関寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
せき ひろし
関 寛
生誕 (1946-11-04) 1946年11月4日(74歳)
北海道
国籍日本の旗 日本
民族日本人
出身校北海学園大学法学部
職業実業家
活動期間1970年 - 現在
団体中道リース
活動拠点北海道
肩書き中道リース代表取締役社長
任期1994年4月 - 現在
配偶者あり

関 寛(せき ひろし、1946年11月4日 - )は、日本実業家2010年現在中道リース株式会社代表取締役社長。また同社の筆頭株主でもある。

経歴[編集]

北海道帯広市出身[1]1965年3月、北海道帯広三条高等学校を卒業[2]1970年3月、北海学園大学法学部卒業。

1970年4月、帯広市役所に入所する[3]1986年帯広市市民公室秘書課長となる[3]1990年3月、帯広市役所を退職する[3]

1990年4月、岳父中道昌喜が創業した中道リース株式会社の常務取締役社長室室長に就任する[3]1991年4月、同社専務取締役に就任する[3]1992年4月、同社代表取締役副社長となる[3]

1994年4月、中道リース株式会社代表取締役となる[3]。また、中道リースの母体会社であった中道機械の取締役も兼任する[3]。以後、経営トップとして、中道リースの発展に寄与する。関東・東北地方に営業エリアを広げる。リース債権の小口化や流動化を推し進める。2005年7月14日中道機械と中道リースとの対等合併が発表され、中道機械の代表取締役社長に就任することが予定されていた。同年8月29日、中道機械との合併が白紙撤回される。

2009年2月5日、中道機械が民事再生法の適用を申請して倒産する。しかし、中道機械から独立して発展した中道リースへの影響は大きくない。この際に中道機械が所有していた中道リース株式を個人で譲り受けたため、2010年現在中道リースの筆頭株主となっている。

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 北海道新聞、2007年9月1日夕刊十勝版16頁「スケート場建設へ中道リースが寄付*管内商工会連合会も」
  2. ^ 『平成17年版 帯広三条高等学校常磐同窓会会員名簿』 北海道帯広三条高等学校常磐同窓会名簿発刊委員会、2005年10月10日発行、254頁。
  3. ^ a b c d e f g h 建設グラフインターネットダイジェスト - 中道リース社長 関 寛 氏

外部リンク[編集]