27日 - 北海道庁に移管、北海道庁立帯広高等女学校と改称[1]
    • 8月 - 3代目校舎が竣工し移転[1]
    • 9月 - 校旗、校章制定[2]
  • 1948年4月1日 - 新学制実施に伴い北海道立帯広女子高等学校に校名変更[1][2]
  • 1950年
    • 4月1日 - 男女共学を実施、商業科2学級を増設し、現校名である北海道帯広三条高等学校となった[1][2]
    • 6月15日 - 現校章制定[1][2]
  • 1951年4月1日 - 定時制商業科併置[1]
  • 1952年10月30日 - 現校訓決定[2]
  • 1953年11月25日 - 現校歌制定
  • 1954年 - 応援歌No.1制定
  • 1955年
    • 応援歌No.2制定
    • 9月30日 - 創立40周年記念式典挙行、図書館建設[1][2]
  • 1961年4月15日 - 開校記念日制定[1]
  • 1965年
    • 4月10日 - 創立50周年記念事業、音楽室及び同階上和室改装、第二職員室、生活指導室、生徒会室、放送室、新聞部室改築[1]
    • 9月16日 - 創立50周年記念式典及び学校祭挙行( - 9月21日)[1]
  • 1966年
    • 3月 - 商業科2学級を普通科に学科転換(定時制の商業科はそのまま存続)
    • 4月 - 校舎改築促進期成会発足[1]
  • 1971年4月 - 普通科2学級を学科転換して理数科2学級設置[1]
  • 1973年
    • 4月 - 定時制商業科を普通科に転換[1]
    • 11月 - 校舎改築促進期成会の名称を記念会館等建設整備期成会に変更[1]
    • 12月 - 校舎改築第1期工事完成[1]
  • 1974年12月 - 校舎改築第2期工事完成[1]
  • 1975年10月 - 北海道帯広三条高等学校記念館完成(創立60周年記念事業)[1]
  • 1976年
    • 3月 - 校舎改築第3期工事完成[1]
    • 11月9日 - 校舎改築第4期工事完成し、4代目校舎(現校舎)へ移転する( - 11月10日)[1][2]
    • 11月22日 - 4代目校舎落成記念式件創立60周年記念式典挙行[1]
  • 1978年
    • 4月 - 普通科1学級増設[1]
    • 11月24日 - 格技場完成[1]
    • 12月26日 - 増築棟完成[1]
  • 1981年4月1日 - 理数科2学級を普通科に学科転換。定時制普通科募集停止[1]
  • 1984年3月 - 定時制課程を閉課し、全日制普通科のみの学校となった(閉課記念式典を挙行)[1]
  • 1985年9月28日 - 創立70周年記念式典挙行、記念事業記念館改装[1]
  • 1995年 - 創立80周年記念式典挙行
  • 2005年10月15日 - 創立90周年記念式典挙行
  • 2007年 - 単位制の導入
  • 2015年10月15日 - 創立100周年

[編集]

現行の校歌は1953年11月25日に制定されている。作詞は国文学者風巻景次郎、作曲は筒井秀武

当校には応援歌が二つ存在する。

部活動[編集]

多くの部活動が盛んに活動していて、全道大会、全国大会への出場を果たしている。

当校において、部活動は、校訓である文武両道の「武」を担っているため、ほとんどの生徒が部活に加入している。

著名な出身者[編集]

政治[編集]

法曹[編集]

経済[編集]

学問[編集]

文化[編集]

芸能[編集]

放送[編集]

スポーツ[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 1992年版北海道帯広三条高等学校卒業アルバムの見返しに掲載されている沿革の大要より。[出典無効]
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『平成17年版 帯広三条高等学校常磐同窓会会員名簿』北海道帯広三条高等学校常磐同窓会名簿発刊委員会、2005年10月10日発行、母校90年の歩みのページより。[出典無効]
  3. ^ a b 常磐に誓う - 帯広三条高校90年の足跡 その他・下
  4. ^ 常磐に誓う - 帯広三条高校90年の足跡 政治編・下
  5. ^ 常磐に誓う - 帯広三条高校90年の足跡 政治編・上
  6. ^ 常磐に誓う - 帯広三条高校90年の足跡 経済編・中
  7. ^ a b 常磐に誓う - 帯広三条高校90年の足跡 学術・教育編
  8. ^ 「同級生交歓」『文藝春秋』2005年10月号、文藝春秋、74-75頁。
  9. ^ a b c d e f 常磐に誓う - 帯広三条高校90年の足跡 文化・芸術・スポーツ編
  10. ^ 常磐に誓う - 帯広三条高校90年の足跡 その他・上

関連項目[編集]

外部リンク[編集]