北海道高等学校一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北海道高等学校概要(平成28年度)[1]
総数 289校[注釈 1]
国立 なし
公立 233校(全:167・定:43)[注釈 2]
私立 56校(全:51・通:5)[注釈 3]
中等教育学校 2校
教育委員会所在地 060-8544
北海道札幌市中央区北3条西7丁目
公式サイト 北海道教育委員会

北海道高等学校一覧(ほっかいどうこうとうがっこういちらん)は、北海道高等学校の一覧。

注意:北海道の公立高等学校の正式名称は、一部の例外を除き、宮城県長野県の県立高等学校同様に「立」が付かない「北海道○○高等学校」である。したがって、「北海道立○○高等学校」「札幌市立○○高等学校」などは、あくまでも通称であることに注意されたい。 ただし、新制高校発足時は、一部の高校で北海道立と「立」が付いた(1950年度より北海道○○高等学校に改称)。 全日制課程の存在しない高等学校については、定時制課程単置校は「○○高等学校{定時制課程単置}」通信制課程単置校は「○○高等学校{通信制課程単置}」定時制・通信制課程共に存在する場合は、定時制課程単置表記で記載する。

目次

公立高等学校[ソースを編集]

道立高等学校[ソースを編集]

道立高等学校(どうりつこうとうがっこう)は、北海道が設置(北海道教育委員会が管轄)する公立高等学校。道立高校、道立高と略されることも。学制改革前は北海道庁立(略して庁立)旧制中等学校であった。なお、各校の正式名称は「北海道●●高等学校」であり、これは市立函館高等学校市立札幌大通高等学校を除いた他の道内市町村立高校でも共通である。現在、少子化の進む地域の統廃合が行われている。また、統廃合が行われている地域の住民からは「何故、町村の学校ばかり再編するのか」と反発が起きている。[誰?]

石狩振興局[ソースを編集]

札幌市[ソースを編集]
中央区[ソースを編集]
北区[ソースを編集]
東区[ソースを編集]
白石区[ソースを編集]
厚別区[ソースを編集]
豊平区[ソースを編集]
清田区[ソースを編集]
南区[ソースを編集]
西区[ソースを編集]
手稲区[ソースを編集]
江別市[ソースを編集]
千歳市[ソースを編集]
北広島市[ソースを編集]
石狩市[ソースを編集]
石狩郡[ソースを編集]
恵庭市[ソースを編集]

渡島総合振興局[ソースを編集]

函館市[ソースを編集]
北斗市[ソースを編集]
亀田郡[ソースを編集]
松前郡[ソースを編集]
二海郡[ソースを編集]
山越郡[ソースを編集]
茅部郡[ソースを編集]

檜山振興局[ソースを編集]

檜山郡[ソースを編集]
久遠郡[ソースを編集]

後志総合振興局[ソースを編集]

小樽市[ソースを編集]
余市郡[ソースを編集]
岩内郡[ソースを編集]
寿都郡[ソースを編集]
磯谷郡[ソースを編集]
虻田郡[ソースを編集]

空知総合振興局[ソースを編集]

岩見沢市[ソースを編集]
美唄市[ソースを編集]
樺戸郡[ソースを編集]
夕張市[ソースを編集]
空知郡[ソースを編集]
夕張郡[ソースを編集]
滝川市[ソースを編集]
砂川市[ソースを編集]
芦別市[ソースを編集]
深川市[ソースを編集]

上川総合振興局[ソースを編集]

旭川市[ソースを編集]
上川郡(石狩国)[ソースを編集]
富良野市[ソースを編集]
空知郡[ソースを編集]
士別市[ソースを編集]
名寄市[ソースを編集]
中川郡(天塩国)[ソースを編集]
上川郡(天塩国)[ソースを編集]

留萌振興局[ソースを編集]

留萌市[ソースを編集]
苫前郡[ソースを編集]
天塩郡[ソースを編集]

宗谷総合振興局[ソースを編集]

稚内市[ソースを編集]
天塩郡[ソースを編集]
枝幸郡[ソースを編集]
利尻郡[ソースを編集]
礼文郡[ソースを編集]

オホーツク総合振興局[ソースを編集]

北見市[ソースを編集]
網走郡[ソースを編集]
常呂郡[ソースを編集]
網走市[ソースを編集]
斜里郡[ソースを編集]
紋別市[ソースを編集]
紋別郡[ソースを編集]

胆振総合振興局[ソースを編集]

室蘭市[ソースを編集]
登別市[ソースを編集]
伊達市[ソースを編集]
苫小牧市[ソースを編集]
白老郡[ソースを編集]
勇払郡[ソースを編集]
虻田郡[ソースを編集]

日高振興局[ソースを編集]

沙流郡[ソースを編集]
日高郡[ソースを編集]
浦河郡[ソースを編集]

十勝総合振興局[ソースを編集]

帯広市[ソースを編集]
河東郡[ソースを編集]
河西郡[ソースを編集]
中川郡(十勝国)[ソースを編集]
上川郡(十勝国)[ソースを編集]
広尾郡[ソースを編集]
足寄郡[ソースを編集]

釧路総合振興局[ソースを編集]

釧路市[ソースを編集]
釧路郡[ソースを編集]
白糠郡[ソースを編集]
川上郡[ソースを編集]
厚岸郡[ソースを編集]

根室振興局[ソースを編集]

根室市[ソースを編集]
野付郡[ソースを編集]
標津郡[ソースを編集]
目梨郡[ソースを編集]

市町村立高等学校[ソースを編集]

北海道の市町村立高等学校の特徴として、市町村が運営しているにもかかわらず道立高等学校と同じ「北海道○○高等学校」を名乗っていることが挙げられる(例外:市立函館高等学校、市立札幌大通高等学校)。

石狩振興局[ソースを編集]

札幌市[ソースを編集]
中央区[ソースを編集]
北区[ソースを編集]
東区[ソースを編集]
豊平区[ソースを編集]
清田区[ソースを編集]
南区[ソースを編集]

渡島総合振興局[ソースを編集]

函館市[ソースを編集]
上磯郡[ソースを編集]

檜山振興局[ソースを編集]

奥尻郡[ソースを編集]

後志総合振興局[ソースを編集]

虻田郡[ソースを編集]

空知総合振興局[ソースを編集]

岩見沢市[ソースを編集]
滝川市[ソースを編集]
三笠市[ソースを編集]

上川総合振興局[ソースを編集]

空知郡[ソースを編集]
中川郡(天塩国)[ソースを編集]
上川郡(天塩国)[ソースを編集]
士別市[ソースを編集]
雨竜郡[ソースを編集]

留萌振興局[ソースを編集]

苫前郡[ソースを編集]

オホーツク総合振興局[ソースを編集]

網走郡[ソースを編集]

胆振総合振興局[ソースを編集]

有珠郡[ソースを編集]

日高振興局[ソースを編集]

幌泉郡[ソースを編集]
沙流郡[ソースを編集]

十勝総合振興局[ソースを編集]

河東郡[ソースを編集]
帯広市[ソースを編集]

釧路総合振興局[ソースを編集]

釧路市[ソースを編集]
厚岸郡[ソースを編集]

根室振興局[ソースを編集]

標津郡[ソースを編集]

私立高等学校[ソースを編集]

石狩振興局[ソースを編集]

札幌市[ソースを編集]

江別市[ソースを編集]

北広島市[ソースを編集]

渡島総合振興局[ソースを編集]

函館市[ソースを編集]

後志総合振興局[ソースを編集]

小樽市[ソースを編集]

余市郡[ソースを編集]

空知総合振興局[ソースを編集]

芦別市[ソースを編集]

深川市[ソースを編集]

上川総合振興局[ソースを編集]

旭川市[ソースを編集]

上川郡(天塩国)[ソースを編集]

宗谷総合振興局[ソースを編集]

稚内市[ソースを編集]

オホーツク総合振興局[ソースを編集]

北見市[ソースを編集]

胆振総合振興局[ソースを編集]

室蘭市[ソースを編集]

苫小牧市[ソースを編集]

白老郡[ソースを編集]

十勝総合振興局[ソースを編集]

帯広市[ソースを編集]

河西郡[ソースを編集]

中川郡(十勝国)[ソースを編集]

上川郡(十勝国)[ソースを編集]

釧路総合振興局[ソースを編集]

釧路市[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 中等教育学校を除く
  2. ^ 定時制は単置校(通信制併置校を含む)のみ
  3. ^ 通信制は単置校のみ

出典

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]