北海道札幌東陵高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北海道札幌東陵高等学校
北海道札幌東陵高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 北海道の旗 北海道
学区 北海道石狩
校訓 自主・創造・誠実
設立年月日 1972年
開校記念日 11月28日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 01368E
所在地 007-8585
北海道札幌市東区東苗穂10条1丁目2番21号

北緯43度6分11秒 東経141度24分44.8秒 / 北緯43.10306度 東経141.412444度 / 43.10306; 141.412444座標: 北緯43度6分11秒 東経141度24分44.8秒 / 北緯43.10306度 東経141.412444度 / 43.10306; 141.412444
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

北海道札幌東陵高等学校(ほっかいどう さっぽろとうりょうこうとうがっこう、Hokkaido Sapporo Toryo High School)は、北海道札幌市東区東苗穂10条1丁目にある公立(道立)の高等学校北海道札幌開成高等学校に次ぐ札幌市東区で2番目の公立高校。

沿革[編集]

  • 1978年昭和53年)11月28日 - 札幌市東区内に高等学校新設を北海道教育委員会が議決
  • 1978年(昭和53年)12月1日 - 開校準備室が札幌丘珠高校に置かれる
  • 1979年(昭和54年)4月1日 - 北海道札幌東陵高等学校開校
  • 1979年(昭和54年)4月10日 - 開校式及び第1回入学式挙行
    • 普通科6間口、男子137名・女子133名、計270名入学
  • 1980年(昭和55年)3月2日 - 校舎第2期工事竣工
  • 1980年(昭和55年)4月 - 1学年、普通科10間口となる
  • 1980年(昭和55年)10月2日 - テニスコート(4面)完成
  • 1980年(昭和55年)11月2日 - 柔剣道場完成、「陵修館」と命名(12月道場開き)
  • 1981年(昭和56年)4月 - 男子210名・女子240名、計450名入学。3学年すべて揃う
  • 1981年(昭和56年)11月28日 - 校舎落成記念式典挙行(開校記念日となる)
  • 1982年(昭和57年)3月10日 - 第1回卒業証書授与式挙行
  • 1983年(昭和58年)7月14日 - 前庭造園第1時計画終了
  • 1984年(昭和59年)6月1日 - 昭和59,60年度道立高等学校教育課程研究校に指定される
  • 1986年(昭和61年)4月16日 - 昭和61,62年度道立高等学校教育課程研究校に継続指定される
  • 1988年(昭和63年)4月1日 - 1学年、普通科11間口となる
  • 1989年平成元年)4月1日 - 1学年、普通科10間口となる
  • 1989年(平成元年)6月22日 - 創立10周年記念式典挙行、10周年記念展開催
  • 1990年(平成2年)4月1日 - 1学年、普通科11間口となる
  • 1991年(平成3年)3月25日 - 第2体育館竣工
  • 1992年(平成4年)4月1日 - 1学年、普通科10間口となる
  • 1992年(平成4年)9月16日 - 平成4年度グラウンド改修工事終了
  • 1994年(平成6年)9月12日 - コンピュータ室完成
  • 1995年(平成7年)11月10日 - 平成7年度グランド改修工事終了
  • 1996年(平成8年)9月12日 - グラウンド周囲防御フェンス工事終了
  • 1997年(平成9年)4月1日 - 1学年、普通科9間口となる
  • 1997年(平成9年)8月5日 - 防御ネット設置工事終了
  • 1998年(平成10年)4月1日 - 1学年、普通科10間口となる
  • 1999年(平成11年)3月10日 - 階段手摺取付工事終了
  • 1999年(平成11年)7月19日 - 校舎内外の大規模改造工事着工
  • 1999年(平成11年)9月1日 - コンピュータ室のコンピュータ入れ替え完了
  • 1999年(平成11年)9月25日 - 創立20周年記念式典挙行
  • 2000年(平成12年)2月29日 - 平成11年度石狩管内教育実践奨励表彰受賞
  • 2000年(平成12年)4月1日 - 1学年、普通科9間口となる
  • 2001年(平成13年)1月21日 - 大規模改造工事終了
  • 2002年(平成14年)4月1日 - 1学年、普通科8間口となる
  • 2004年(平成16年)3月22日 - 第2体育館暖房改修工事終了
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 1学年、普通科7間口となる
  • 2004年(平成16年)11月4日 - 暖房・給湯設備改修工事終了
  • 2006年(平成18年)3月20日 - グラウンドフェンス改修工事(第1期)が終了
  • 2006年(平成18年)10月30日 - グラウンドフェンス改修工事(第2期)が終了
  • 2007年(平成19年)4月1日 - 2学期制が導入される
  • 2007年(平成19年)12月26日 - 学校表示板(三角柱)が設置される
  • 2009年(平成21年)10月3日 - 創立30周年記念式典挙行
  • 2010年(平成22年)3月13日 - 東陵会が設立される
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 1学年、普通科8間口となる
  • 2011年(平成23年)8月4日 - 平成23年度北海道道徳教育推進校に指定される
  • 2012年(平成24年)7月6日 - 平成24年度北海道道徳教育推進校に指定される
  • 2013年(平成25年)4月1日 - 進学型普通科単位制を導入
  • 2017年(平成25年)3月 - 入試に学校裁量問題を導入

部活動[編集]

31の部・局・同好会があり、生徒の約75%が加入している。

学校行事[編集]

  • 4月 着任式、前期始業式、入学式、課題テスト、健康診断、東陵の集い、宿泊研修(1年次・2泊3日)
  • 5月 生徒総会、壮行会
  • 6月 前期中間考査、遠足(3年次)
  • 7月 東陵祭(学校祭)、夏季休業前全校集会
  • 8月 夏季休業明け全校集会、課題テスト
  • 9月 前期期末考査、秋季球技大会、生徒会役員選挙、避難訓練、前期終業式
  • 10月 学期間休業
  • 11月 見学旅行(2年次)、開校記念日(11月28日)、後期中間考査
  • 12月 後期中間考査、冬季休業前全校集会
  • 1月 冬季休業明け全校集会、課題テスト、合宿講習(2年次・3泊4日)、校内文化発表会
  • 2月 後期期末考査、卒業式予行
  • 3月 卒業式、春季球技大会、修了式・離任式

スクール便[編集]

全ての便が、北海道中央バス札幌東営業所によって運行されている。

  • 冬季のみ(12月31日から3月31日まで)
    • 東76 北34条駅-(東8丁目)-地下鉄栄町駅-航空管制センター入口-東陵高校
    • 東79 環状通東駅-北37東27-東陵高校
  • 約75%の生徒が夏季期間に自転車通学、約90%の生徒が冬季期間にJR・地下鉄・バスを利用している。

スクール便以外でのアクセス[編集]

全ての便が、北海道中央バス札幌東営業所によって運行されている。

  • 東6 バスセンター-苗穂駅-東営業所-豊畑-豊畑東
  • 東66 環状通東駅-苗穂中通-豊畑
  • 東68 環状通東駅-北18東17-豊畑-豊畑東
  • 東69 環状通東駅-東営業所-あいの里教育大駅
  • 東79 環状通東駅-北37東27-豊畑-中沼小学校通
  • 麻26 地下鉄麻生駅-地下鉄栄町駅-(丘珠空港通)-航空管制センター-豊畑

東66は東陵高校バス停、それ以外の系統は東苗穂10条3丁目バス停が最寄りとなる。

制服[編集]

男子は黒の学生服(夏季略装は、白ワイシャツまたは白開襟シャツ)、女子は紺のセーラー服(夏季略装は、白セーラー服)である。


なお、平成28年度入学生から制服が変更となり、現在は男女共にブレザーである。

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]